【札幌円山スタジオアウラ】体が硬い方のための体操教室

肩こりとはよく聞きますが、その肩の中はどうなっているか?とはあまり考えないものです。

ということで、そんな肩の仕組みはどうなっているの?といわれたときに紹介したい、肩まわりの骨の動きについて、先週一週間かけて学んできました。

なんとなく「なんでだろう」と思っていたことがハッキリしたり、新しいことを知ったり、立ち時間とエクササイズが長くて、4日目にもなると文化系にはハードだったりと色々ありましたが、また考えるきっかけを与えられた1週間になりました。

今回のことも、これからのレッスンに少しずつ活かしていきますからね。

【体の使い方を知るといいことがある?】

骨はどんなつくりになっているのか?
自然にどう動くのか?
何をしたら気持ちいいのだろう?
自分のことなのに見えない体の中ですが、興味を持つといいことがあります。肩がこったり腰が重いとかで、初めて「何かしなければ」と思った経験はありませんか?ちょっと、たとえ話をします。
しばらく乗っていない車にエンジンをかけると、調子がよくないことがあります。
そこで初めて「どこが調子がよくないんだろう?」と調べます。車を放置するとバッテリーが上がることが多いですが、放置するよりは、まめに乗るほうが調子がいいっていいますよね。

体もいっしょで、動かなければ硬くなります。
普段から動かすのは大切ですが、やみくもにではなく、体や調子に合わせて様子を見ながら動くことがとっても大切。

車を運転しているときに「タイヤはまだ大丈夫だな」とちょっと意識が向くことがありますよね。

体を動かしているときも「ここがちょっと弱いな、ここは調子がいいな」と体を感じながら動かすといい感じです。

体を様子を感じることが普通になってくると、肩がものすごく こる前に疲れに気付いたり、ムリのない程度に運動しよう、と体が勝手に調整しようとしてくれます。
(もしくは後で「アレはやりすぎだったな」と反省しやすい)

それが習慣づいてくると「姿勢を変えるともっと楽かな?」と試したり、自然と工夫を始めます。
なので「肩がこり過ぎてから、そういえば動いていないことに気づく」ということは減ってきます(間違った動きが不調の原因になることもありますが)。

車が動かなくなってJAFにお願いするように、体も動かなく痛みを感じてからプロにお願いすることもできるけど、そうなる前に自分で普段からできる、お手入れの仕方も知っていたらいいですよね。

車用品のお店で「このオイルをここにさすと、こう変わってイイですよ〜」ってわかるように説明してもらえると、変わる車を想像して、ちょっと安心したり、楽しくなりませんか?

そんな感じで、わたくし いとうちっこが開催する『体が硬い方のための体操教室』では硬いところをどう動かす意識をすると、変化が感じられやすいのか?と説明も交えながらすすめています。

【体の使い方を知る!いいことまとめ】

*効率よく体をゆるめられる
*疲れすぎる前に気づいてケアをする気になる
*普段も疲れたくない!といい姿勢になる
*疲れにくくなる

「運動不足で体が硬いときは体がどうなっているのか?」
「硬い体が楽に感じる動きは?」などを楽しみながら動くレッスン、『体が硬い方のための体操教室』。

楽しみながら「体を動かすことって気持ちいいんだ!」と体に思い出させてゆく体操教室で、「運動不足でそろそろ何かしなければ!」という方にぴったりです。

【開催する本人も驚きのリピート率】

開催して2ヶ月経とうとしているレッスンですが、順調に硬いみなさんに参加して頂き、なんとリピート率100%!
みなさんマイペースに通われていて、毎回メンバーが違う少人数。
初めての方が浮くことはありません。

それまでの運動経験がない方がほとんどですが、とても嬉しいことがあります。
「教わったことを家でもするようになった」というお客様。
これは体が「ちょっと動けば楽になるんだ!」って思い出してくれた証なのでとってもスゴいことなんです。

そして「次回はヨガも行ってみます」と自信をつけられたお客様。
体を動かすと気持ちも少し変わる、そんな楽しみの扉を開けられたようで、素晴らしい。

体が硬い運動不足な方、ヨガやピラティスはちょっとキツかった方、気になる肩な方がた。

土曜日10時30分〜11時30分開講の、
『体が硬い方のための体操教室』をおすすめさせて頂きます。

レッスンスケジュールや料金などは、ホームページから確認して頂けます。

雪道も元気で走れる車(体)でいるために、あたたかい今の季節から、スイスイ動いていることが大切です。ちなみに私、ここまで車に例えておいて、ペーパードライバーです。

テヘッ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA