【ごはん】日常にスパイスを

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

毎日の料理に使うスパイスといえば、コショウで生姜?なーんてッ。

読むのをやめようとしているそこのあなたッ!!ここから刺激的なスパイスのご紹介ですよッ!!

クミンシードを知っていますか?


「カレーをスパイスから作るのが好き」という、ややマニアックな方には馴染みあるスパイスです。

が、カレー好きさんだけにとどめておくのはもったいない!すごくいい風味を出してくれるんです。

◎そもそもクミンシードって

エジプト原産のセリ科の植物の種です。インドではカレーを作るのに入れられるメジャーなスパイスの一つがゆえ、クミンシードも辛いイメージを持たれることがありますが、クミンシード自体に辛味はありません。薬味という言葉がよく合う強い風味とほろ苦さ、ハマる人はハマりにハマる芳香であり、食欲を増進させるともいわれます。

◎どう使うのか

香りの好き嫌いは人によりますが、おしゃれなハーブのノリで使うと肉や魚によく合うのはもちろん、野菜だけの炒めものも、美味しくしあがります。

油をフライパンにしいて、2、3分シードを弱火でコゲないように煎ってから他食材を入れるとまろやかな風味に、逆に後半に入れると異国情緒あふれる強い風味に仕上がりますのでお好みで。

わたくしのようなスパイス初心者は、とりあえず先に煎るほうを試してみるとよいでしょう。

使い方は、例えばこんな変哲も無い野菜炒めにクミンシードを効かせるだけでいいんです。


この日はクミンシードにごま油と塩。オリーブオイルにも合うし、塩だけでなく醤油味にもよく合うのは意外でした。

◎使うときココをみる

クミンシードは温かいエジプトが原産であるだけあり、発散させる力があります。消化、お通じを促す、解毒作用があると言われることにも通じますね。

暑い土地で体にこもった熱を発散させるのに納得のスパイスというわけです。

なので日本でも暑くて汗を出したいとき、モヤモヤをスッキリしたいとき、重めの肉料理を食べるときなんかは、美味しく感じる人も多いでしょう。

次は逆の話しですが、例えば寒い北国に住む冷えがちな私が南国のクミンシードを「うめー、毎日ガバッと使わないと落ち着かなーい!!」みたいになったら、それは何かヘンなサイン。

肉や魚を食べすぎてエネルギーを発散させたいのかもしれないし、ストレスをかかえているのかもしれない。

そんなときは「南国のスパイスを毎日食べたくなるのは原因は何か?体は元気か?」と振り返るとどうでしょう。肌アレや便秘、慢性の疲れや肩こりといった『ちょっとした不調』と、毎日食べ飲みしたくなるものと何気ない生活習慣とが繋がることが多いので、元気になるヒントが見えてきます。

わたくしごと、座りっぱなしの会社員の頃、よくお腹を壊していました。腸にイイらしいし…ってそこにクミンシードを食べたら更に壊してしまいました…。わたくしの場合、弱っているところにスパイスを入れて更に発散させて冷えてしまったんですね。

詰まっていたものを下してスッキリしたわけではなく、栄養になってほしいものもサヨウナラしてしまう感じで、ヘタッとなってしまいました。

クミンシードに限らずですが、合う合わないは、ひとによって違うよなぁと、お腹を壊していた時代は特にヒシヒシと感じました。

このあたりのお話しは長くなりそうなので追い追いの機会にでも。

スパイスも、オーガニックはスッキリした後味と深い風味で、きりりと美味しいんです♪

せっかくならオーガニックスパイスを、ぜひお試しあれ。

最後に大通の『粋ラボラトリー』さんのカレーランチをどうぞ〜 食テロってやつでしょうか


さて、今週末のヨガスタジオアウラのレッスンのご予約状況です。
◎11/11(土)

12:00〜13:00 ヨガスタジオのピラティス △

14:00〜15:00 いんヨガ キャンセル待ち

◎11/12(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフローキャンセル待ち

12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA