【ちっこのヨガブログ】アンジャネーヤアサナ

札幌で初心者の方からのヨガ・陰ヨガ・体が硬い肩こりさんの体操教室・ピラティスをお探しなら 円山の ヨガスタジオアウラへ。レッスン基本情報はこちら →

ちっこのゆるブログの数少ない読者のみなさん おはようございます。

今日はアンジャネーヤアサナ(三日月のポーズ)をとおして、身体は変わる!ことを見て行きたいと思います。

アンジャネーヤアサナ

①四つ這いで右足を大きくまえに出す。右膝を折り曲げて体重を膝に感じるようなら、少しゆるめる。

左腿の伸びが痛くないか確認しながら骨盤を起こし、両手を腿へ。膝や腿に寄りかからず、お尻の穴をしめ、お腹の力も使ってバランスをとっている状態。

②目で両手と背骨を上にひき連れて行くイメージで伸びる。お腹は締めすぎず、かといって腰は反らず、後ろ腿〜お腹〜胸〜顔まで伸びが繫がっている。

最初の画像は、軽い準備の後にすぐに入った写真です。

そこで、肩の硬さや今ひとつ気持ちよく伸びれない感があったので、ちょっとテを加えました。

◎肋骨をゆるめる

両手をリング状にし、肋骨を触り、深呼吸。呼吸で肋骨と手を押し広げ、中からゆるめます。


そして、両手のひらで肋骨まわりのお肉をほぐしました。


この2つをする前後を比べてみます。

左が肋骨をゆるめる前で、右がゆるめた後です。


前の写真のほうが、あごと腕を上げて頑張っている感じがあり、ゆるめた後の方が背骨から頭までの繋がりが見られます。手も後ろにいっていますね。感覚としても、肩腕周りがスッと伸びる感じがあります。

股関節をゆるめる

股関節の詰まりを感じたので、もう1つ運動を加えます。


アンジャネーヤアサナに近いポーズでゆるめるため、写真のように、カカトで床を押してお尻を後ろにひく動きを何度か繰り返しました。

その後がこちら。


最初から並べてみました。

股関節をゆるめたら、股関節の動く範囲が広がったのはもちろん、背骨の伸びも深まっていますよね。

ポイントは、動きが今ひとつだったところを伸ばすのではなく、軽い力と動かすことでゆるめることができるというところです。

局所的に動かして全体が変わるって、全身繋がっているんだなぁって思いますよね。このあとは詰まりがとれたように、すっきりしました。

ちっこはアンジャネーヤアサナを、今回のように体をゆっくりゆるめる準備を経てレッスンに取り入れたり、フローの中で入れています。

ちょっとしたことで体はこれだけ変わりますので「私は硬いから」「文化系だから」とゆう思いこみは置いておき、ちょっとほぐして「軽くなったなぁ」とか、簡単なことでもラクになれることを体が知ることが大切です。

みんなですると、一時間のレッスンもあっというま。一歩踏み出してスタジオに来てみませんか?

って結局宣伝てな〜 テヘッ♫


ヨガスタジオアウラのレッスンの空き状況です。

9/16(土)、9/17(日)の全てのレッスンは、お席にゆとりがあります。本日9/16のレッスンも受付ています。

◆9/16(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス

14:00〜 ゆるめヨガ

◆9/17(日)

10:30〜 朝ヨガフロー 

12:00〜 サンデーゆるめヨガ

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA