ピラティス

ピラティス
提供場所:ヨガスタジオアウラ(札幌円山)

入院中のベッドで寝たままできる、立つための基礎をつくるエクササイズとして始まったピラティス。

骨盤の上に、背骨は24個積み上がっています。一本の棒ではなく積み木のように重なっているということは、それを一つずつ動かすことができる仕組みだということです。
ところが全部の背骨を動かせない人が、いまとっても多いんです。
背骨から体中へ神経が走っているので、動かさないでいると、心身に大きな負担になってきます。
ピラティスの動きは、背骨を『自分の意思で好きなように動かせる力』を取り戻していき、じっとしている時間が多い現代人にとって『全身が繋がっている』ことを思い出すのに役立つものばかり。

ピラティスでは寝たままでする動きがほとんどですが、後半はスクワットや片足立ちなどの、毎日の立つ・歩くといった動作に近い動きをします。
ずっと寝たままでエクササイズをしていたはずなのに、立つとピタッと足が地面に根づく感じがとても気持ちがよく「帰り道の歩きやすさは格別」とのお声も、よく伺います。

ヨガや違うスポーツに慣れ親しんでいる方には意外に弱い体の場所を見付けたり、ヨガのポーズがしやすく感じたりと、新しい発見になるでしょう。

一部で『ピラティスはきつい!』というイメージがありますが、流派や種類によってレッスンの流れは大きく変わってきます。

アウラでは『プレピラティス』と呼ばれるやさしい動きを多く行いますので、運動不足の方から安心してご参加頂けます。
やさしいピラティス』『ピラティス』2つのレッスンをご用意していますので、初めての方は「やさしいピラティス」へ1回はご参加ください。