【ヨガ】なぜポーズをするのか

札幌で初心者の方からのヨガ・陰ヨガ・体が硬い肩こりさんの体操教室・ピラティスをお探しなら 円山の ヨガスタジオアウラへ。レッスン基本情報はこちら →

筋金入りの文化系である わたくしごと、

何年か前に、できずにそのままだったことにトライしてみたら、できちゃったことがありますので、まずはごらんください。

ハンドスタンド(壁あり)

以前は上がろうとしたら重くて、反動をつけても上がりませんでした。しかし先週フト思いたち、やってみたら上がりました。

お腹が空いている状態のときはスッと上がります。食後2時間後にやったときは、かなーり体が重く、手首に体重がのる感じでした。

どちらにせよ、壁なしはまだ先かなぁとゆう感覚です。

体の中心を感じられること、バランス感覚、肩甲骨の安定感、肋骨の柔らかさと開きすぎない強さなど、体の柔軟性と強さのバランスがとれていないと、手首の負担に関わるなぁと感じます。

私の場合ですが、ヨガに併せてピラティスをやった結果、いつの間にかできるようになっていました。なのでハンドスタンドができる体とゆう点では、ヨガでは体幹をどこかサボっていた可能性もあるなぁと思います。

◎上級ポーズにチャレンジするのに大切なこと

何年も前ですが、逆立ちができたらかっこいいなぁって思って三点倒立を練習していた時期がありました。

三点倒立は、手と頭の三点で立つものです。組んだ手を後頭部に添え肘と頭で立つ『ヘッドスタンド』もあります。

形だけ上に上がれるようになっても、なんで長い時間立っていられないんだこのヤローって感じで、「ヨガは執着を手放すモノですよ」って文章を目にしても、できるようになってから言うからかっこいんだバカヤローって、若干 腰が痛くなってもやって、執着でしたねぇ。典型的な「ソレはヨガではない」と言われる状況です。

まずいことと言えばもちろん、腰がちょっと痛くなったりバランスにガタガタ震えながらも体の感覚を無視し、とりあえず手と頭でまっすぐ立とうとしていたことですね。

まず三点倒立をひとつのゴールときめたなら、自分を観察し、三点倒立に足りないものを把握して、必要なモノを考えることが必要でした。

例えば腰や首を守るためのコアトレをヨガ以外でもしたり、腰が痛くなることを分析したり、そもそもなんで逆立ちしたくなる心身なのか?と深いところに目を向けるべきでした。

三点倒立の過程のなかで、自分を感じることを疎かにしていたなぁと。

(形が一応できてから、気持ちに余裕が生まれて深く見るようになりましたが、過程にこそ自分を知るチャンスがあり、体の感覚を無視することはケガのもと…って当り前ですね)

ソレこそヨガですべきと言われることで、やさしいポーズで充分自分の感覚や体のことに気づく練習ができてから向かわないといけないものだと思います。

今となって、今回のハンドスタンドも含めて逆立ちができるようになってよかったことは、逆立ちをすると楽しいことですね。あとは内臓下垂ぎみのわたくしには気持ちがいいです。

◎何のためにするのか?

何のためにヨガをするのか?

「気持ちいい時間を持ちたい」「今日の自分をポーズを通して確認したい」「終えたあとの気持ちよさがほしい」

そんな自然な思いが「毎日しないといけない」「毎週通わないとダメだ」といった『〜しなければいけない』にいつのまにか変化していることがあります。

インストラクターであれば『アレにもコレにも専門的でないといけない』思いから色々やった結果、「もともと何のためにしているんだっけ?」と疲れ果ててから気づくことがあります。

いっ時のわたくしがそうでした…。

経験が長くなればなるほど、何のためにしているんだっけ?と振り返る瞬間があってもいいのかもしれません。

わたくしはヨガは自分を一歩ひいたところから見るためや癒しのためでもあり、心身の柔らかさを取り戻すためでもあります。

ピラティスは、生きている限り自分で歩きたい、走りたいからです。あとはどこまで成長できるか知りたい気持ちもあり、まぁ、こちらも楽しいからですねぇ。

体のことを学ぶのは、レッスンの安全性のためはもちろん、自分自身いくつになっても50肩などにならずヨガをしたいしレッスンをしたいためです。

実はわたくし今は、インドヨガ哲学の深い話が、ちょっとニガテなんです。そのぶん今は、呼吸やポーズといったあたりを、たっぷり楽しく伝えます。

横向きのシャバアサナ

今週のヨガスタジオアウラのレッスンスケジュールです。◎のレッスンは、じゅうぶんなゆとりがあります。

◆10/6(金)

11:00〜 お昼の いんヨガ◎

◆10/7(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室 ◎

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス △

14:00〜 ゆるめヨガ◎

◆10/8(日)

全てのレッスンが休講になります。

いつもありがとうございます。今週も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA