【トレーニング】段差を見つけたなら

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

段差を見つけたなら体幹はもちろん、お尻と腿をしっかり使うトレーニングでshow!

というわけで セルフシャッターを握りしめ

自撮り in 海 !

でもっ。

もし当ブログを参考にして怪我などされても、一切責任は負いません。

●腿上げ

順番は、左の写真から。

片足を台に乗せます。

踏み込む力で反対の腿を高く上げます。

上げたところからゆっくり元の場所に足を下ろします。

✏️ポイント✏️

✅軸足のニュートラルのチェックポイント

常に腿の中心〜膝〜爪先の中心線で揃えます(真ん中の写真は、スネがチョット外にでてしまいました)。

足の小指の付け根と親指の付け根(カカトもね)、両方踏み込ませます。親指(小指)側ばかりに体重を感じたら、ニュートラルが崩れています。

✅背骨のニュートラル(S字カーブ)のチェックポイント

🆖❗️上がる瞬間、腰にくる

腰が丸まっているかもしれません。動きの中で常にニュートラルな背骨をキープして。

🆖❗️腿を高く上げた時に、軸足のお尻周りや腿裏の力が抜け、前腿が伸びる感じがする

骨盤を前に押し出すことでバランスをとり、お尻や腿が使えていません。上に伸びる感覚を意識します。

✅動きをコントロールする

反動にまかせないようにします。

腿を上げる時も、上げた足を降ろす時も同じペースで動きます。

お尻と腿の使用感を意識すると、上げる時の「よいしょ」「ストン」を減らすことができます。

●腿上げバリエーション!後ろでクロス

腿上げで、お尻と腿がしっかり使えるようになったら!のバリエーションです。

グラグラ度が上がり お尻と腿を使えないと膝に負担になるので、膝に痛みなど不安がある場合はおススメしません。

ポイントは最初の腿上げと同じく体のニュートラルを意識し、足を降ろす最後まで、お尻でブレーキを効かせるイメージで元の場所に足を下ろします。

さて

11/11(日)mayumiさんの代行レッスンにお越し頂き 皆さまありがとうございました〜。

というわけで

次の週は復活するよ スタジオアウラの

休暇中といっても カモンベイベー ご予約 の

いとうちっこの2018年11月第3週のレッスンご予約状況です。

◎11/17(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎11/18(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

にゃん。↓フライデー風

今日は本屋さんに行ったんですけど、たくさんの本に囲まれていると感化されて「ハァ〜スゴい人になりたいっ」ってチョット思ったんですけど 結局コツコツすることっしょって頭の中でひとり言を呟くそんな日曜日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA