【本】ちっこ文庫

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

ちっこのゆるブログをご覧の皆さまこんにちは。
この1週間、アメリカからアクセスがあります。
ナイスアクセース!

◎ちっこ文庫

スタジオに、私の読んだ本を置いています。

読んでおもしろかったり、後味がよかったり、あったかい結末だったり…というものを置いています。

停電時昼間の読書のすすめ

今回の北海道地震の停電のとき、停電のほかは大きな被害はなかったので、とっておきの文庫本を読んでました。

水を運んだりおにぎりを作ったり…何かしないと不安になって、つい動きまわりたくなるんですが、不安からの行動は、あとからどっと疲れが出てきます。

そこで災害グッズの中に一冊!まだ読んでいない、明るい雰囲気の文庫本を災害時に開くと不安から離れられ、すごくいい気分転換になります。

することしたら、ムダに考えすぎず動き回らず、電気を使わなくて済む好きなことして過ごす!そんなふうに割り切れると、1日くらいの停電は乗り越えられるんだなって思いました。

強い揺れが多いと、そうも言っていられないかもしれないけど。

それでも現実から一瞬でも離れる時間は大切で、心身がすごくラクになるんですね。

集まってワイワイもいいなぁと思うんですが、長らくワイワイするとエネルギーを発散して疲れるタイプの方もいますからねぇ。私ですけど。

今回、停電時に集合した3人は、各自で本を読んでましたね(笑)。

私は文庫本を読みましたけど、瞑想でも編み物でも『多少の環境でも、つい集中するくらい好きなこと』って普段からあるといいなって思いました〜。

もしそんなのがなければ、するといいのが自分の体の観察ですね。

たとえば。仰向けになって手でお腹を押し、硬いところを柔らかくするべく深呼吸…。「ここって骨じゃないのに、なぜこんなに硬いの?」っていう目線で触っていくと、お腹が動いてホッとします。ふだんの緊張に気づくことができます。

さて

話は戻りまして、スタジオの『ちっこ文庫』に久々に数冊を追加しました。

『ダーシー・バッセルのやさしいピラティス』は、でかいので文庫コーナーの後ろの棚に入れました。

重たいので、おかけになってパラパラ〜っと読むといいですよ。

さて

ヨガスタジオアウラの

いとうちっこの やさPピラティス もよろしくねっ

2018年9月第3週のレッスンご予約状況です。

◎9/15(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス

12:00 〜 13:00 やさPピラティス 受付締め切り

◎9/16(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席1

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ 

今週も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA