冬の味覚を食べよう

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →


今年も、ちっこのゆるブログをよろしくお願いします。そして戌年ですが、うさぎのとらもどうぞよろしくお願いします。

わたくしごと 2017年の記念すべき最終日は、おせちでもなく蕎麦でもなく、なんとなく

あんこう鍋を食べました。それも初めて。

近所の魚やさんで、身と肝を入手しまして初アンコーレッツアンコーです。


写真はたいしておいしくなさそうですが(緑がないせいだっ)あん肝のコクがたっぷりのスープとそれが染み込んだ具がクセになって、進む進む。

写真のツブツブ浮いているのが、あん肝ですね。

あんこうの身の食感はフルフルし、例えて言うなら鱈に脂がのった感じ。脂がスープに溶け出しているので、身自体はあっさりとした味わいです。

見た目がちょっとキモいなっていうと味噌をまぜまぜして鍋に溶かした汁は、程よい脂と深いコク。

食べ始めて程なくして、驚異の深海魚パワーに驚くことになります。

「生姜を入れ忘れちゃったなぁ」と思いつつ食べ進めると、体の奥からドワーッと熱くなってくるんです。しかもその熱さはジワジワと、ずっと冷めない熱さです。生姜は入れていないし、そもそも生姜の汗が出て引いていく熱さとはワケが違うんです。

◎海のフォアグラ!驚異のあん肝パワー

あんこうは骨以外はほとんど食べられると言われ、古くから言われる一物全体、いわば食べるならまるごと食べるとバランスがとれる、ということが可能な食材ともいえます。

冷たい深海で生きるエネルギーを頂くと、体が温まるのも納得ですが、それも強いエネルギーは、肝臓に集中していた…!

身には栄養が少ないそうですが、深海で過ごすその身は、質のいいタンパク質。

驚くべきはあん肝です。栄養で言うとビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンEと、食品の中でもトップクラスの栄養価で、ビタミンAに関して言うとヌルヌルつながりであるウナギの3倍にもなるそうです。

ヒトにとっては肝臓の大きな役割は血の貯蔵ですが、あん肝には脂肪やビタミンがたっぷり蓄えられています。脂があるので、お腹が弱っているときは元気になってからがいいですが、貧血になりやすい女性や体力のない人には嬉しいことが揃っています。

こう言うと「体にいいんだ」と勘違いされやすいですが「焼き鳥とビールが欠かせず、あだ名がフォアグラ」なんていう中年男性などには必要ないでしょう。

◎あんこうの種類

あんこうの種類は、なんと200種類以上と言われていますが、食用とされているのはキアンコウとクツアンコウの2種類だけ(イラストでも見かけるチョウチンアンコウは実は食べられないのですね。)。

それも主に食べられているのはキアンコウ。雄は雌に比べるとかなり小さいので、一般的に食べられているのは雌だそうです。

なのであんこうの白子はほとんど食べられないということになります。

あんこうは色々食べ方がありますが、人気なのは鍋のようです。鍋のレシピもたくさんありますが、共通するのは、あん肝以外の身を熱湯に20秒ほどくぐらせ、ぬめりを落としてから鍋に入れることです。

寒いうちに一度、あんこう鍋をしてみませんか?

今回、鍋が「おいしいっ!」と感じたのは、寒い北海道で食べたからなのかもしれません。また冷え込む日は、アンコールしたいなって思いました。

なんちゃって〜

本物のフォアグラ↓

さて札幌ヨガスタジオアウラの、いとうちっこの今週のご予約状況です。

◎1/3(水)

🆕✨9:00〜10:10 早朝ヨガフローとヨガニドラ ◎

10:30〜11:40 朝ヨガフローとヨガニドラ キャンセル待ち

◎1/5(金)

11:00〜12:00 いんヨガ ◎

◎1/6(土)

10:30〜11:30 やさしいピラティス ◎

12:00〜13:00 ピラティス ◎

14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎1/7(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

◎1/8(月)

10:30〜11:40 朝ヨガフローとヨガニドラ 残席1名様

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムではブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨

よかったら、フォローもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA