【学び】レッスンを受けにゆく

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

今回の休日は、美人氏とピラティスのレッスンを受けに行き、お茶をし、その後は『ヨガのめ』8月号の構想を練るとゆう、素晴らしい1日ではないか〜 うんうん よしよしと充実の1日…。 ありがとう美人氏

わたし、レッスンを受けに行くと、言われた言葉を頭の中でイメージするまで時間を要することが多いんです。たとえば

「恥骨を顔の方へとゆうとこの動きで いーんだよね?きっとこういう目的だからだよね?」

と、先生の言葉と自分の動きを必死に繋げようとするんですが、どうやらそのときは難しい顔 もしくはこわい顔になっているようなのですよね。

先生に、大丈夫?と確認されたり、あとから「マジメにやっていたね〜!」と言われることがあります。

今回なんて、生理前のボーッとした頭で、聞き逃さないように真剣になったものだから、眉間にシワでも寄っていたんじゃないかって思います。聞き逃したくないって思う指示を出してくれる先生だからこそつい必死になるのですが、レッスンに不満があるかのような表情になっていたら 申し訳ないかぎりです。

しかも、言われたことがよくわかると嬉しくなり、確認のため勝手に2、3回多めにやって「次行くよ(笑」と言われてしまうとゆー困った生徒…(笑

根がマジメで頭の回転が遅い文化系が必死になると、そうなってしまうんですよねぇ…

そんなでも レッスンを受けるコトって、自分を客観的に見れていいんですよねぇ。レッスンを受ける好きなトコは、なんといっても先生が見守ってくれている安心感です。

『親』とゆう字は『木』の上で『立』って『見』ると書きますが 見守ってくれて必要なときは教えてくれる先生の存在はとても大きなもので、自分ひとりでするのとは全く違うものです。また会いたいって思える先生に会えるって幸せだなぁ、と思います。

なんだか今日は金八ックなこと言いましたかね私

先生の言葉に、つい真剣になりすぎる私は、うさぎのとら先生からは今日も動物としての、自然な動きを学びます。

顔をあらう↓(ハムスターではなくうさぎ)


いつもレッスンにお越しいただき、ありがとうございます。また、ホームページやブログを見て検討していただいて、ありがとうございます。

8月から、日曜日サンデーゆるめヨガの時間が変わります。

【7月まで】12:30〜13:30

【8月から】12:00〜13:00

開始時間が30分はやくなります。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA