【文庫本】なにかいいこと

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →


タイトル:なにかいいこと

著者:服部みれい

励ましてくれたり、癒してくれたり、ビシッと言ってくれたり、元気のでる本です。と思ったらPHP文庫ですね。

わかっちゃいる、わかっちゃいるんだけど、なんとなーくやっていないことを、誰が指摘してくれて「だよね〜」って思ったりしたことありませんか?それで「やっぱりやってみよう」ってなることが。

この本はそんなところがありますね。たとえば

『すぐにやる』

計画したり、段取りをしなくていいということでは決してないのですが、でも「よい」と直感でわかったことはすぐにやりましょう。先延ばしにはしません。何でもすぐにやる癖をもつことは 一生あなたの美徳となるはず。

どんよりした日やリフレッシュデーにパラパラ気楽にめくりたい、小さなお守りみたいな本です。片付けのことや問題解決方法である『ホ・オポノポノ』については数ページにわたってみれいさんの経験と重ねて書いてあり、読んでいてワクワク。

新しいおサイフを買ったわたくしの心に残ったのがこちら。

『卒業式をしよう』

大人にも卒業式が必要です。

固執していた思い込みや習慣、古くなった人間関係。それらを手放す卒業式をしてみましょう。小さな儀式やお祝いをしてもよいですね。完全に卒業できるかどうかは考えないで、「卒業する」と自分に宣言することが大切です。

モノもコトもいっしょだなぁって思います。

わたくしごと、甘いものがだいぶ食べれなくなってきたんです。食べている時はおいしいんだけど。食べたあとに車酔いするような感じになるので、1人の時は週に一度くらい。

けどスイーツが大好きだった記憶があるから、「また食べたい、いつかもっと食べたい!」ってずーっと思っていて。

でもコレを読んで「サヨナラって卒業する気持ちをもつのもいいなぁ」って思いました。かたくなに食べないってわけじゃなくて。というのも、人と話しながら楽しく食べると、体の反応はでなかったりするし。1人のときは、もういいんじゃないかなぁ?って未練とサヨナラする感じ。

…ステキな本だったので、みれいさんの本、他にも読みたくなりましたね。わたくしの好きなカフェのブログに、みれいさんの『あたらしい食のABC』がすごくおもしろいって書いてあったので読んでみたいです。

余談。あたらしいおサイフ


さて
今週末の、ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスン情報です。

◆10/28(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室 残1名様

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス △

14:00〜 ゆるめヨガ◯

◆10/29(日)

10:30〜 朝ヨガフロー キャンセル待ち

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス◎

いつもありがとうございます。今週もどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA