【自分のこと】何を食べていますか?

最近よく聞かれるようになりました。

実はこのことを話すのに、ためらうことがあります。
なぜなら、「難しい人」「こだわりの強い人」と思われないかな?ひかれないかな?という気持ちからです。

私は興味がわくことは、とりあえず「やってみる」「行ってみる」のが楽しいと思っていますが、食べものに関してはちょっと違います。

というのは、「何を食べるか」と同じくらい「何を食べないか」を大切にしているからです。

というのは、普段の食べるものを気をつけると、体が楽だからです。何かの食事法をしているわけではなく、体に合わないものは、とらなくなってきている感じです。

私が、休みの日であろうとなるべく避けているのは添加物と甘味(特に白砂糖)、もたれる種類の油。小麦は休前日のご褒美で、仕事がある前日からはとらない。

ちなみに「とらない。」とルールを頑なに課しているわけではなく、食べる気にならないというほうが正しいかも?

甘いものに関してはホントに大好きだったんですが、今ではすぐに口内炎 ができて痛いのがイヤなのと、食べた後に倒れ込んで3時間爆睡するのが時間がもったいなくて、自然と口にしなくなってきました。

添加物や油の種類は、アトピーに悩まされたときに特に気をつけていたんですが、アトピーがほとんどよくなった今も、口内炎が出て肌がかゆくなります。

小麦はそのときは体に出づらいですが、気にせず毎日食べていたら、数日かけてジワジワと慢性の疲れとして出てきます。粉物は腸に張り付くって、こういうことかな?と思いました。

人と会うときは気にせずに食べ飲みします。楽しいのが一番です。その後にきちんと体を休めれば、だいじょうぶ。

ふだんは何を中心に食べているかというと、家ではご飯と味噌汁と、旬の野菜と魚とタマゴと大豆製品。たまにパスタも作ります。

2、3レッスン続くときと遠出するレッスン前には、目玉焼きとごはんを一口食べるとちょうどいい。なのでレッスンがある日は、朝晩2食➕目玉焼きとごはん一口、になることがほとんど。

ある日の晩はこんな感じ。


●小豆いりご飯と昆布だしのキノコとねぎの味噌汁

●アジの照り焼き

●蒸し野菜を醤油麹であえる

茶色っぽい見た目からわかるように、わたしは料理が好きではありません…たくさんのバリエーションで料理するより、うさぎの絵を描いたりネットサーフィンしたり体の豆知識を探してレッスンのことを考えていたいです。

料理がさほど好きではない私が、元気でいられる食べ方を探しているって、おもしろいかもしれませんね。

料理が好きでもないのに基本的なものくらいは作るテンションがあるのは、料理が上手な母親のおかげかもしれません。

休前日は肉料理をするか食べにいきます。なぜ休日に肉かというと、仕事がある日に食べると体が重たくなるのと、夜に肉を食べると眠りが浅くなるので、次の日が仕事という日の夜はひかえます。

ただ、肉も食べかた次第で、講座に参加するときに、ランチに米を食べると眠くなることがわかり、肉とサラダだけのランチにしてみると、コレがヒット!腹持ちも集中力も最後まで続きました。

そして最近のおやつはナッツと甘すぎないドライフルーツが中心です。

外食は、なるべく添加物と砂糖を使っていないお店にいきます。お寿司にもシャリに砂糖が入っていますが、あの程度なら大丈夫。

先日の大阪の疲れを引きずったまま、帰ってきた足でお寿司やピザ、次の日にはカレーと、疲れから食べ過ぎてしまいました。その日は大丈夫だったものの、先週最後のレッスンが終わった晩に安心したのか、久々にハデにお腹を壊してしまい、反省ちゅうの現在… 早く良くなって、カレーとナッツが食べたい…

敏感で大変だねー!と言われるのがツラいところですが、昔は気にせず色々食べまくっていた結果、若かったのに子宮の病気になり、慢性でお腹を壊す怖さを抱えてました。

後でまとめて大きな病気になるかもしれない不安を抱えるよりは、体の小さな反応をみて、食べものを調整していこうというのが今の私。

もともと食べて太るよりお腹を壊す体なので、食べものは気をつけざるを得ないです。逆にいうと、自分なりにですが気をつけていると、前向きになって毎日が楽しいです。

なぜそんな食べかたをしているのかといえば、少しでも体調がいい状態で、いまの仕事をするためです。声の出方から説明の仕方まで変わってきます。

コレがもし好きな仕事でなかったり、ムリをして詰めこんだスケジュールにしていたら、きっとストレスから仕事の合間にチョコとかクッキーとかを食べまくってます。

そんな意味でも、この年になり、好きな仕事をしていくことの大切さを知るのでした。

…大好きなカレー❤️

お腹が整ったら、お友達に会いにどこか行こ〜♪と思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA