ニュートラルポジションを身につけよう

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。

◎標準を知る

姿勢にも標準があります。

ピラティスなどで「ニュートラル」と言われる体の配置です。

頭が前に出ると首が詰まります。なので頭は前に出ない方が体にやさC。そんなふうに「どこかが疲れない理想の骨や筋肉の配置」がニュートラルポジションです。

立ってニュートラルを取れるのが最終目標で、まずは仰向け姿勢で練習する、それがピラティスのニュートラルポジションです(と、私は説明してます)。

◎骨盤と腰の位置

骨盤の左右に触れる骨があります。上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)、ASISと言われる部分です。ASISと恥骨を結んだ三角形が傾かず床と平行で、腰の下に手のひら1枚のスキマが入ること。

スキマが広ければ普段から反り腰姿勢、スキマが狭ければ腰が丸くなっている可能性があります。

細かいことはさておき、坐骨で立った骨盤の上にS字カーブの背骨が積み上がっているイメージを想像するとナイスです。

◎背中と頭

胸を引き上げると背中が反りたくなりますが、背中は床につけたまま、そっと胸を引き上げます。

もしアゴが上がっている感じがあれば膝掛けなどを枕にします。

◎ニュートラルポジションでトレーニング

仰向けで確認した骨盤と背骨のラインで四つばいになるだけで体幹のトレーニングになります!

「四つばいになるだけ」といえど、重力に負けないように背骨のS字カーブを作ろうとすると全身を使う感覚があるはずです♪

この要領でいろいろな体勢になってみます。

これでバランスが取れたら、手足をブンブン動かしてキープするとさらに負荷の強い体幹のトレーニングになります!

ニュートラルって、ちょっとかっこA響きで気に入ってます〜。

さて〜

スタジオアウラの

スキマから ニュットデルうさぎと暮らす いとうちっこの

2019年6月第3週のレッスンご予約状況です。

◎6/15(土)
9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◯

10:30 〜 11:30 たのPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 やさPピラティス 残席1

◎6/16(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ ◯

ニュッ

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA