【今日のことば】小さな箱から脱出する

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

まだ読んでいない本で『小さな箱から脱出する方法』という本があります。箱ってうまいこというなぁって思いました。わたしにとっての箱、箱の考えかたを書いてみます。

◎箱とは?


『箱』とは小さなコミュニティのことかもしれないし、自分の思いこみかもしれない。世界中を飛び回る人からすれば、日本だって箱に見えるかもしれません。

箱の概念は人それぞれで、箱の中でもがいている人を外から見ると「早く出ればいいのに」と思っても、本人からすると箱をよじ登って出るのはなかなか一苦労(と本人は考えがち)です。

「この中でうまくやっていかないといけない」「私はパソコンが苦手だから資料が作れない」そんな自分の中の世界観。

その箱の中でのやりくりを楽しめたらいいんですが、モヤモヤしたり「なんか疲れる」ことが多いときは、準備をして箱から飛びだしてみてもいいかもしれません。

◎箱のよさ

「自由にやって」と言われて戸惑ったことがある人って多いと思うんです。それだけいつのまにか何かしらの箱に入っていることはとても多いです。箱はすることや範囲が決まっているので、迷わない楽さや同じことをしている人がいる安心感があります。

その反面「本当はこうしたい」「もっとこうしたほうがいいのに」そんな箱の中の常識に通らない意思が強くあると、その箱にいるのが辛くなることがあります。

◎箱の外を想像する

いくらモヤモヤしても箱の外のことがわからないと、出る気になかなかなれません。自分で色々と調べてみたり、箱の外にいる人に話を聞いて想像を膨らませると、箱の形を変えるのか外に出るのかの参考になります。今はインターネットがあるので、外の世界がよくわかります。ただ、弱っているときは特に、ネットの情報が全て正しく見えてしまうことがあるので、ネットだけに頼らないことも大切です。

◎箱を出る

箱を出てみると、自分の経験を自信にしつつもゼロから始めなければいけません。新しいことを教えてもらうには、知らないから教えてくださいという謙虚な姿勢が大切です。年齢だって関係ない、年配の芯の通ったやり方や、若い世代の効率のいいやり方など色々です。広い世界を参考にしつつ、自分だけのやり方を考えぬいていくことは、生きていくのに大きな自信になっていきます。自分の気持ちいい普通ができてくると、ガマンやムリがないので毎日元気でいられます。

…わたしは自分という箱に入っているなぁと思うことがあるので、シースルーでいたいものですね。形も変わる、ビニール袋でいいかもしれません。

理想形

さて札幌ヨガスタジオアウラの、いとうちっこの今週のご予約状況です。
土曜日と、サンデーゆるめヨガが、新年らしからぬ空き具合です。のびのび動いて頂けますので、空いているレッスンもいいものですよん。

◎1/6(土)

10:30〜11:30 やさしいピラティス ◎

12:00〜13:00 ピラティス ◎

14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎1/7(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー △

12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

◎1/8(月)

10:30〜11:40 朝ヨガフローとヨガニドラ キャンセル待ち

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムでは、ブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨
この場でインスタのご紹介を始めてから、うさぎ飼いさんや、にゃんこさんなどのお友達ができまして、うさぎのとらも嬉しそうです。

【今日のことば】水ではなく井戸を

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

『水を与えるのではなく井戸の作り方を教えよ』

学校の先生が言っていたことです。どの先生が言っていたかは、覚えていないんですけど。

水不足の発展途上国へ水を運べばすぐに使ってもらえるが、一時的なことでしかない。井戸をいっしょに掘って作りかたを教えれば、現地の人はいつでも水を使うことができる。

何かをしてあげることは簡単だけど、水のように必要なものであれば、自分で得る方を教えたほうが自分で必要なときに水を得ることができる。

そんな意味を話されていたように記憶しています。

子育てでいえば、お母さんって、子どもに色んな井戸の掘り方を教えているようなものだなぁと思います。最終的には自分でできるように、ゼロから色んなことを教える。「コレを教わったらこうなれる」と大人のような筋書きが子どもにはないから「なんで?なんでコレするの?」のスパイラルのところを、楽しませながら教えるお母さんや先生はすごいよなぁって思います。

わたくしは子育てしていないぶん、井戸を作る気持ちで学ぼう、なんて思います。与えてもらうだけでなく、自分でも掘り下げて調べる。休憩はちょいちょいととりながら…。

休憩というわけではありませんが、この週末はお休みをさせて頂きまして海を見にいってきます。


ブログも冬やすみになるかもしれません。

さて ヨガスタジオアウラの11/26(土)11/27(日)全てのレッスンが休講になります。
来週末のレッスンご予約状況です。

◎12/1(金)

11:00〜12:00  いんヨガ ◎

◎12/2(土)

10:30〜11:30  ビギナーピラティス ◎

12:00〜13:00  ヨガスタジオのピラティス  △

14:00〜15:00  ゆるめヨガ ◎

◎12/3(日)

10:30〜11:30  朝ヨガフロー △

12:00〜13:00  サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

【今日のことば】誰もやらないときに、やったことが大事。

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

先日紹介した書道家の篠田桃紅さんの本『103歳になってわかったこと』の中で、そうだよね、すごく分かる〜っていうことがありました。

『誰もやらないときに、やったことが大事』

昔、私の展覧会でのことです。ある人が私に「墨で線を引けばいいだけだろう。こんなものは誰だって書けるよ」というので、「それならあなたもおやりになったらどうですか」と応じたことがありました。…誰かがやったことを自分もすることは、誰にもできることです。

しかし、まだ誰もやらないときに、それをやった、ということが大事です。

まだ誰もやらないうちにやった人は、それだけの自信を蓄え、自分の責任でやっています。その結果が受け入れられるか、受け入れられないかはわかりませんが、中には高く評価してくれる人かいるかもしれませんし、認めてくれる人がいつか現れるかもしれません。

人の成功を見届けてから、私もできます、と言うのは、後出しじゃんけんをしているようなものです。

自分でも描けると思うイラストってありますよね。

同じものを描くでも、自分のアイデアで生みだすのとただマネた作品は別モノです。

自分が作ったものなので、何を聞かれても答えられる、説明できるという確固たる自信が本家にはあります。

◎自信を持とう

わたくしが新人だったとき、片っ端から2、3時間の講座を受けまくっていたんですが、どこかで自分のしていることに自信が持てないでいました。講座でやったことを自分のレッスンで「ソレが正しいんだ」ってそのままやっていたからですね。

いま思うのは、たとえ何かを参考にしても、自分で疑問を持ち「自分ならではのやり方だ」と納得したものでないと、自信にはならないということです。結果的に先に似たようなものがあっても、たくさんの情報を自分の力で探して、それをもとに伝えかたを考えて生み出すことが自信につながります。

ちなみにわたくしの場合、ネットや本で色々「なるほどぉ」ってことがあるので、そんなときはソコから「何でだ?」と考えて、自分の見解をそえてパンのように発酵させて膨らませてから出すことを心がけています。まるパクリを流すのはちょっとなぁって感じです。するなら、出典は明らかにします。

この世の中、似たようなものであふれているので、全く新しいモノってないんじゃないかなって思います。

だからこそ寄せ集めたとしても『考えること』が大事だと思うんですけど、受けた講座を丸パクリしていたころの新人の頃は、中身が空っぽだったなぁって思います。

◎講師のあり方

講師の敷居が低い自由な時代になりましたよね。運動系の専門学校に行っていないわたくしまで運動講師をしているなんて、夢のような話です。伝えたいことがあればアイデア次第で講師になって、思いのたけを伝えられる時代ともいえると思います。

だからこそ、責任を持って自分で温めたアイデアを大切にし、自分に先生がいるならリスペクトを忘れたくないものです。

わたくしの場合、チラシとか表に出る部分は特に、自分で考えたものでないといけないと思っています。せめてもの先生へのリスペクトと、自分で考えることが、おもしろいからです。

先生のやり方や言葉が自分に響いたように、自分の言葉こそが、人に届くものなんですねぇ。


…当ブログの小ネタは、なにかの参考になると嬉しいですねぇ。「(大人数のラジオ体操的なときに)コレ使えるって思って!」とピラティスの先生が教えてくれて、嬉しかったです。逆にわたくしも「そんなときに使うのね」っておニューな気持ちになりました。

◆10/19(木)

18:30〜 いんヨガ ウィズ キャンドル◯

◆10/21(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室 ◎

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス △

14:00〜 ゆるめヨガ◎

◆10/22(日)

10:30〜 朝ヨガフロー ◯

12:00〜 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。今週もどうぞよろしくお願いします。

【今日のことば】やってみる

「まずやってみろ」

先日の講座で先生が言っていたことですが「ゴチャゴチャ考えずに、まずやってみろ」「否定する前にやってみろ、やってみてから否定しろ」とゆうこと。

新しいところに行くときに、わたくし考えますねぇ。ネットでホームページとにらめっこして考えてしまいます。そこにブログが張り付いていようもんなら、メッチャ見ますね。

いま思うと、時間がもったいねぇ〜サッサと行け!って感じです。

新しいことをするときは、目の輝きも変わり、行動する身体も実年齢より若い。

一見「えっ、ソレどうなんだろ」的に思うことこそ、まずはやってみる大人でいたいものです。

明らかに怪しくキケンなモノでない限り、そう思うって実は、興味がある裏返しの感情だったりもしますからね。新しい経験ができるチャンスですね。

新しいことは、元気でいられるためのスパイス。心身ともにボケないためには「遊ぶ」「運動する」「新しいジャンルの本を読む」「新しい語学を学ぶ」「スマホに頼り過ぎない」(←耳が痛い)などが大切だそうで、どれも頭の中に「非日常」をとりいれるモノですよね。

ちなみに、何かを悪く言う、それを聞くことは、脳の働きを落とすんだそうです。心身のためにも、そんなところからはサッサと逃げないといけないですね。

札幌でも行ったことのない場所、したことのない経験はたくさんあります。新しい経験は楽しく、自分はなんて狭い世界にいたんだろうと気づかせてくれます。

…毎週来ても脳が楽しくいられるよう、ヨガスタジオアウラでは土日に5つのレッスンをご用意しています。

同じレッスンに来られても毎回違う内容を取り入れていますので、ぜひお楽しみくださいませ。

なんてなんて〜結局 宣伝にしちゃったよ〜んッ テヘッ♫

新しいものを、当日翌日と2回はチェックする、うさぎのとら。「ほう、継ぎ目があるのか…ここから破れそうだ」

さて 今週末のヨガスタジオアウラの空き状況です。
◎のレッスンは、お席にじゅうぶんなゆとりがあります。

◆9/2(土)

10:30〜 体が硬い方のための体操教室 ◎

12:00〜 ヨガスタジオのピラティス 残1名様

14:00〜 いんヨガ ◎

◆9/3(日)

10:30〜 朝ヨガフロー 残3名様

12:00〜 サンデーゆるめヨガ キャンセル待ち

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

【今日のことば】すなおさ

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

定期的に覗きにゆくブログがいくつかあります。

ヨガをしているひとだったり、大好きなお店のオーナーのブログなど。

何気なく見ているけど、なんで見に行きたくなるのかな?と、私の『原因を探すクセ』がでてくる。

役立つお話があったり、フフッと笑っちゃうような文体だったりとイロイロなんだけど、共通していることが、月2回以上は更新していること。それに、真剣に何かをしているひとのポロッと出る、すなおな本音が、私はたまらなく好きでつい見ているんだなぁと思うわけです。

こんなに芯のあるひとも、自分と一緒のこと考えているんだ〜とうれしくなったり、さすが◯◯さんだなぁと、すなおに出ている言葉こそグッと胸にきたり。

ときには失敗や落ちこむことも書かれているけど、そこから学ぶこととか、書くことで整理しているのかもと感じる文体には謙虚さがあり、そのひとの人柄を感じます。

人前に立つひとが見てもらいたくてブログを書くのなら、その人がどんな人なのかわかることが大切だと思う。

宣伝はもちろん、「どこへ行って何を食べました」の日記でも、私はいいと思います(読まれたいブログにしたいなら、書くべきではないと言われる場合があります)。

ただ、大事なのがそのひとのことが伝わること。例えば「どうして、どんな思い入れがあってそこに行ったのか、どうしてそれが食べたかったのか?食べて何を感じたのか?」など、そのひとがどんな事を考えるひとなのかがわかることが大切だ、と私は思います。

文章から人柄って伝わるなぁと、ひとのブログを読んでいて感じますが、私は書くことでも理想の自分に成長していきたいな、と思っています。

小さくても、うつわの大きな ちっこに。

小さいけれど、大きなくち。

先日受講してきた『ボディキネシス講師養成講座』の修了証の端っこが、うさぎのとらに食べられました…。たった2日の講座で、私は講師よっとは思ってませんので お許しを、と許しを乞うのでした。

…いつもレッスンにお越しいただき、ありがとうございます。また、ホームページやブログを見て検討していただいて、ありがとうございます。

本日のスタジオアウラの朝ヨガフロー、サンデーゆるめヨガ、ともに受付を締め切らせて頂きました。

どうぞよろしくお願いします。ありがとうございます。