【旅書】TraveLife

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。

タイトル:TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと

著者:本田直之

青い表紙が目をひく一冊。

◎未知との出会いから人生の選択肢を増やす

未知が多ければ多いほど選択肢は狭まってしまう。
自分の可能性を広げるには選択肢をふやすこと。
その最良の策は未知のものと出会うこと。
そして未知のものに出会う一番簡単かつ効果的な方法は、旅である

未知を知るには本を読んだり人から話を聞く方法もあるけれど、労力も時間もかかってしまう。
手っ取り早いのが旅にでること、とのこと。
本もおもしろいけど、現実の新しい世界が目の前にバンバン入ってくる旅は、他と比べものにならない未知との遭遇。

知らないことを知ると、自分の小ささを知って謙虚になりますよね。
自分も含め、人がいるだけの価値観があると肌で知れば、諦めを通り越しておもしろくさえ感じるかもしれません。
経験値のあがった大人こそ、旅に出たほうがいいのかもしれませんね。

◎偶然を活かせる体質になる

旅はトラブル続き。計画通りに全てが運ぶとは限りません。
トラブルとは隣り合わせのこの世の中で、旅はその準備運動になるという発想が書かれています。

昨年のことですが、北海道じゅうがまる1日停電する日が人生の中で起きるだなんて思いもよりませんでした。
ビックリし、ふだんはわりと計画が好きの、融通がきかない自分がそこにいました。

バックパックで海外へヒョイと出かける人たちの、小さいことは笑い飛ばしてしまう大らかさは、そこと通じているんですねぇ。

◎旅を100%活かすために必要なこと

「旅したときにメモをしなければ、旅した意味がない」

何を自分は感じたんだろう?
何をここから学んだんだろう?
何を活かしたいんだろう?
まずはじっくり考える。そこで終わらせず、何を感じて考えたか、ひと言でもいいからメモしておく。たったこれだけで、その旅の価値は劇的に上がる。

ひとの思考はめまぐるしく変化します。
どんなに感動した景色でも、日常に帰ってくると全く同じ感情で思いだすのは意外と難しいもの。
そこでひと言でも書くことは、自分の中にはっきりと刻むことができる作業です。
著者はおすすめの書く時間として機内を挙げていますが、私はつい爆睡してしまうんですよねぇ。

◎旅に出たくなった!

あちこち行けるのも、「行きたい」と意欲がわくうちだけ。

もし親が旅行に行こうか迷っていたら、今まで以上に行くことをすすめたいと思いました〜。

自分の場合、海外は一度しか行ったことがありません。
東京や大阪へ行くだけでも世界が広がるのを感じるので、海外へセミナーを受けに行くことが小さな目標ですねぇ。

さて さて

スタジオアウラの
免許も英語もペーパー状態 いとうちっこの

2019年6月第2週のレッスンご予約状況です。

◎6/6(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎6/8(土)
9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎6/9(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA