【うさぎのとら】うさぎの意外

札幌で初心者の方からのヨガ・陰ヨガ・体が硬い肩こりさんの体操教室・ピラティスをお探しなら 円山の ヨガスタジオアウラへ。レッスン基本情報はこちら →

わたくしごと、ネザーランドドワーフのうさぎのとらと暮らし始めて早1年半が過ぎようとしています。
うさぎさんの諸々の行動などに慣れましたが、意外に知られていない、いっしょに暮らさないとわからないことが多くて、おもしろいなぁと未だに思います。

◎意思は行動で


頭をグイグイ出して「なでろ」と言い、小屋の外に出たければ、トイレをかじってガリガリ音を出すことで呼ぶ。新しい草を入れて欲しければ、ふだん登らない所に登るなどワルいことをして気を引いてアピる。好物のニンジンやキャベツがもっと欲しいときは、二足で立つ・膝の上に上がって前足ををかけてくる・鼻でツンツンするなど、ありとあらゆる手を尽くす。うさぎさんは言葉や鳴くことなくとも、行動で意思をハッキリと伝えます。

◎撫でられるのが好き

一度頭を撫で始めると、アァー気持ちええみたいな表情をして、ずっと頭を垂れ下げてきます。耳を立てたりしまったりするせいか、耳の付け根や屈曲の強い首が気持ちいいみたいで、最初は硬いんですけど、徐々に緩んで柔らかくなってくるのがおもしろいです。10分は撫でられないと気が済まないらしく、撫でる側は肩が凝ってきます。

◎けっこう水を飲む


1日に、一カップ近くの水を飲みます。一度飲み始めたら、グイグイグイグイ1分近く飲んでいることもあります。つい「飲みすぎだって!」と声をかけてしまうことも。飲み終わったら、前足とゆうか手のひらをペロペロしたり、その手で口をスリスリして拭くのがかわいい。

◎人を覚える

飼い主以外の人がお家に来たら、警戒してしばらく外に出て来ません。ただ、うさぎのとらを定期的に預けている実家の両親がうちに来るときは、両親の手からキャベツを食べたり近寄ってきます。とらを溺愛してくれる両親のことは、ちゃんと覚えているようです。

◎パターンを覚える

台所にはおいしいものがあると思っているようで、扉を開け閉めする音にすら反応します。そして台所から私が出てきたら、期待に満ちたキラキラした目で寄ってきます。寝る前や朝ごはんのときに野菜がもらえる!とわかっていて、寝る前に小屋の草やお水を足すと、とらはソワソワして「そろそろだよね?」と、まとわりついてきます。

◎表情がある

警戒するときは耳を立ててシュッとした顔をしていて、静かな夜に心身ともにリラックスするときは目を細めて耳をペタッとしまいダレる。嬉しいときはフンフンいいながらピョンピョン跳ね、行動で嬉しいと表現。怒ると後ろ足でパンと地面を蹴り上げなら「嫌んなっちゃうわ」とゆう感じで走り去ってゆく。

…いっしょに暮らす前に持っていたイメージが変わりますね。

うさぎさんは、わんこのように散歩する光景を札幌ではあまり見かけませんが「実はうさぎさんと暮らしている」とゆう潜在的なうさぎストが意外に多いような気がします。

とらを実家に連れてゆくのに小屋を建物の入り口まで運んだら、入り口で某配送会社のおぢさんが「この小屋は…この小屋はなんだね!?」とゆうので「うさぎです」と、うさぎのとらが入ったバッグも見せると「うちも3回うさぎを飼っていてねぇ…あらぁ〜✨かわいい〜❤️」と、持っているダンボールと仕事を忘れかけるおぢさん!(笑)

そのおぢさん、うさぎさんに似たお顔をされていて親近感が湧きましたねぇ。動物さんと飼い主さんって、フシギと似ていますよね。似てくるのか、似ているから動物さんに惹かれて暮らすのかどっちなんでしょう。

…そして衝撃の意外。角度によっては謎の動物

◎本日のヨガスタジオアウラのレッスンの受付は、締め切らせて頂きました。

◆9/14(木)

18:30〜いんヨガ ウィズ キャンドル

◎今週のヨガスタジオアウラの全てのレッスンは、お席にゆとりがあります。

◆9/16(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス

14:00〜 ゆるめヨガ

◆9/17(日)

10:30〜 朝ヨガフロー 

12:00〜 サンデーゆるめヨガ

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA