【ヨガ】ヨガブロックの使いかた(リラックス編)

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

ヨガブロックを知っていますか?


いろんなポーズをするにあたり、支えや重りなどに役立ってくれる道具です。今回はこの、ヨガブロックの使いかたのご紹介をしたいと思います。どうやって使うかは、アイデア次第で何百通りにも!

◎座る


ブロックを2つ並べた上に座ると、骨盤がスッと起きてその上に背骨が伸び、疲れづらい姿勢になります。ブロック1つでもできますが、2つあると、えもいわれぬ安定感です。ちなみに「あっ 座りやすっ」の座った瞬間の表情です。

◎ほぐす


ブロックの上に脚乗せて、ユラユラーッとすると、ふくらはぎのマッサージになります。こういうことをしてみて初めて「硬ッ」って気付いたりするものです。あぁーって顔をしています。

◎ねじる

背骨のねじりに使ってみます。1つを枕に、もう1つを片手に。ポイントは座骨と頭頂を遠ざけ、長さを感じながらねじります。

頭の下はなくてもOK牧場ですが、胸周りが硬い方はあった方が息がしやすいことがありますので、どちらがいいのか試してみるといいです。

ブロック&手は、頭上だと肋骨の伸びが感じられ、肩の横に伸ばしておくと胸周りの伸びを感じられますが、普段から猫背で固まっている場合は、肩の横から始めたほうがいいと思います。

手を遠くに伸ばしたところにモノがあるのは、コレを触るという指標になります。ブロックを軽くつかまえておくと同じ場所で数呼吸キープがしやすく、安心感もあります。

◎まえに


硬い方の開脚前屈、骨盤を前に倒す練習です。ブロックの上に座り、手で腿をおさえながら股関節を感じながら、シーソーが小さーくゆれるように前後左右にゆらす。

膝と床にスペースができると膝の負担になるので、手は離さないか膝の下にブランケットを置いて、床との隙間ができないようにします。

◎ひらく


ブロックの高さを変えて体の下に。1つは頭の下、もう1つは胸の下へ。大体、肩甲骨が乗るあたりへ。肋骨から肩にかけての広がりが感じられます。気持ちがよく、ちょっと仕事を忘れかけていますよねぇ。

順番としては、ブロックを並べてから、その上に背中、頭の順に下ろします。この上にブランケットを乗せてあたり部分をソフトにすると角がソフトに感じます。爆睡しないでね

起き上がる時は両手を床にしっかりとつきながらゆっくり起きあがります。

◎スタジオで触れるブロック

ヨガスタジオアウラで使っているブロックは、2種類です。

ヨガワークス

スリア

ヨガワークスはすべすべしつつ滑りづらい質感。スリアはザラッとして少し軽め。

材質はだいぶ違って、軽量でソフト、安価なこちらのタイプも個人的には好きです。スタジオにはないですけど。

枕にするにはいい柔らかさです。軽いので安定感にはかけるぶん、平たく使うときはもってこいです。

…ブロックを始め、ヨガベルトやボルスターと言われるクッションなど、ヨガ用の道具はたくさん出ています。ヨガは本来は体1つでできるものですが、道具を使うことでまた違った体の感覚があっておもしろいものです。

次は何につかう?


さて ヨガスタジオアウラの今週の予定です。

◎11/16(木)

18:30~19:30 いんヨガ ウィズ キャンドル  ◎

◎11/11(土)

12:00〜13:00  ヨガスタジオのピラティス  △

14:00〜15:00  ゆるめヨガ ◯

◎11/12(日)

10:30〜11:30  朝ヨガフロー △

12:00〜13:00  ヨガスタジオのピラティス △

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA