【ちっこのヨガブログ】アドムカシュヴァーナアサナ

札幌で初心者の方からのヨガ・陰ヨガ・体が硬い肩こりさんの体操教室・ピラティスをお探しなら 円山の ヨガスタジオアウラへ。レッスン基本情報はこちら →

ヨガでおなじみ、通称ダウンドッグ(アドムカシュヴァーナアサナ)、下を向いた犬のポーズです。

四つ這いから尻と膝を持ち上げ、膝を伸ばしながら、両手で床を押してネコが伸びをするように背骨を伸ばす。充分な背骨の伸びが感じられてから少しずつカカトを床に近づける。

身体がさかさまの状態で深く呼吸をしているので、内臓がマッサージされます。ポーズのあとは、お腹が鳴ったり、軽い感じが得られるかもしれません。背中が使えて気持ちよくポーズができると、背中の柔らかさやスッキリする感じも得られると思います。

こんなポーズですが、太もも裏や背中が硬いと、ちょっとキツいポーズです。とゆうわけで今回は、ちょっとした体操でポーズはどう変わるのかシリーズ第2弾、ダウンドッグ編をお送りしたいと思います。

準備運動ほぼなし(朝少し走ったけどね)、重いリュックで歩いてきたあとのダウンドッグはこちらです。


わたくしごと、腿裏がホンット硬い。背骨を伸ばそうとした結果、カカトが浮いていますね。それでも腿裏が骨盤を引っ張るので、腰が丸くなっています。腰を伸ばしたつもりでもさほど伸びず、そのぶん肩に力みが入っています。

《手足をほぐすだけでどう変わる?》

手の指をほぐしながら、足指で布をギュッギュッとつかんでほぐしてみます(細かいポイントはレッスンで伝えます)。その後がこちら。

カカトが少し近づいた!背中全体も『スッと感』が出て、顔が腕より前へ出たのはわかるでしょうか?並べてみると…↓


《尻〜腿裏をゆるめる》


尻と腿裏が使われているのを感じながら、色々な方向に動かします。このとき、腹が抜けて腰が反り返らないことがポイントです。

感覚としては、この後劇的に腿裏が楽になりました。ただ、写真で見ると大きな違いは分かりづらいですけどカカトはほぼ着いています。


《肩甲骨、足裏〜腿裏をゆるめる》


呼吸とともに背中を感じながら手を動かす。同時に片足ずつ爪先立ち(ウォーキング)をする。ポイントは『ゆっくり動く』ことです。

最後の写真がこちら。


だいぶ背骨のスッとした感じと、腿裏が突っ張る痛さが気にならなくなりました。

最初から最後までを比べてみます。


 このポーズは床を押して後ろに伸びていきたいんですが、硬くて痛いと、痛さに意識が向いて、ギュッと肩などが力む…そうすると、押した力も止まりやすいので、感覚がわかりづらいんです。

ほぐしを挟んだ後は『床を押して下腹部を奥に引くことで、背骨が伸びカカトが床に近づく』とゆう全身のつながりが感じやすいので、息を深くするゆとりも生まれます。

ちょっとした『ほぐし』でも、ヨガのポーズを楽にすることができ、体は変わるの第2弾でした。

詳しいやり方は、レッスンで♫…ってまた宣伝、

チャイました〜 テヘヘッ♫♫

今週末のヨガスタジオアウラのご予約状況です。
◎はお席に充分なゆとりがあります。

◆9/30(土)
10:30〜 体が硬い方のための体操教室 ◎
12:00〜 ヨガスタジオのピラティス △
14:00〜 ゆるめヨガ◎

◆10/1(日)

10:30〜 朝ヨガフロー キャンセル待ち
12:00〜 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA