【文庫本】伊藤君A to E

札幌で初心者の方からのヨガ・陰ヨガ・体が硬い肩こりさんの体操教室・ピラティスをお探しなら 円山の ヨガスタジオアウラへ。レッスン基本情報はこちら →

タイトル:伊藤君A to E

著者:柚木麻子

あらすじ


いやぁ、ヒド… 絵に描いたようなクズ男の話。草食系の整った見た目で、自分に夢中になる美女を平気で傷つけ振り回す。

好きな女の子に渡すお菓子を自分に好意を寄せる女の子に買わせる、しかも「サンキュー、あとで払う」って言ってそのまま。そんな程度は序の口のクズっぷり。

ヒドい本読み始めちゃったかなって思っちゃいましたよねぇ。(笑)

けどここまでクズなのも、自分に自信がないから「こんなにヒドいことをしてもこの女は自分を好き」って自信を持とうとしているとゆう…。友達がハマっていたら全力でやめなよって止めるタイプの男ですね。

そんな男にハマってしまうのもまた、女の子にも闇があるよねぇと妙に深層を考えてしまいました。そこまで読者に考えさせるほど「伊藤、実在しそう」感があります。(笑)

そして伊藤は脚本家になる夢があるらしく、有名な作家のワークショップにバイト代をつぎ込んでいるのですが、ひとの作品の批判はするものの自分では作品を作り上げたことはない…。

伊藤は伊藤なりに割り切ってクズっているんだと、スパッと伊藤が心の内を話す、気持ち良さすら感じるシーンが後半にあります。

伊藤の仕打ちや『口先ばっかりさ』に嫌悪感を抱く場合は、小さな伊藤を心の中に持ち合わせているからなんでしょうねぇ。伊藤みたいに人を傷つけるかはともかく。

『自信のなさ』から自信をつけるべく頑張ったり、逃げたり見ないフリをするわけで、対処の仕方はソレゾレなわけですけども。

…アレコレと書いてきましたが伊藤がヒドすぎて、ちっこ文庫には追加できません(笑)。

お口直しに最後はシャケの写真でも。

さて今週末のヨガスタジオアウラの空き状況です。

◎はお席に充分なゆとりがあります。

◆9/16(土)
10:30〜 体が硬い方のための体操教室 ◎
12:00〜 ヨガスタジオのピラティス △

14:00〜 ゆるめヨガ◎

◆9/17(日)

10:30〜 朝ヨガフロー ◎

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス △

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA