【札幌円山・ヨガスタジオアウラでヨガ】陰ヨガと告白

※以前の記事の再掲です

ヨガスタジオアウラでは、いんヨガ(陰ヨガ)というレッスンを開講中です。
金曜日11:00〜、木曜日18:30〜

毎月各一回ずつ、開講中。

一つのポーズに3分〜5分間、座りや寝転がるポーズだけのレッスンで、一つひとつに長めの時間をかけます。

ポーズに慣れたらもう少し前に行ったり、首や背中が疲れたな、と思えば戻って一度休憩をとったりします。

それは毎日の慌しさに頑張ってついていこうとする中で忘れそうな、自分のペースを取り戻していく練習になります。


こうみると、ストレッチ?と思われるかもしれませんが、目的は伸ばすことではなくて、ポーズをする中で感じることを大切にします。

痛いなら戻る。

筋肉をキュッと使う意識をしてみる。

楽そうならクッションに寄りかかってみる。

モゾモゾ動く。

こってるし硬いな自分、フフ 、と感想を心の中でつぶやく。

見た目は静かな3分から5分間ながら、そんな自分の中での自由さにあふれたレッスンです。

ポーズなので体の伸びや使っている感覚はあるけども、無理がないので心地よく過ごせる あーんど 終わったあとは体の中がポカポカ動いている感じが気持ちいいんです。

キャンドルがともる木曜日夜は、こんな感じ。


体にはエネルギー、気が巡っていて、経絡(けいらく)と言われる12本の通り道にそって走っていると言われます。

その線は内臓と対応していて、その線に滞りがあるとき、元気が足りなくなったり内臓などの体の不調となって表れてきて、その経絡やツボなど使って治療するのが鍼灸師。

陰ヨガはキープ時間が長いこともあり、経絡に働きかけてツボ押しのようなことができると言われ、陰ヨガ講師養成講座でも経絡や東洋医学のことが紹介されます。

私が陰ヨガのレッスンを始めた最初の頃は、習ったように経絡が走っているところを、なぞれるようにお伝えしていました。意識をしたところには、気が巡るからという理由でした。

ここからはちょっとした告白になりますが、今は陰ヨガで経絡のことは伝えていません。

自分がいくら練習しても、経絡を伸ばして対応する内臓の調子や感情の変化がわからないからです。

たとえばの話、胆嚢の経絡がある体側を伸ばしたり、肝臓の経絡が走っている内腿を広げても「胆肝のポーズのおかげで胆嚢と肝臓や、関連する目がスッキリしたわぁ!」というのが、ピンポイントには感じられないです。

陰ヨガのレッスンのあとって、気持ちいいんですよ。フワッと全身軽くて、立ちポーズは一切ないのに手足の先まで温かくて、気持ちも優しくなります。

ただ、このポーズで経絡に刺激を入れたから対応する内臓や内臓に関係する感情はこうなった、というのが私はわからないっていう話です。

陰ヨガは大好きでレッスンしているけど、共感できないところもそりゃあるよね 人間だもの〜って思ってます。

陰ヨガを教えてくれた先生は、自分の得意なジャンルを陰ヨガに生かしていきなさいと教えてくれたのがありがたく、私なりにやらせてもらっています。

陰ヨガの考え方としてレッスン前に経絡のことを紹介することはありますが、ポーズ中に経絡をなぞる時間よりも、自分自身と過ごす時間を大切にしてもらいたいので、陰ヨガで経絡のことを言うのはやめました。

それにスタジオ隣の鍼灸の先生いわばプロを見ていたら、実感できない経絡を私が紹介するのは浅いなって。鍼灸治療ってスゴくて、人差し指から始まる大腸経で鍼治療でお腹が良くなったことがあります。

お腹とずっと離れているところに鍼を打っているのに!それもこんなに広い体の、一、二箇所に打つ鍼で、なぜこんなに楽になるの!?って思います。

ツボや経絡を使う鍼灸治療をするには、3年間勉強して受験し資格を得ないといけないのですが、もし私が3年間鍼灸師になる勉強をすることができたら、陰ヨガで経絡のことを言おうとするかも?なんて思います(今のところ、そんな予定はないです)。

というわけでアウラの陰ヨガのレッスンで大切なこと。

◎ポーズを通して心身を観察

◎肩が緊張してまで無理をしない練習

ごろりと転がり、これらをゆるりとしてみると、毎日の中でホッとできる瞬間がきっと増えてきます。

経絡は残念ながら私は鍼灸でしか感じられなかったけど、陰ヨガのあとは体の中にフワーッと温かいものが巡っている感じ、元気になる感じがあります。

これが『気』が巡っていてエネルギーが動いていることだと感じています。

疲れをガマンして、あと一仕事!っていう、気が足りなくなってしまいそうなことを人はよくやっちゃいますが、動物は疲れたらゴロンと転がって疲れをためません。


枕があれば、すかさずおやすみ。


そんな動物的感覚を取り戻しにきませんか?