【自分のこと】体育2の逆襲

札幌 円山 スタジオアウラのヨガ(陰ヨガなど)とピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

先日、担当するカルチャースクールのレッスン終了後、スラッとして いつもおしゃれな受講生のMさんが廊下で、次のレッスンの受講生のおばさま方に囲まれて「あなたが先生なの?」と聞かれている横を通り過ぎる、文化系臭が漂っていると思われる わたくし、いとうちっこです。

わたくしのプロフィールにも書いていますが、私は子どもの頃からの筋金入りの文化系。子どもの頃はアリの観察と人形遊び、絵を描く、妄想遊びをローテーションするような子どもでした。

小学生になってからは、体育が辛くて仕方ない。

通知表の『体育』の『がんばりましょう』がマルで囲われてくるのが恒例なわけですが、「がんばりかた教えてからがんばりましょうマルつけぇや!体を育てんのが体育じゃろがぁぁ!!じゃかぁしいねんボケェッ!!」なぁんてゆう西加奈子の小説に出てくる小学生みたいに逆ギレするくらいのエネルギーがあれば、きっと体育はもっと成績がよかったはず。

それから中学校は帰宅部、高校と短大は美術部と、体育が2で終了した学生時代でしたが カクカクシカジカで今の2キロくらいはフォームを崩さず走れる自分がいるわけです。

少しずつ、しかも社会に出てから楽しみつつ運動嫌いを克服してきた過去があるので「運動が苦手だけど何かしないとヤバいと思っている人に、ちょっと体を動かすだけでも気持ちがいいことを感じてもらう」「その人たちが成長を感じられるレッスンを用意する」ことが私の役割だっ。と使命を感じております。

そう感じて発信していると、運動は得意なほうではない(もしくはご無沙汰)とゆうお客さまが、よく来てくださいます。

先日、嬉しいお声が…

来られるようになって2ヶ月ほどの、消しゴムハンコが彫れるとゆう見事に文化系の女性ですが「体育が2だったけど、今までが何だったんだろうというくらいに、レッスンで体の使い方がわかることで動くのが楽しくなってきました」と教えてくださいまして、同じ文化系出身として親近感と希望を私に持って頂いていることを話してくださいました。

う、嬉しいですね…

行動するって とくに文化系にはすごく勇気がいることだと思うんですが、あたらしいことを「何かを始めよう」とスタジオに出向くとゆう本人の意思と行動のタマモノですね。素晴らしいです。

お話を聞いて、気の利いたことも言えず感動の「え〜✨」の連発でしたが、とっても嬉しかったです。教えてくれてありがとうございます。

…ちなみにわたくし、「行ってみたら根から筋肉体育会系の人たちがほとんどだった」という講座でも「ま、いいか」と場違い感を気にせず参加できるメンタルになってきたことも成長とゆうか年の功を感じるこの頃です。

元体育2が、老いては最終的にどこまで成長できるのか?が、自分の一生の楽しみの一つです。


札幌円山ヨガスタジオアウラのいとうちっこのレッスンでは

8/12(土)及び8/20(日)全ての通常レッスンがお休みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA