スクワットをしよう

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

年明けに気がつく… 年末年始、たった二日間なのに色々と食べていたら、出る腹&垂れる尻。これはなんとかしなければ!とずいぶん助けられたのが、スクワット


足を腰〜肩幅に開き、膝とつま先の向きを揃えておく。

息を吐きながら、坐骨が開くのを感じながらお尻を後ろに引いていく。股関節に、細い棒を挟めるくらいの気持ちです。

呼吸は、吐きながらおしりを後ろへ、吸いながら戻ってきます。戻るときばかり早くならないように気をつけます。丁寧にやりましょう。

↑もうすこしアゴをひいて、頭の後ろから背中に長いポールを乗せられるフォームがいいですね。

私の場合は猫背で腰が丸いタイプなので、お尻をしっかりだすようにしています。反り腰の場合は、お腹の奥を感じながら腰ばかり反っていかないように気をつけます。

スクワットで言われるのが、「膝がつま先より前へ出ないように」ということです。つま先や膝、前腿ばかりに体重を感じるのはお尻がじゅうぶん使えていないときで、まだお尻を後ろに出してもいいはずです。前腿よりは、お尻や腿裏や内腿に効いているのが感じられます。

◎見よ!スクワットの驚くべき効果


今回の画像のため、15回から20回ほどスクワットをやってしました。お尻の上がり具合に大きな変化があり、うさぎも驚いて振り返っていますね。

全体的に前体重で頭が前に出ていたのが、だいぶ中心に戻ってきました。スクワットでは前に傾いても姿勢を保つ力をつけるため、前後で比べると姿勢もよくなっています。

最後に、恥を覚悟でさらします。年明けに、ブログの撮影をしようと横から撮ってみると、ひどい姿勢とお腹の出具合に「コレはちょっとやそっとじゃ変わらないだろ…」と撮影をやめたとき写真と、今回の写真を比べてみます。


一番左が、年始です。何をそんなに前のめりに、しかも腹の出具合…。こんなんでピラティス教えているなんてやばいだろ!と焦ったときの10日くらい前の写真です。

コツコツ練習する日常に戻ると真ん中の写真くらいに戻りますが、動いたあとはやっぱり変化を感じるしスッキリするのが楽しいですね。

自分で撮影してみると、おもしろい違いがあるかもしれません。

…一番じょうずに入ってきたね、の写真。

さて札幌ヨガスタジオアウラの、いとうちっこの今週のご予約状況です。

◎1/13(土)

10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ピラティス キャンセル待ち
14:00〜15:00 いんヨガ ◎

◎1/14(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー 残席1名様
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムでは、ブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA