【本】にっぽんの秘島

秘湯ではなく、秘島でございます。


タイトル:にっぽんの秘島

著者:ロム・インターナショナル

海に囲まれた日本列島には、6852もの島が存在するそうです。有人島が300、それ以外は無人島。意外に有人島が少ないんですね。こちらの本では、有人無人を問わず、本にするに値する魅力的な個性が溢るる87の島が紹介されています。

面白すぎるので、この本を参考におもしろい島をちょくちょく紹介していこうかなと思っています。

ちなみに、なぜわたくしが惹かれるのが『日本の島』なのか?とゆうと、言語が通じる範囲で異国のごとく流れる島の独特な空気がフシギで、もっと知りたくなるんですよねぇ。

◎伯方島

瀬戸内に浮かぶ伯方島は、愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「しまなみ街道」沿いにある。伯方島といえば、伯方塩業が作る「伯方の塩」のイメージが強いだろう。

はっかった〜の しっお〜♫はきっと誰しも聞いたことがありますよね。特に自炊する方は、お世話になっておりますとゆう場合も多いのではないでしょうか。

この地には、弥生時代に人々が生活を営んでいた痕跡が残っている。その頃から製塩が行われており、島内の伯方岩ヶ島古墳、熊口古墳…(以下省略)から、約140点にも登る製塩土器が出土している。

こんな伝統があったなんて、伯方の塩から思いを巡らせることは今までなかったですね。とゆうか生活圏内に古墳があるって、古墳に馴染みのない道民のわたくしはコーフンします…なーんてッ キャハッ♫

伯方島では、塩田で海水から煮詰めるとゆう伝統的な製塩の歴史を守るために、伯方塩業として会社が創られたそうです。

時代とともに大量生産できる科学的な塩が盛んになる中、自然塩を守ろうとしたのですね。現在も、製造会社創業の1973年から変わらない、海水からの塩の作り方が守られているそうで応援したくなります。

現在は観光地としても楽しめる島だそうです。ビーチがめっちゃキレイだそうで、美しい景色のもと『土器で塩づくり体験』ができるそうです。作りたての塩で地元の野菜をバーベキューでいただくらしい。イルカと泳げる施設まであるそうで、楽しめそうな島ですね。

 場所:愛媛県今治市  人口:6935人  アクセス:今治駅からバスで40分 

今回は、ちょっと行きたくなる島を紹介してみました。「行きたくはないけど、おもしろすぎやろ」ってゆう島がバックに盛りだくさん控えておりますので、今回は序章とゆうことで。

…島には、にゃんこがつきものですね。竹富島も、にゃんにゃんしていました。


レッスンの空き状況です。

9/16(土)、9/17(日)のヨガスタジオアウラの全てのレッスンは、お席にゆとりがあります。

◆9/16(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス

14:00〜 ゆるめヨガ

◆9/17(日)

10:30〜 朝ヨガフロー 

12:00〜 サンデーゆるめヨガ

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA