【札幌円山ヨガスタジオアウラ】2018年5月第3週

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

2018年5月第3週のレッスンが終了しました。

この週は土日で6つのレッスンがありました。前の週に久しぶりにピラティスに来られて、この週も引き続きピラティス来てくれたお客さまが「先週、1ヶ月ぶりにピラティスに来た翌日に会社で椅子から立つのに、『うぉぉ』ってなりました」っていう、週明けあるあるを教えてくださいました~。
しかもちょっと嬉しそうに見えたのは気のせいではあるまい・・・(笑)

この週の『ゆるめヨガ』では、いつもはピラティスに参加の方が久しぶりに『ゆるめヨガ』に参加してくださいました。

ヨガではポーズをとったまま数呼吸続けます。ポーズで静止して動かず呼吸を深くするので、自分の硬さなど体のことに気づきやすいです。

一般的に運動をすると、呼吸まで意識することは初心者には難しい場合がありますが、ヨガは静止しているポーズのなかで息を最後まで吐ききることを意識できます。

呼吸がしっかりできると体の中がキレイになるので、スペース的にはマット一枚のなかで過しただけなのに、体がかなりスッキリします。

そのせいか、そのお客さまは「久々のヨガ、とても気持ちがよかった~」と癒やされた様子でお帰りになったので、よかったです。

また別のお客さまは、今回はヨガだけど「やったことのないピラティスも気になっているので、次回はピラティスで」という方もいて うれPYっ。

ヨガとピラティスの違いはいろいろありますが、自分の体を観察して動いていく点は一緒で、動物として動けるキソの部分を整えるという部分も一緒です。

一般的にヨガは『○○ヨガ』っていろんな種類がありすぎるので一概に言えないですが、私が紹介するヨガは、そんな意味をもってやっています。

ヨガでは精神的な部分を言われることも多いですが、とりあえず身体がゆるめば心もゆるむので、私の場合は「ヨガは固まった身体をゆるめ筋力をつけるため安全に身体を動かしていく」ことを前提に内容を考えています。

ヨガの哲学といった精神的な部分の話は、1時間の身体を動かすレッスンでは、いいかなって。

身体を動かすレッスンなので『ヒトがどんな仕組みで、どんな動きをするにはどんな理由があるか…』といった身体のことを指導者が知っているのは当たり前のことで、そんなとこを調べ続けてみると、哲学の細かい部分まで興味が湧かないのが正直なところです。ヨガって深すぎるんですね〜。

私の場合は身体を動かすレッスンをするのに、身体のことを知らずして哲学を語ることは「うーん」と自分に納得いかないので、そっちは伝えられないですねぇ。

それでも、欲を出さないときは結果としていい結果がやってきたり、いい集中力はいい仕事を生み出したり、「ヨガで言われてるコトそのままだ」っていうときがあります。

とりあえず、そんなことを言っていられる野垂れ死ぬことのないイマの環境ってありがたい。生きるか死ぬかになったら、なってみないとわからない欲が出てくるかもしれないですからね。

私はうまく伝えられないけど、ヨガの哲学や瞑想の部分も「もっと深く知りたいっ」という方にオススメの本がありますので別記事で紹介したいと思います。

人生経験豊富になる高齢になると、自然と人それぞれの哲学があるのかもしれないなと なんとなく感じるこのところ。

さて

経験と骨密度が豊富な老婆をめざす いとうちっこの スタジオアウラ 5月3週のレッスンご予約状況です。

◎5/24(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

◎5/26(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 いんヨガ △

◎5/27(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 オールレベルピラティス ◎

今週土曜日の26日14:00〜 いつもは『ゆるめヨガ』ですが『いんヨガ』になっています。

6/3(日)全てのレッスンが休講になります。
今週も、どうぞよろしくお願いします。

…立つと耳が広がり、聞こえやすくなるそうです。(垂れ耳 談)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA