【ヨガ】床にラクに座るには♡

札幌 中央区 大通 西区で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 円山の少人数制 スタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。

ヨガってあぐらで座ることが多いですよね。

足を手で引き寄せないと座れないくらいの、股関節が硬いひとには拷問なんですよ…。

スマホを開けばヨガでも何でも動画で見れて便利な時代。とはいえムリに先生と同じポーズをしないことが大切で、その1つがあぐらです。

背骨はS字カーブを描くのが自然な位置です。

外からのショックをいちばん吸収しやすく、背骨がいちばん丈夫でいられる位置とも言えます。

しかし!床にそのまま座ると、カーブが崩れやすくなります。股関節と腰椎のカンケーとして、股関節が曲がると腰椎も曲がるリズムがあるからです。

床に座ると股関節が90度屈曲するので腰も屈曲しやすく、S字カーブが崩れやすくなります。

さらに寝ている時と違って上からの圧力があるので、負担がかかりやすくなります。

さらにあぐらは股関節を外旋という外に捻る動きが入るので、コレがニガテだと膝が上がります。

膝が上がると骨盤が後ろに行きたくなり、腰が頑張ります。結果、膝の関節や腰が痛くなってくる…。

とりあえずの対策は、右画像のようにお尻の下に高さをつけることで、ラクになります。

股関節が硬いのに、対策なしにユーチューブの柔らかい先生と同じく「気持ちよく脇を伸ばして〜」とやっても、気持ちよくないわけです。S字カーブが崩れて胸が上がらないから、首と肩も詰まりやすい。

お尻に高さをつけてもしっくりこないとき、とりあえずの代案は膝を開いた正座をすることです。

S字カーブもキープできるし、膝を開くことで横ゆれにもグラつきません。

正座も、体脂肪で脚に厚みがあってできない・正座で痛みがある場合はその改善を考えた方がいいかもしれません。

で、もとからの股関節の形状で、あぐら自体が体にとってよくない人もいます。

ただ、レッスンで紹介しているような股関節の外旋を助けるストレッチやトレーニングで、かなりラクにあぐらができるようになるケースも多いんですよね。ただ硬くて弱かったケースですね。

なので、根性であぐらを続けて修行とか思わないでください😂

あとは、まぁ私のやり方なのでいろいろ考え方はあると思います〜。

でも、自分の考えを言わないと何も始まらないって思うわ。※アメリカ風 ← イメージ

さて

スタジオアウラの 渡米経験なし いとうちっこの

2019年8月第5週/9月第1週 レッスンご予約状況よ。※アメリカ風 ← イメージ

◎8/31(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス △

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎9/1(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス◎

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

※◎印の全てのレッスンに、1名以上のご予約があります。

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

先日、初めて来られたお客さまに(ちっこの)「ブログがツボるんですよね!」といわれました。

毎度のことながらブログのことを言われると、嬉しさ+恥ずかしさ=笑うしかない ∞ つまらない人間でごめんなさい。

ブログを見返すと、おいっ!誰だこのバカはっ おっ 自分かこのヤローバカヤロー ってなりますね。

当ブログへの訪問人数が少ないので、振り切れちゃってる部分があるんだと思います。

が、コレを見ても新規のお客さまが来てくれるって素を見ているってことだから、まぁええかって思っている最近です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA