【千歳・アロマテラピー&リラクゼーション禅でヨガ】新月・夏至

千歳の、アロマテラピー&リラクゼーション禅さんへ、レッスンへ行ってきました。


一年で一番明るい夏至の日を境に、冬至に向けて日が短くなっていきます。

星座と体には繋がりがあるそうで、

6/24は蟹座の新月で、蟹座に関係する体の場所は胸、胃、消化器。

今回お伝えしたのは、生殖器、排泄器。蠍座に対応する話です。

なぜでしょうか?

その理由は、私がカニとサソリを読み間違えてしまい、カニ座にも関わらずサソリ座の内容をお伝えしてしまったからです!

生殖器と排泄器は腎臓と繋がりがあるといわれ、腎臓が元気でいることで、子宮や卵巣などの生殖器も元気に働くことができます。

例えば生理痛のときやおしっこが近いとき、腎臓がある腰が冷えていたり、その前に冷やすようなことはなかったか振り返ると、ヒントがあります。

というのは腎臓が一番嫌うことが冷えることなんですが、冷えることに対してできることはたくさんあります。

口から入れるもので冷えるものばかりをとっていないか振り返り、温めること。暖かい格好をすること。そしてヨガや体操、ピラティス…体を動かして、血の巡りを助けること。

というわけで、せっかくなので腰はどんなふうに動くことができるのか?と確認をしてから、新月の時期にあわせた動きをしていきました。

ここまで、お話をしておいて、本来のカニ座のテーマは胸、消化器…


けど、月一度のこちらのレッスンで、今回は腰を中心に意識ができてよかったことがあります。

実はこれから、冬や春先に次いで「ギックリ腰になりました」と聞くことが多い、真夏がやってきます。

もう一度いうと、腎臓の嫌がることは冷えること。夏においしいアイスクリームやビールに果物、アイスコーヒー…全部毎日のように取っていると、その冷えが、腎臓のある腰にくることがよくあります。

毎日食べ飲みしすぎてないかを振り返り「昨日食べたから今日は控えめに」と、バランスをとる気持ちを持ちたいものです。

食べ飲みしたあとはペットボトル湯たんぽ(小さいペットボトルにお湯をいれてタオルで巻く)などでお腹を温めるとか、元気に楽しく夏を感じ過ごすなら、体に意識をむけながら過ごすことが大切です。

腰は『痛みを感じてから意識する場所』になりがちですが、楽しく食べ飲みしたあとや、ひえたなぁと感じるときに、特にいたわって意識をむけてあげたいところです。

…レッスン後半は、徐々にスローペースに…。

私は、いつの間に気がゆるんだのか…なにこの姿勢(笑

毎月一回ペースで、水曜日18:30〜19:30、ヨガレッスンを開講しています。

月のリズムにあわせて内容と動きがかわり、星座の対応する体の場所をいたわる、体が硬い方が中心につどう、やさしいヨガです。

エステのお客様優待のレッスンですが、一般のお客様のご参加はサロンへ直接お問い合わせをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA