ヨガの効果

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

ヨガは色んな種類がありますが、共通していることはポーズの中で呼吸を意識することです。(瞑想のヨガなんかもありますが)

ポーズとゆう型を覚えれば、誰でもどこでもできることがヨガのすばらしいところですね。

ヨガをして「こんなことがあった!」とゆう変化を今までたくさん聞いてきました。

《ヨガのしてよかった!変化》

風邪を引きにくくなった、肌がキレイになった、肩こりや腰痛が和らいだ、身体が引き締まった、などの体の変化。

前向きになった、物事をポジティブに捉えられるようになった、気持ちが安定した、強くなったなどのメンタル面での変化。

《なぜたくさんの効果がある?》

全身を解放的に広げるヨガのポーズとたっぷりの呼吸は、仕事や家事などの緊張感で小さくなっていた体にとって気持ちいいものです。

ヨガのポーズは前屈・後屈・側屈・捻り・逆転と、いろんな方向から体を使います。ヨガをしていて気づくのが、こんなに動くのに動かしていないトコロが意外にあるものだなぁ、とゆうことです。

例えばいつも腰が痛かったりダルさなどがあるとします。原因を探してゆくといつも猫背で胸周りの硬さの負担が腰にのしかかっていたり、股関節や足の硬さが腰にきていたりとゆうバランスの崩れも少なくありません。

「ヨガで○○の調子がよくなった!」なんてゆう場合には、全身まんべんなく伸び動く中で、全体のバランスがとれたことも理由のひとつと思われます。

そして大きな呼吸ありきで体を動かすので酸素たっぷりの血は体じゅうを巡り、血は熱を運ぶので身体が中から温まり、免疫力も上がる… 。気持ちがいいときって、体のなかもルンルンなことが起こっているのですね。

ポーズをとると色々感じられます。伸びて気持ちがいいとか、ココが弱い硬いとか、いらない力が入っているな、などなど。

そんな、ポーズから返ってくることを感じつつ意識して呼吸を大きくすると、余計なことを考えるスキがなく自然と集中します。この集中が普段のアタマと切り替わり、アタマにとって いいお休みになります。

呼吸の大小で気持ちも全く変わってくるので、呼吸を自在に操れると気分も制す!と言っても過言ではありません。その練習が、ヨガの中でできるとゆうワケです。

まだまだ語りたいものの ゆるブログとゆうわけで このあたりで… 

《こんなときはヨガはチョット待て》

絶対に「体にいい」ものってないですよね。

こんなときは、ムリクリにヨガをするとゆうのは私はオススメしていません。

・風邪や熱があるとき

・すごく疲れていたり病気から調子が悪いため、出かけたり体を動かす気が起きないとき

・ケガをしたてで炎症があるとき

体が落ち着いて元気が出てくると、自然と体を動かしたくなってくると思います。

そんなときヨガは、もっと元気になるお手伝いをしてくれるので、焦らずに自分のタイミングでやりましょう。

…レッスンを受ける前には、トイレや毛づくろいはすませておきましょう。

◆以下のレッスンの残席は1名さまになりました。

8/17(木)18:30〜19:30 いんヨガ(陰ヨガ)ウィズ キャンドル

◆8/19(土)全てのレッスンに空きがござます。

◆8/20(日)全てのレッスンが休講になります。

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA