【ヨガのめ】2018年12月号

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

ちっこのゆるブログの読者のみなさん こんばんは。

ブログを書きたいんですけど役に立つ話も浮かんでこない サースデートゥナイトです。

私ごと

今週は、『ヨガのめ』を書いています。レッスンで毎月お渡ししている、お手紙フリーペーパーです。

体の豆知識やレッスンでのおさらいや、お知らせなど…。もはやヨガに特化したことをあんまり書いていないのに、『ヨガのめ』。

12月号でボリューム92号。遡ること8年近くまえから書き始めました。忘れもしない、区切りがいいからと4月号から始めたんですよね。

時期はヨガのインストラクターの新人として、札幌ヨガスタジオ ヨガ・シャラでレッスンを初めて丸1年がたったとき。ヨガは副業だったので、新人の意識はまだまだあったころです。

1時間のレッスンではもの足りなさを感じていて、それを補うように伝える方法はないかな?それも押し付けることなく…と、そこで浮かんだのが手紙でした。

初めてのヨガがタネならば、芽になるような、目の付けどころのいいお話を!というコンセプトで、毎月レッスンに来るのが楽しみになるような手紙を書こう!と決めたんです。

当時、『開化』という名前のブックカフェに通っていました。(膨大な本を見つつご飯とコーヒーを楽しむために…)

そこで、折りたたまれた手書きのフリーペーパーが置いてあったんです。

小さなA4用紙の中にギッシリと手書きで詰め込まれた、今月のオススメの本のこと、コーヒーの話とか。A4用紙のなかに広がる店主の小宇宙!

それこそヨガのめの原型なわけですが、デザインを生業とする店主の冊子は本当に可愛らしく、私が8年書き続けてもかなうものではありません。

8年書き続けて少しは読みやすくなったかな?とも思うけど、開化の冊子は永遠の憧れの存在というかんじですね。(今は持ってないんですけど)

(これはヨガのめ↓)

それにしても、8年も毎月休まずに、よく続けているな〜と思います。

ときおり「100号目指してがんばります〜」なんて言っていたんですが、100号がもうすぐ前。

毎月書いてきた=レッスンを受けに来てくださった方々に支えられてきたということなので、原稿用紙をみるとそんなありがたさがこみ上げてきます。

レッスンをする場所など環境は大きく変わっても、ヨガそしてピラティスも加わりレッスンをし続けてきたんだな〜って。ちょいちょい1週間の休みは頂いていますが、ひと月ほど休むことを思いつかなかったって、よっぽど好きなんだな〜って。

そして書き初めた当初は8年後に、まさか うさぎと暮らしているとは思いませんでした〜。

そろそろ浸っていないで12月を今週末のレッスンに、まにあわせなければ…。

というわけで

スタジオアウラの

手書きはスポーツだ!文化系 いとうちっこの

2018年12月第1週のレッスンです。

◎12/1(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス △

12:00 〜 13:00 休講

◎12/2(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◯

※代行 mayumi

12:00 〜 13:00 休講

日曜日の朝ヨガフローは代行講師になります。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA