【ちっこ文庫】星がひとつ/名作コピー/瞑想法

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

治療院の待合の文庫コーナーに、3冊追加しました。

お正月の読書にいかがでしょうか?

『星がひとつほしいとの祈り』

どれもご紹介したいくらい暖かい短編集。いつも長編を読む人も、楽しめるお話の濃さだと思います。

『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方』

文章を書かない人も思わず「うまい!」と膝を打つキャッチコピーが目白押し。

訴えかける、日本ペットフード広告。

「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」

その下にはこう続きます。

「いつかはいなくなる。でもそれまでは、すごく生きている。すごく生きているよ。」「犬たちは、あなたを悲しませるためにやっては来ない。あなたを微笑ませるためだけにやってくるのだと。」

犬のみならず、動物と暮らす人にはきゅんとするんじゃないでしょうか。

余談、勝手に うさぎ にすると、

「いつかはいなくなる。でもそれまでは、すごく掘る。障子も破くよ。」

ってとこですかねぇ。

もう一冊の『やさしい瞑想法』は、その名のとおり気軽にできる瞑想のしかたや、瞑想についてアレコレが書かれています。

背表紙にうさぎのキスマークつきですが、よかったらお読みくださいませ〜。

先日のイベントレッスンで、5分ほどですが瞑想の時間をとりました。

陰ヨガの後だったんで、眠い方にはツラいかなとの思いから少しの時間でしたが、割と皆さんスッとした気持ち良さそうな姿勢で、素晴らしかったです。

昔、ヨガ仲間と瞑想をしていたとき、私はすぐに前後にガクガク白目をむいていた落第生だったので、今回の皆さんの集中っぷりはすごいなぁと思いました〜。眠りを誘うヨガのあとなのに。

1分でも瞑想することに慣れると、心にスッと風が通るようなリフレッシュになります。

大げさに聞こえるかもしれないけど、どこにいても目を閉じれば落ち着く空間になるんですよ。

で、「頭のヒフ、硬っ」とかわかると、フッと緩むんですよね。

というわけでメリー瞑想クリスマス。

さて

スタジオアウラの トナカイ似のうさぎと暮らす いとうちっこの

2018年12月第5週目 年末スケジュールのご予約状況です。

◎12/29(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

◎12/30(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス 残席1

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

いつもありがとうございます。

今週末も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA