【本】白いしるし

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:白いしるし

著者:西加奈子

ニャンコの後ろ姿に惹かれて購入〜♡

自分のもやもやとした、でも確実にある「思い」を、ぴたりと言い当てる「言葉」を考えつかない。
無理に言い表すと、そこで僅かでも齟齬(そご)がうまれるから、言葉を使うことを手放し、それを絵画や、音楽で表現するのだ、と皆は言った。

絵を描きながらアルバイトをする32歳女、夏目。
さんざんエネルギーを使う恋愛はもういい…はずだったのに、恋愛はするものではなく落ちるもの、とばかりに芸術家の間島と衝撃的な出会いをしてしまい、お互いの作品にひかれあう。

どうにもならないところで惹かれる苦しさや目まぐるしい感情と状況が、夏目や間島の描く、絵と使う絵の具の色とがリンクして、目の前に鮮やかな色彩が広がってくる。そして後半は、夏目に間島を紹介した瀬戸の話が、思いのほか色濃く出てきた。(「おいおい、瀬戸、瀬戸〜!」ってなってしまった。)

私の感想。ただの恋愛小説じゃないな。
この本のストーリーのように、秀でた芸術家が独特で圧倒的な『やみ(闇・病み)』を持っていることは多い。←と個人的に思う。
それも強い魅力となって、その作品しかり芸術家本人しかりが熱狂的に(けれど割とピンポイントに)ファンを惹きつけることは、よくあることだと思う。
ファンという言葉が合うのか迷うほど、恋愛を通り越して狂おしいほどに(生活を変えて自身を差しだしてしまうほど)芸術家と作品に酔いこまれることは、よく聞く。

なんとなくそんな世界の雰囲気を感じていた頃もあり、絵は今でも大好きなので、この物語は楽しかった。
逆に共感できないひとには、ドロドロとした世界にすら感じるかもしれない。
そんな世界がライトな大阪弁で淡々と進むのは、独特なおもしろさになっていて楽しかった。

「恋愛モノは読まないんだよね」っていう人も、絵とか写真とかモノづくりといった芸術が好きな場合は、私のようにグッと入りこめる本かもしれない。


個人的なツボは、物語の中で、油絵の具の種類の名前まで出てくるところ。
間島が好んで使う色で『ジンクホワイト』という白色の絵の具が出てきます。
私は油絵を描いていた頃、ジンクホワイトの、ふわふわとした質感が好きでした。なので間島と同じように、こればかりを使っていたことを思い出しました。
物語には出てこないんですが、油絵の具に『チタニウムホワイト』っていう白い絵の具もあります。
ベタっとした漆喰のような質感で、ジンクホワイトとまた違う魅力があって、使い分けるのが好きだったんですよね〜。
雲を描くときはジンク、光や壁を描くときはチタニウム、というかんじ。

というわけで、

最後は私のノスタルジィトークになりましたが、感性磨かれる秋の夜長の季節に読むのもいいんじゃないでしょーか。

油絵は定年後に再開したいと思ってます(←いつ )。

そうそう、この本はブックオフで買ったんですけど、買ってからよく見たらどっかの図書室のハンコが押してありますね。

スタジオに置いたら、私がパクってきたみたいになるからどうしようかなって思っています。

さて

札幌ヨガスタジオアウラ

小心者 いとうちっこのレッスンご予約状況です。

◎8/18(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◯

10:30 〜 11:30 やさPピラティス△

12:00 〜 13:00 たのPピラティス◯

◎8/19(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー◯

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

▪️お知らせ▪️

好評につき♡朝活ゆるめヨガ継続!

8月に開講している土曜日9:00〜朝活ゆるめヨガが好評なので、残りの8/25と、9月も9:00〜開催することになりました。

ただし、9/8(土)は14:00〜いんヨガを開講します。

◎たのC Y❗️mayumiの代行朝ヨガフロー

9/2(日)10:30〜 ちっこ不在につき、mayumi (まゆみ)(アウラ金曜日レッスン担当)の代行レッスンになります。

小さな動きで体をゆるめ、徐々に大きな動きへ!汗がにじむチャレンジなポーズもお楽しみください。

レッスンでの伝え方は、私と似ている部分があるのでリラックスして受けて頂けると思います。

回数券も使える、リピーター様限定レッスンです。ご予約は、ちっこまでお願いします。

…今週も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA