ちょっと前、そしてこれから。

【驚きの再会。】

最近、驚きの再会がありました。

ひとつめは何も知らずにレッスンのお客様としてきてくれた、学生時代の同級生。

普段『ちっこ』と名乗って呼ばれているので、昔呼ばれていた下の名前で呼ばれる懐かしさとこそばゆさ。

卒業してから一度も会っていなく、社会にでて15年近く、お互い違う道を走ってきたんだなぁ。と勝手にしみじみとし、再会を喜ぶのでした。

当時は宿題がどうとか就職の話とかしたよねぇ。

お互い古着が好きでハデな髪色で、親近感があって話していて楽しかったなぁ。

私はあの時勉強していたこと自体は、今あまり生かされていないんだけど、女子大は、とってもいい思い出です。

まぁ生かされていないといっても、あの学校にいたから自分にとってはいい会社に就職ができ、社会人として生きていく常識を働きながら教えてもらって、今がある。だからあの学生時代は社会人の私の根っこの部分かな、なんて思います。

学生時代に浸ってしまいましたが、最近の驚きの再会その2はやはりお客様として来られたお方。

おや、そのおおらかな雰囲気どこかで…?

お話していると、『ボディワークが好きで』というワードでピンときました。

【ボディワークとは?】

ヨガやピラティスも含まれますが、自分で動いたり、誰かに触れてもらったりする中で、体に変化を感じて、体の感覚に気づいていくものです。

触れてもらうといっても『ボディワーク』の場合は、例えば強く揉まれるというより、軽く触れられて初めて筋肉が硬くなっていることに気づいた結果、自分で「ゆるもう!」という力がよみがえり楽になる…というイメージです。


【そして、I様の正体】

『ボディワーク』という言葉でピンと来たI様は、6、7年前に私が通っていた『アレクサンダーテクニーク』『クラニオセイクラル』なる軽いタッチで体の変化を感じるボディワークで、先輩であり、何度もペアになった際に、お世話になった方でした。

ちっこがヨガのインストラクターを始めて1年くらいの頃、どこかで体の仕組みについて勉強できるところはないかと探した結果、見つけて通っていたところです。

当時の私には、なかなか難しくて途中でやめてしまったのですが、I様はその後もボディワークを深く学ばれた様子。

そんなI様と、まさかのレッスンで再会!

ペアになったときのI様の温かな手を思い出しながら再会を嬉しく思い、確実にマニアックな知識を深めているI様の参加に、ピリリと背筋が引き締まるのでした。(笑)

そんな再会や、しばらくお休みしていた方がまた復活されたり、長年通われているお客様に「第二子が!」と嬉しいお知らせを頂いたり。

初めて会うお客様はどんな方だろう?と想像し、続けて通われた方の変化を一緒に喜んだりと、レッスンを続けていると、何にも代え難い色んなことがあります。

そんなひとと関わる喜びが、場所は変わることがあっても私がレッスンを続けている理由のひとつです。

【最近の私とボディワーク】

私はまた、おもしろいモノに出会えまして、4月に続き今週の月曜・火曜日で大阪に一泊してきました。(もちろんピーチでね)


月一回大阪で、月曜日の19:00〜開講している講座へ、4月に続いて行ってきました。

月曜日は、ちょうど私の休みにあたることが多いので、レッスンをお休みにせずに行けるんです。

その講座は先生オリジナルの見方で体の仕組みを教えてくれ「そうなの?!」「そうくる!?」という あたらC 切り口、そして体をちょっと意識して使ったあとの体の違いに大興奮。

帰りの朝8時の飛行機の中で、殴り書きのノートを見て興奮が蘇ってメモを足したり、ニヤニヤしたり、あんなところをマッサージして、またニヤニヤして、早朝便で眠りもせずに、持ってきた小説にも目もくれないことから、講座がどれほどおもしろかったか察して頂けるのではと思います。

衝撃的におもしろかったことを、体が硬い方のための体操ラバーにも ヨギーにも ピラーな皆様にも、うまく伝えられように考え直したいと思ってます。

2時間の講座のために『普通来ぉへんて!』と周りから毎度突っ込まれます(札幌から飛行機でヒョイと講座を受けに行く人はけっこう多いんですよ)。

関西弁で突っ込まれるのも好きというMというだけではありませんが、来月は土日にある二日間の講座と、今回行った2時間のシリーズの講座(全て同じ先生)をくっつけて受けに行くことを決めました。

私がちょっと考えていることがあり、それを強力にお手伝いしてくれそうな内容なんです。

レッスンは、会いに行けるなんとやら ならぬ『いつでも受けに行けるレッスン』をめざしているので休講にするのは忍びないのですが、来月は休講の日が2、3日あるかもしれません。

7月の予定は今週中に決め、お知らせさせて頂きます。

講座を受けるために休講にするときは、長い目で見て必ずや おもしろいレッスンにしていこう!と思っています。

最近、旅費もけっこう ゴイスーなことになってきていますが、こう見えて勉強しに行きたい講座はわりと少ないので、私の先生が言っていた「学ばざる者教えるべからず」に背中を押されてチャンスは逃したくないなぁ、と思う最近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA