【本】やりたいことを全部やる!時間術

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:やりたいことを全部やる!時間術

著者:臼井由妃

多忙を極めるはずの経営者の傍、行政書士や宅建取得…!
そして、マネーの虎、好きでしたね〜。
挑戦者のプランを聞くのがおもしろくて好きでした。
(YouTubeでも見れちゃいます。)

さてさて こちらの本ですが、「だよねだよね」かつ「やったほうがいいことを当たり前にできている人が成し遂げられるんだよなぁ」って、できることが盛りだくさんの内容でした〜。

『仕事の予定は脳のバイオリズムに合わせて組む』
…1日の中でも、脳が活性化する部分は時間によって異なるのです。
…午前と午後とでは、向き不向きの仕事があるということ。
…午前は、頭の中で前頭連合野の機能が高まる時間帯です。
前頭連合野とは、思考したり計画をする部分です。ここが活発になるということは、午前は、論理的な思考力が求められる仕事や情報を処理する仕事をするのに適しているということです。
一方で午後は、交感神経が活発に活動する時間帯です。交感神経とは、外界からの刺激に反応する神経です。
つまり午後は感情がよく働く時間帯なので、打ち合わせなど人とコミュニケーションをとる仕事をするのに適している時間帯と言えるのです。

もちろん、体調や天候によって皆がこのパターンになるとは限らないことは追記してありますが、確かに午前中は考え事をしたり何かを生みだすのにおもしろいアイデアが湧いてきます。
女性あるあるかもしれませんが、生理周期も合わせて予定を調整する人も多いかもしれませんね。

例えば私の場合、冬の生理の週は体力が落ちるので昼寝の時間を確保するスケジュールにしたり、ムリしないスケジュールにします。
また、生理が終わって絶好調期はちょっと面倒だなっていう個人的な予定もえいっと入れてみたり。

『寝る前の「ながらシュミレーション」で翌朝の準備』
私は夜寝る前に、翌日身につける洋服やバッグ、仕事で使う書類などをあらかじめ準備しておきます。
そして天気予報をチェックして、翌日の天候によっては利用する交通機関を変更したり、洋服を変えたり、工夫をしています。
これらの準備やチェックは、忘れ物や遅刻を防ぐといいう目的のほかに、もう一つ目的があります。
…頭の中で明日やることをシュミレーションしているのです。

かなり細かく大事な部分をシュミレーションすることで、「自分は必ず成功する」と自分に認識させています。寝ている間に潜在意識が働いて、朝にはいいアイデアが浮かんでくるそうです。

私も次の日の準備および妄想はするんですが、そこまで意識してやっていなかった!そこまでするともっと楽しい1日になりそうだなっと、ハッキリ文字にしてくれて感謝〜と思いました。
休みの前日もそうやって準備をすると、充実した日になりそうだなーと思いました。

あとは「身の周りをスッキリさせておく」(←耳がいたい)とか、「睡眠時間をとる」とか時間を無駄にしない食生活とか、私が意識していることとかなりカブることが文字になっているナイス文庫だなっと思いました〜。


さて こちらの本をゲッツしたのは渋谷にあるBOOKLAB TOKYO という本屋とコワーキングスペースが一緒になったところです。

ビルの一室で本屋さんとしては広くはないスペースに、少数精鋭で置かれている本のセレクトを見るのがメチャクチャ楽しい空間です。
12月に続き先日が2回目だったのですが、本の配列と雰囲気がまた変わっていて楽しかったですね〜。さすがTOKYO、朝7時からオープンしています。
しかも!ノンカフェインドリンクも揃っているところまで私のツボにイン、イン。

今回は朝8時過ぎに着いたんですが、既に8人くらいお仕事していましたね。日曜日の朝なんですけど。

私ごと、土曜日の午後に東京に行き、日曜日の朝にBOOK LABって、11時から横浜で講座を受けて夜の便で帰ってくるという1泊2日でした〜。
土曜日の一部レッスンと日曜日を休講にしたぶん、パワーアップしたぜっっというかなり濃厚な時間を過ごしてきました〜。

が!今回3日間もブログを書く気にならなかったのはワケがあります。

日曜日は21時近くの飛行機だったので、家に着いたのが0時近く。家で眠りについたのが1時半頃。
次の日は昼寝をしても2日酔い状態。そのテンションというか体調を、ズルズルと引きずってしまいました…。
普段から睡眠長めで22時台に寝る人間にとってはかなりヘビーだったみたいです。トホ。
でも!寝る時間が遅いとかなり体は硬くなるし運動する以前の問題っていう体が仕上がるとゆーことが身をもって体感できました!!

さてさて

くる前日は ちょっと早く寝てほしいスタジオアウラの

ロングスリーパー いとうちっこの 2019年2月および3月第1週のレッスンご予約状況です。

◎2/28(木)
10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎3/2(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス ◎

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎3/3(日)

9:00 〜 10:00 月に一度♡朝活ピラティス

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
残り少ない2月、そして3月もどうぞよろしくお願いします。

爆尻

【食べもの】肉って体にどうなのか?

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

「肉は体にいいのか?悪いのか?」

「結局、食べすぎはよくない、ほどほどにね…。」

そんな話をよく聞く食材、お肉。

私も最近は、特にお肉が大好きな1人です♡

そんなわけで お肉について書いてみたいと思います。

日本人に肉は合うのか?

肉食は病気につながる、腸の長さが欧米人と違うから肉食は合わない…と肉にはネガティブなイメージもありましたが、2015年から肉食は病気との因果関係に科学的根拠は無い厚生労働省で摂取の上限が撤廃されているそうです。

そして遡ること1万6000年前の旧石器時代、私たちの祖先はナウマンゾウやシカ、ウサギも採って食べていました。

その頃の平均寿命は15歳と言われていますが、多産多死で乳児が生き延びるのが過酷だった結果ゆえ。感染症はあったものの、現代のような生活習慣病はありませんでした。

意外ですが、繊維や筋の多い野草よりも、実は肉の方が消化はしやすい。

肉から効率よくエネルギーを消費していたのはもちろん、肉に大量に含まれるアミノ酸(脳を発達させるホルモンを分泌)のおかげで、脳も進化したという説もあるほどです。

肉を重要なエネルギー源にしていた古代人が成人病にならなかったのに、現代で肉が合わないと感じる人も多いのはなぜでしょう…?

肉の質を考える

現代になり、食べるようになったものはたくさんあります。

糖質やアルコール、カフェイン…。食1つとっても古代と現代では全く環境が変わっているので、「何が原因で肉が体に合わない人も多い」と一概に言えるものではないかもしれません。

その上で古代と現代で食肉の大きな違いといえば、野生か飼育しているか、の違いです。

古代といま食べられる肉の種類も違っていますが、質で言うともっと大きな差があります。

私たちはコンビニやスーパーに行きさえすれば、24時間肉を食べることができます。

いつでも同じものをお手頃価格な商品として用意するために、肉を同じ質で大量に用意しなければいけません。

そのために成長を早めるための薬や飼料が必要になります。
なるべく多頭を育てるので狭いところで育てなければならず、動物は運動不足になります。
すると病弱になるため抗生物質を与える、と薬のループに。
味覚に敏感な人が、その肉を食べて具合が悪くなることがあっても不思議はありません。

こんな経験がある人は多いんじゃないかと思います。
安値な肉を食べて胸焼けがした。
逆に少し値のはる肉を食べると、もたれず直ぐにお腹が空いてきた…。
その肉の育った環境が、そのまま味や食べたときの体の感覚として現れることは多いです。

またわかりやすいのが、ジビエと言われる、野山を走るシカやイノシシ。
力強い風味ながらアッサリとして、脂もスッと引いていく感じです。

「肉は重たい、脂っこくて苦手」「お腹を壊す」そんな場合は、肉の飼育環境をチェックして試してみると、美味しく食べられるかもしれません。

薬や抗生物質不使用で、自然に近い安心な環境で育ったこだわりのお肉には、ちゃんと表示があるはずです。

そして、もう少し詳しくお肉の話が知りたい場合は、内海聡先生著書にて…。


お肉はどこで手に入る?

自然食品で冷凍パックで売っていたり、デパートでも手に入る場合があるし、インターネットで買えるお店も。

…なんと!安全な牧草で伸び伸び育った牛肉を頂けるお店が、スタジオアウラのご近所にあるのです。

私ごと「牛肉は重たい」と思って生きてきたのですが、そちらは美味しく食べ応えもありながら、もたれない絶品の牛肉料理を頂けます。

ちなみに私、お肉を夕方から夜に食べると怖い夢を見るんですが、こちらのお肉はそんな夢を見ずに熟睡できるんですよねぇ。不思議。

とゆーわけで長くなりましたので、お店は また明日にでもご紹介をば。

さて

スタジオアウラの

肉食でも 回数券のゴリ押しとかしないぜ

いとうちっこの 2019年2月第2週のレッスンご予約状況です。

グループレッスン

◎2/9(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス △

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎2/10(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー残席2

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

プライベートパーソナル

2/8(金)10:00〜

※その他 日時応相談

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

無農薬牧草で育ててみた うさぎ

【本】喰ったらヤバいいきもの

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

ヤバい本の紹介です。

タイトル:喰ったらヤバいいきもの

著者:平坂寛

以前当ブログで紹介した生き物ライター平坂寛さんの本です。
ウエブメディア『デイリーポータル』で月1?くらいで記事が見れます。
私の特にお気に入りが、『オオカミウオを釣って食べたら色々大変だった』 とゆー記事です。
いろいろ記事はあるけれど、やっぱりこの衝撃はハンパない!

平坂さんの記事は、虫や寄生虫を食べるといった、女子にはややグロシリーズも有り。
そんな中でオオカミウオは魚なので、衝撃度は満点で「食事中に見ても大丈夫なやつ」かと思います!

さてさて本の紹介ですが、目次は大きくパートスリーにわかれています。

1種の生き物につき見開き2ページほどで構成されていますが、全ページに笑いを誘われつつ、濃い!

それはおいしいかもねって雰囲気のカニから、猛毒の魚から、デンキウナギや昆虫まで食べてしまう…。

著者は危険生物をも面白半分で食べているわけではなく、超本気。
生き物がどうなっているのか知りたい、という『知的好奇心』から捕らえて、調理して最後まで食しています。

某読書感想サイトでは『早死するライター1位だと思う』と言われたりしているけど、この本を読むと、著者は相当な知識を持って危険にはかなり注意を払っていることがわかります。
沖縄の大学で生き物を研究しちゃうんだから、生粋のオタク、本気。

にしても登山家を彷彿とさせますよ。山があるからエベレスト登っちゃう、みたいな。

で、猛毒の魚なんて、どうやって食べると思います?
手に入れるところに笑いつつ、ドキドキしながら読んじゃいましたよね。

フグの毒…をはるかにしのぐ猛毒を持った魚がいるのだ。ソウシハギ。
…僕はソウシハギには手を出してこなかった。
というのも、カワハギの仲間であれば正直、大体の味はわかる。それでは知的好奇心も湧かない。命を賭してまで食べるのはハイリスクローリターン。
だが、人生は何が起きるかわからないものだ。ソウシハギを市場で買えちゃう日が来ようとは–。

沖縄県内の地元の市場に、その魚はいたそうな。

えっ!?こんなところにいちゃいけない魚でしょ、キミ。買い手を待ってちゃいけない魚でしょ、キミ。
…店のオバちゃんはのんびり店番をしているだけで、箱の中の魚に注意を払っている様子はない。…オバちゃんに値段を尋ねる。1尾700円。その時僕は、オバちゃんが客である僕に対して「毒があるから食べるときは気をつけて」という一言をきっとくれるだろう、と思っていた。
だが、彼女は僕から700円を受け取ると、手際よく魚を包み手渡してくれた。
それだけだった…って、さすがにナンクルナイサで済まない案件でしょ!!

そして、調理…。

内臓だけは絶対にゼッタイに傷つけてはならない。内臓の毒が身にも回ってしまうからだ。パリトキシンは加熱しても分解されない。毒の回った身を食べれば即アウトだ。

そしてそして、丁寧な包丁さばき文章で描かれる。

…身だけになったソウシハギを丁寧に洗い、川を剥ぎ三枚におろして少し厚めにそいで刺身にする。これだけの緊張を強いられた調理は人生初である。

ついに実食!

…絶品というわけではないが、さりとてマズくは決してない。普通に美味しい白味魚だ。だが、その美味しさはリスクに見合わない。言うなれば幸せな食卓には向かない–そんな魚だ。

何がすごいって、だいたい味が想像できるやつもとりあえず(…というには見合わない手間をかけて)食べちゃうところですよね〜。
例えばドブに生息する、どう考えてもドブの味でしょ!って生き物も食べちゃう。

「味が想像できる」といえば!『陸の生き物編』で石垣島のグリーンイグアナを食べちゃってるんですが、鶏肉風味で美味らしいです。
イグアナは花やフルーツを主食にしている(オシャレやね)から、獣臭がなくて食べやすいそうで。肉のお味って、やっぱり住んでいる環境と食べ物に大きく影響されるものなんですねぇ。

とゆー感じで生き物好きなら必見書ですが、そうでなくてもワクドキ爆笑が詰まった本なんで、当ブログをつい見てしまうという奇特なアナタにはかなりおススメです!



この本には裏話的なことも書かれています。
ライターという仕事柄、なかなかの資金難。
クラウドファンディングが出てきたのは最近の話ですからね。

日本全国を格安チケットなどで飛び回りながら、野宿やネットカフェで泊まるのは当たり前、宿に泊まれるようになったのは最近だそうです。

それでも掛け値なしに「楽しい」という気持ちの方が勝っていた。
それだけ、生き物たちのとの出会いは素晴らしかった。

その感覚すごくわかる〜とともに、私は甘っちょろいなとも思いますね〜。
この先生から聞きたい!ってなった勉強のためにはどこでも出向いて格安のチケットとお宿は探すけど、「赤字ヤバい!」なときもビジネスホテルかカプセルを使っちゃいますもんね。

で、ここからは、今回の本を読んで「私も生き物が好きだったな〜」と思い出した、私のどうでもいい子どものころの話です。

好きだった番組はNHK『生き物地球紀行』。
引かれるかもしれないけど、よくしていた外遊びは死にかけのトンボをアリの巣に持っていき、アリが力を合わせて運ぶ姿を見ること。
遊ぶものがないときは、自分の股関節がどこまで曲がるか試したり、浮き出ている血管がどこまでつながっているのか皮膚を引っ張って観察など。

小学生になると自由研究は、恐竜と化石の本を読み漁り、土を掘って化石が出てこないか探索し、それをノートにまとめたもの。

そのころは将来は、本気で古生物学者とか、化石を掘って暮らす人になりたかったんですが、学者に必須な算数が苦手なことから諦めてしまいました。

なので今回の平坂さんや、私と同世代の古生物学者が最近出した本を見て、ずーっと夢を追い続けてきたんだねっと胸が熱くなる思いがしました〜。
世の子どもの純粋な思いが、大人に邪魔されることがなく、大人は手助けする存在でありますようにと思います。

私は生き物が好きだったのに、絵が好きだったのに、接客業が好きだったのにOLになり、私は人生の中で何度も自分の夢を否定してきました。

否定の先になったOLだったので、デキの悪いOLに(笑
ぐるっと回っていま、動物であるヒトの体に関わる夢だった仕事をしていることを、今度は大切にしてくぞって、今回の本を読んで改めて感じました〜。

そんなこともあり、楽しそうに仕事をしているお店や人が私は大好きで、休日に行くならそんなお店に行って元気をもらいます。

さて

スタジオアウラの

庭を掘ってもアンモナイトは出てこなかった いとうちっこの2019年2月第1週 2月3日のレッスンのご予約状況です。

グループレッスン

◎2/3(日)

10:30 〜 11:30 残席1

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

食べているものからいって多分おいしいであろううさぎ先生

【本】1日10秒マインドフルネス

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

マインドフルネスとは「今ここ」に生きることでネガティヴ思考を手放し、ネガティブ感情を癒す素晴らしいスキルです。もともとはお釈迦様が悟りを開いたときの心の状態がマインドフルネスですから、仏教の枠組みの中、座禅や瞑想として伝えられてきました。

色々なところで「マインドフルネス」という言葉を聞くようになりました。
漢字の『瞑想』よりライトな印象なことや、ビジネスパーソン向けの本で紹介される事も多いことが手伝って、手軽に取り入れられるものとして一般的になってきたのかなという印象です。

著者は最初のほうで「今ここ」と言っていますが実際には「今ここの自分」。
例えば目を閉じると、自然と雑音が聴こえてきます。

その音を聞くのではなく、その音が耳に入ってくる自分を見ることがマインドフルネスだ、ということ。

もっとわかりやすくいうと、我を忘れて怒っているときはマインドフルネスではなく、ハッと「自分は怒っている」と気がついたときがマインドフルネスだ、ということです。

マインドフルネスの上達には、毎日することがとても有効です。…あなたは何分だったら毎日できますか?

…私のノルマは1日10秒です。

著者いわく、マインドフルネスをたまに長時間するよりも、短時間でも毎日したほうが効果的とのこと。
日々に追われていると、頭の中に数珠つなぎで色々出てきます。

「今ここに意識を向ける」なんて、あえて意識しないと難しいものですよね。

なので習慣づけることで、自分に戻れる瞬間を増やしていくんですね。

そしてブレずに何かをなし遂げるためには、自己暗示というか自分への言い聞かせが大切だな〜と、この手の本を読んでいて思います。

次はマインドフルネスがオススメの人。

マインドフルネス瞑想を取り入れてほしい人がいます。

・気分が落ち込みやすくて、立ち直るのに時間がかかる

・先のことが気になって仕事が手につかなくなる

・他人の行動や言動が気になって仕方ない

・気が短く苛立つことが多い

・やる気が出ないことがよくある

・責任感が人よりも強い

ようは、クソまじめな人はやった方がいいよってことですよねぇ。

って、やだ、私もあてはまってるぅっ。

本書にはその瞑想の基本のやり方から、目を向けないと無意識になる毎日の動作を瞑想にする方法が色々な角度から紹介されています。

もちろん、まったくやる気がない時のことも。

最後にヤル気(読む気?)になるように、気になる効果を抜粋です。

・イライラしても物事を冷静に対処できた

・動揺しても次の瞬間にはやるべきことに集中できていた

・身体や心の疲労が感じにくくなった

・嫌なことにも前向きに取り組めるようになった

不安や怒りの感情がふっと消えた

私の場合、ヨガをするようになってから『瞑想が好きではないけどマジメにしていた時期』がありました。

座って何分ていうのが苦手だったんですねぇ。そしてマジメにやった結果、「よしっ」と座って瞑想するのを辞めました〜。

なので、目を閉じてこの本の著者のように2,30秒くらいする方法をフトしたときに試してみました。

したっけ!だんだん「疲れ取れんじゃんやるじゃん簡易瞑想」ってなってきました。

そしたら、もっとちゃんとやりたくなってきて、たまに何分かは座って目を閉じるようになりました。

それからしばらくしてマインドフルネスって言葉が流行ってきて、「ほぼ似たようなことしてたんだ 〜 やっぱりやってイイことあるんだね」って思いましたね。

やっぱうまく自分のモノにする とゆーか身につけるコツとしては、まずはテキトーに続けることかなって思いました〜。


最近の本て、ほんと読みやすい!
読みやすい工夫がされていますよね〜。

字の大きさはもちろん、箇条書きをたくさん挟んだり、紙のめくりやすさまで。
大切なところは太線が付いているし、サクサク読めてしまいます♪

そして最近の本からそこはかとなく漂うイヤミのないオシャレ感、なんなんでしょうねぇ。
プロのデザイナーの仕事ってすげぇなって思います。

ま、言い方のキッツいオイオイって感じの、昭和のにおいが爆発の本も個人的には好きなんですけどねぇ。

そうそう、これはなんかの本に書いてあったことです。

本は、出版社の編集やら何人もの人の手が入っています。
そして著者の何100時間という命を削った集大成です。
そんな知識を1000円そこらで買えるのは、かなりお得なことです。

って話に、私はかなり「だよね!だよね! 本yeah!」ってなりましたね。

さて〜

身体を動かすたのPYなマインドフルネスができちゃうスタジオアウラの いとうちっこの

2019年1月第3週、第4週のプライベートパーソナル及び グループレッスンご予約状況です。

グループレッスン

◎1/24(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎1/26(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス ◎

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎1/27(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 ピラティス ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

旅行中だったため うさぎの代わりの写真をば…。

【ちっこ文庫】星がひとつ/名作コピー/瞑想法

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

治療院の待合の文庫コーナーに、3冊追加しました。

お正月の読書にいかがでしょうか?

『星がひとつほしいとの祈り』

どれもご紹介したいくらい暖かい短編集。いつも長編を読む人も、楽しめるお話の濃さだと思います。

『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方』

文章を書かない人も思わず「うまい!」と膝を打つキャッチコピーが目白押し。

訴えかける、日本ペットフード広告。

「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」

その下にはこう続きます。

「いつかはいなくなる。でもそれまでは、すごく生きている。すごく生きているよ。」「犬たちは、あなたを悲しませるためにやっては来ない。あなたを微笑ませるためだけにやってくるのだと。」

犬のみならず、動物と暮らす人にはきゅんとするんじゃないでしょうか。

余談、勝手に うさぎ にすると、

「いつかはいなくなる。でもそれまでは、すごく掘る。障子も破くよ。」

ってとこですかねぇ。

もう一冊の『やさしい瞑想法』は、その名のとおり気軽にできる瞑想のしかたや、瞑想についてアレコレが書かれています。

背表紙にうさぎのキスマークつきですが、よかったらお読みくださいませ〜。

先日のイベントレッスンで、5分ほどですが瞑想の時間をとりました。

陰ヨガの後だったんで、眠い方にはツラいかなとの思いから少しの時間でしたが、割と皆さんスッとした気持ち良さそうな姿勢で、素晴らしかったです。

昔、ヨガ仲間と瞑想をしていたとき、私はすぐに前後にガクガク白目をむいていた落第生だったので、今回の皆さんの集中っぷりはすごいなぁと思いました〜。眠りを誘うヨガのあとなのに。

1分でも瞑想することに慣れると、心にスッと風が通るようなリフレッシュになります。

大げさに聞こえるかもしれないけど、どこにいても目を閉じれば落ち着く空間になるんですよ。

で、「頭のヒフ、硬っ」とかわかると、フッと緩むんですよね。

というわけでメリー瞑想クリスマス。

さて

スタジオアウラの トナカイ似のうさぎと暮らす いとうちっこの

2018年12月第5週目 年末スケジュールのご予約状況です。

◎12/29(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

◎12/30(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス 残席1

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

いつもありがとうございます。

今週末も、どうぞよろしくお願いします。

【実用書】名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

著者:鈴木康之

数文字でその世界を魅せる、キャッチコピー!

うまいなぁ この本と思うのが、出だしにこう持ってくるわけですよ。

【文章は書くものではない 読んでもらうものである】

公開ブログを書いているような者には、ぐさりと刺さる出だしでした。

この本では、キャッチコピーを書くポイントが、有名キャッチコピーとともに紹介されます。

紹介される名作コピーは、どれも共感してしまい、「うーん、うまい」と何度つい呟いたことか。

たとえば、新しいタイプの高齢者施設の広告コピー。

【人は健康な時に、そうじゃない自分を想像するのが、なんて苦手なんだろう。】

【「早めの引っ越し」60を過ぎたら覚えてほしいキーワードです。】

…「なんて苦手なんだろう。」と1人呟くような文末が、健康でなくなったときの自分の声であるかのような錯覚すら覚えさせ、下段の言葉でピリリとしめる。うまーい!入居考えてしまうやろ!

そして、楽天トラベル。

キャラクターはスナフキン。

ニヤッとしちゃう、あるあるがズラリです。(コピーに合わせて持ち物が変わるスナフキンの芸の細やかさにキュン!)

これは、朝日新聞に2年半も休まずに、毎日連載した広告だそうです。

その長らく続いたシリーズの終わりにまた、心掴まれました!

シリーズに終わりがきました。ラスト三回はスナフキンの目から涙が出ています。その三本のコピーはこうでした。

だって旅に「さよなら」はつきものですから。

思えば、この広告も長い旅でした。

スナフキンに、なろう!

どこかに行くだけが旅じゃなく、日々が旅で、終わりがきた時にこれが長い旅だったと気づくものです。仕事を終えるとき、子どもが巣立つとき、人生の終わり…。

そんなことを考えさせるって、短くてシンプルな言葉こそ、人に届くんですね〜。コピーってすごい!

さて

何もないけど 体が変わる希望がある スタジオアウラの いとうちっこの

2018年12月第4週目のレッスンご予約状況です。

◎12/22(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス キャンセル待ち

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◯

◎12/23(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 オールレベルピラティス ◯

◎12/24(月・祝)

いんヨガ90min キャンセル待ち

今週も、どうぞよろしくお願いします。

実は

今回紹介した本ですが、「めっちゃいい本見つけた〜」とルンルンして帰ると、私の本棚にすでに入っていた んですよ…。

よく読んでみて、いちど読んだことを思い出しました。もう、自分のアフォ!アフォ!!というわけで、そんなときのコピー。

忘れっぽいと、何度でも感動できる。

【小説】星がひとつほしいとの祈り

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:星がひとつほしいとの祈り

著者:原田マハ

かわいいデザインの表紙だなーと、手にとった本です。

7編の短編ですが、どのお話も奥行きがあり、短編というのを忘れそうになる蜜度。

表題にもなっている大平洋戦争下が舞台の『星がひとつほしいとの祈り』には心で泣き、熟年夫婦の死別と愛を描く『長良川』にグッときて、『沈下橋』で問題を起こした娘と元継母の絆にジーンしました〜。

どれも映像が浮かんでくるようなお話でしたが、『星がひとつ…』は残りましたね〜。

盲目で品ある音葉づかいのマッサージ師の老婆が語り紡ぐ、令嬢であった子どもの頃の邸宅での日々。

入れ替わりやってくる家庭教師から教わる学問、日々の細々ことまで耳の代わりが如く支える女中のヨネの、詩のような美しい言葉。そして訪れるはずのないと思っていた恋と、それからのヨネとの日々。

そして遠い夢物語のような時は、戦時へ向かいます。

きっと今では考えられない悲恋や別れは、この時代はいたるところにあったはず。

それでも「きっとまた会える」とか「自由になれる時がくる」とか、『自分だけの星』を見失わなないことで心を強くし生きた時代だったのかな、と思いました。いまのご老人、芯の通ったひとが多いですからねぇ。

いまは空襲に怯えることはないし便利で情報あふれる時代だけど、強くいることが難しい時代なのかもしれない、としみじみ。

星とは何か、とお聞きになりますでしょうか。そうですわね、それは人それぞれ。恋であったり、愛であったり。幸せ、平和のようなもの。あるいは、お仕事の成功とか。ささやかな言葉…であるかもしれませんわね。

さて

わたくしにとっての1週間の星はレッスンを開講すること かもしれませんわね。

というわけで

スタジオアウラの

いとうちっこの 星のご予約状況でございます。

◎12/13(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎12/15(土)

10:30 〜 11:30 たのPピラティス △

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

14:00 〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎12/16(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【文庫本】コンビニ人間/日日是好日

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

2冊の本を読みました。

①コンビニ人間

著者:村田沙耶香

結婚、出産など『普通』を求められる現代社会に適合できず完全なマニュアルのあるコンビニでしか働けない主人公の物語。

思ったことを普通に口にすると周りからドン引きされることを経験上、知っている。

ゆえに「こう答えると普通なのか」と意識しながらコンビニ仲間にも『普通』に接する毎日。とはいえそこに対して辛さを感じているわけでもなく、コンビニがいちばん世の中に参加していると思える自分の居場所。

そんな主人公にとってやっかいなのは、詮索と普通は…と押し付けをされること。

たとえば、18年もコンビニで働くのはなぜ?!結婚しないの?正社員じゃないの?子どもは?といったことです。

この本をおもしろいと感じるかは、自分がどういう価値観かによるのかなと思いました〜。

というのも、読書メーターで感想を見ると「すごくおもしろかった!」「なんだか気持ちわるい」と真っ二つに感想が割れていたからです。

個人的には、私も『普通』ではないという気持ちからの質問をたまにされるので「ほう、こういう返しね!」などと共感するところがありました〜。

そして、コンビニって凄い仕事量で激務なのに、世間の目は「(経営しない限り)本職とするものではない」って空気なのが、なんだかなぁって前々から思っていました。なのでそのへんに切り込むあたり、楽しく読めました。

本を「おもしろい」と思うポイントの1つは共感にあるので、私は全体的におもしろかったです。

そして私ごと、主人公とは逆にきっちり決まったマニュアルの中で過ごすのはニガテなのに、主人公に共感できるって おもしれ〜とも思いました。


②日日是好日

著者:森下典子

お茶のお稽古には、よくわからない順次や決まりごとがたくさんあり、それを覚えなければいけない。

覚えようと必死になるほど頭に入らず、モヤモヤと過ぎるお稽古の時間。が、しばらくするとスッと体が動いて道具と一体になるという、フシギな感覚を味わう…。

そして来るたび道具の種類勝手が変わるのにも泣きを見るが、それは季節や天候と一体となっていることに気づき、癒されている自分がいた。

感想としては、ほぼエッセイなのでドキドキするような展開はないけれど、茶道の繊細な描写に息を呑み、お抹茶と雨水を受ける庭の濃い緑が目の前に広がるような描写に癒されました〜。エッセイニガテの私でも最後まで読みました。

「(決まりごとがなかなか覚えられないので)お茶に向いていない」という著者が描くから親近感が湧き、お茶の良さが伝わってくるんだろうなぁと思います。

著者は25年続けて「行くのをやめよう、お茶をやめよう」と何度も思います。あるとき「あえてやめると思わなくていいんだ」と気づいたとき、著者にとってお茶は自分の一部として『身についているもの』になっていたんだろうなぁと思いました。


さて

偶然「文庫本ランキング」から手にとった2冊でしたが、共通しているなぁと思いました〜。

24時間営業し商品が揃うコンビニと、季節を感じる茶道。

いっけん全く別ものですが、それぞれコンビニと茶道という『自分に帰れる』ツールを通して『自分が見えること』で幸せを感じているなぁと思いました。

幸せは周りではなく自分が決める、そんなメッセージが私には感じられました〜。

そんなメッセージ性を感じる本が売れているって、世の中の流れなのかな。

さてさて

スタジオアウラの

コンビニもお茶もいいけど 推しメンはヨガとピラティスの いとうちっこの2018年11月第3週のレッスンご予約状況です。

◎11/17(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎11/18(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

押したらニュッと出てくるのを知っている、にゃん。

キャップは手前に…。

【本】坂の上の坂

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

タイトル:坂の上の坂〜30代から始めておきたい55のこと

著者:藤原和博

リクルートの営業マンから都内初の民間校長となった著者の本です。

2012年の本ですが、1997年、著者の42歳のころに『日本はどこに向かおうとしているのか』に気がつきます。

成熟社会とアールド・ヴィーヴル

キーワードは「成熟社会」。成熟社会とは、個々人が多様な価値観を持ち、それぞれの生き方を追い求める社会です。

著者が会社に直訴し、これからの日本のヒントを得に渡ったヨーロッパでみたものは、『Art de vivre(アールド・ヴィーヴル)』。

人々の間には「アール・ド・ヴィーヴルとはつまりこれだ」という一般解はありません。一人一人自由に考え、選択し、味わっているのです。まさに、これこそ成熟社会の生き方だと感じました。

その定義は人それぞれだけど、個々それぞれの幸せの形、というニュアンスでしょうか。例えば、20代の若者にアールド・ヴィーヴルとは、と尋ねて返ってくる言葉。

「生きることを楽しみ、日常の平凡さから抜け出る知恵です」「昨日の繰り返しを続けないことです。ゆとりある時間の中で生まれる楽しみ」「電車を一台やり過ごし、次の電車で座っていくこと…時間にゆとりを持てば胸いっぱいに人生を呼吸できます」

若くしてすごい。私がその年で同じことを言われたら、「よくわかんないけどぉ、カシオレでガーリックチャーハン食べてるときは幸せでーす」とか言ってたかもな。

1997年に20代の若者一人ひとりが持つ、自分軸の価値観。将来この国はどうなっていくんだろう?とワクワクしてしまいます。

そして現在の2018年の日本の流れは「それぞれが各方向に向かうこともあるよね」と、ひと昔前の「みんな一緒が普通」の価値観から大きく動いていると感じることがよくあります。

個人的に、30年後くらいには、日本での『普通』は今とだいぶ違う感じになっているんじゃないかな、と思います。それと同時に、それに歯止めをきかせようとする、個人の行動を規制するかのような法律もきっと増えてくる。そんなことを決める人たちを選ぶのは自分なので、責任をもって投票に行くのがもっと普通になっているといいなぁと思います。

ヨーロッパの、人それぞれという価値は、みんなが好きに過ごして相手を見ないのか?と言ったらそうではないところがいいなぁと思いました。

フランス人の人生観には「人は生を受け、死を迎えるまで、結局他人と完全にわかり合うことはできない」という絶対的に孤独な人間観が深く横たわっています。もしかすると、これこそが、成熟社会に流れる基本認識なのではないか、と。

だからこそ「いかに分かり合えない者同士がともに幸せに生きていくことができるか」に頭が向かうようになるのです。美味しい食事、知的な会話、人が幸福を共有する時間をだいじにする。そうした方法を常に日常の中に模索している。そう感じます。

「それぞれの違いは当たり前」の前提で、人との関わりを楽しむって、お互いムリがなくていいなぁと思いました〜。

まだ紹介したいところが多い本なので、またそのうちに。この本の考えかた、すきです。


さて

スタジオアウラの いとうちっこの

カモンベイベー肩こり 2018年11月第3週のレッスンご予約状況です。

◎11/17(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎11/18(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

にゃん。

【本】持たない暮らし

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

タイトル:持たない暮らし

著者:金子由紀子

「たっぷりした時間」って、「頑張って働いて、いつか手に入れる時間」じゃなくて、「今、ここにある一瞬」のことなのではないでしょうか?

今日という日の24時間は、どう頑張っても、30時間にはなりません。

でも、ここにある一瞬は、とても確かです。いつか手に入れる長期休暇よりもはるかに確実です。

その確実な一瞬を、その目で味わい、楽しむことができれば、それこそが「たっぷりした時間」を私たちに与えてくれるのだと思います。

『持たない』の本質は、必要で大好きで大切なモノコトヒトと生きることかな、と上記のメッセージにシビれました〜。

私も、不要品を見直して思うことがありました。日常から離れたいと思うのは、日々のアレコレやモノに圧迫されているからなんだなと。

余計なモノコトからの圧迫を減らすと、自然と考えかたが自由になって時間ができる…。本書の考え方を身をもって知るところとなりました。

圧迫が強いと、日々から逃れるために旅に出てゆっくり…のはずが、意外と時間がないな、アレやらなきなゃ〜となるものです。

余談ですが、ヨガでは瞑想をする前段階で「身の回りを清潔にしよう」と言われます。

座って目を閉じて頭をカラにするって最初は難しいけど、清潔にすること(など)でスッキリし、勝手に瞑想に近い集中状態に持って行かれるんですね。

そして本書で『生き物と暮らすとモノを減らす習慣がつく』というようなところがあり、一瞬「そう?!」って思いました。

が、思い返してみると…。

床に新しいモノを置くとカジカジされ、スキマがあれば入っていく うさぎ のおかげで、たしかに置きっ放し等に気をつけるようになりました〜。

これで完璧って余裕こいていたら、高いところに登ってカジカジしていて うさぎの方がウワテでした〜。

さて

スタジオアウラの

うさぎよりもウワテになるために今週は不在の

いとうちっこの 代行のレッスンのご予約状況です。

11/11(日)10:30〜 11:30 朝ヨガフロー

(代行:mayumi)

※回数券は使えます。回数券の購入もできますが、できればお釣りの出ないようにご用意頂ければナイスです。

以下は いとうちっこのレッスンご予約状況です。

◎11/17(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎11/18(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】手ぶらで生きる

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:手ぶらで生きる

著者:ミニマリストしぶ

ミニマリストは、ただの『モノを持たない人』ではない

ミニマリストの語源になっているのは「ミニマル」-「最小限の」という意味を持つ言葉。

…もっともわかりやすいのが、Apple製品だろう。誰もが知るあのリンゴのマークを強調するために、余分なデザインを極限までそぎ落としている。

つまり、ミニマリズムの本質は、ある一点を目立たせるために他をそぎ落とす「強調」にある。

ものが無ければよしってもんじゃない。本当に必要なもの、大切なものがあるのがミニマリズムというわけなんですね。

そして『ミニマリズム』はモノやお金のことだけでないという著者の考え方は深く、好きなモノを選んで生きようとしているなら共感する部分も多いのでは、と思います。

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとって、なにが幸せか」を知ることだ。

そして、そぎ落とすべき「無駄」は、お金の出費や物の量だけでなく、生活スタイルや思考、人付き合いまで、人生のあらゆる局面におよぶ。

カネ・ミニマリズム(お金)

モノ・ミニマリズム(モノ)

トキ・ミニマリズム(時間)

ヒト・ミニマリズム(人間関係)

コト・ミニマリズム(思考・行動)

本当に大好きなことのために、ムダをそぎ落とし、価値になるものは迷いなく増やす。

逆に、ムダをそぎ落としていくと大切なものが見えてくることもある…。冷蔵庫なし、財布は持たないなど、実際に著書がやってみたから見える景色にワクワクします。

何もない部屋

ミニマリストの強烈なインパクトは、ガランとした、いっけん何もない部屋。

著書はテレビでも紹介されているそうだけど、テレビはインパクトある部分を強調しますよね。

強烈な部屋のイメージから『ミニマリストは何も持たない』生活と勘違いされかねないと思います。テレビではその本質をしっかり伝えて頂きたいし、この本を読むと、きっとテレビでは写り切らない本質が見えてきます。

◎『自由にする』感覚

著書は『何かをしない』ではなく『自由にする』っていう感覚を持っています。

例えばテレビは持たないけど『見ない』わけではありません。

『テレビが悪いのではなく、ついテレビをつけ、ダラダラと受け身で時間を潰すことがよくない』とし、スマホとパソコンで見たいものだけ視聴することでテレビを楽しんでいるそうです。

テレビと、とても上手な使い方をしていますよねぇ。

『物を自由にする』の中で印象強いのが『増やすなら「投資になる物を」』。

ムダをそぎ落とすミニマリストが選ぶ少数精鋭の物には興味深々。

やっぱりというか当然というか、必要なものや時短になるためには躊躇なくいいものを揃えます。仕事道具ではMacBookや、生活ではルンバやダイソンのドライヤーなど。

「実際使って合わなかった、生活に合わなくなった」ものは躊躇なくフリマアプリなどを使って手放し、その繰り返しで感覚が磨かれていくんだそう。

◎幸せって?

著書は自らミニマリストを職業にして発信をし、『人は発信することで幸せを得られる』といいます。

山に篭らずも、現代の便利さに流されずに自分をコントロールでき、それが自分の幸せに繋がることを知っている。しかもMacBookや最新のiPhone(それも安く!)などを賢く使いこなす…。さすがは1995年生まれの若い世代、便利なものをサラリと取り入れる上手さはピカイチ。

著書は一日一食ということもあり『修行僧』とか『悟っている』とか言われるらしいですが、本人はしたいことだけをしているだけで、ムリなガマンは一切していません。

個人的に私は「自分が感じる本当の幸せを知っていることは、不安定な世の中で最強なんじゃないかな」と思います。

◎本を読んでしたことと起こった不思議なこと

北海道地震でプチンと停電になったとき、余震の中で「まず命があれば」っていうのがまず瞬間的に感じたこと。

そして、すぐに必要なものが探せない不自由さに「なんだかなぁ」とショックを受けたところでこの本を読み、いてもたってもいられずに、不用品整理に取りかかりました。おかげでずっと手元にあった画材を、手放すことができました。

絵の具や筆などを処分して、手持ちの画材は色鉛筆と水性ボールペンだけになりました。

服では、「着ないけど絵として好きな服」や、寝るときに着るかも?ととっておいた、実際には着なかった服なんかもハギレに。

どうしたらいいかよくわからなった大きな植木鉢などの大型品は、親が車を出して手伝ってくれました。手伝ってもらうほどの不用品を抱えているなんてなぁって、なんだか反省しちゃいましたね。

んで!ですね、不用品をまとめたところで、起こった不思議なこと。それは思いもよらないものが欲しくなったことなんです。

いきなり欲しくなったのが、新しいメガネ。それまで欲しいとも思っていなかったんですが、そういえば10年くらい使っていて、レンズも黄色くなっている。毎日使うものだし、ブルーライトカットの目に優しいのがほしいな、と思ってます。

そして、即決で買ったのが、ストレッチポールハーフカットを6本。

これはレッスンで使うのに「あればいいな〜、ヨガでもピラティスでも使ったほうがいい」と思っていたけど、予算てきに余裕がある月に買おう…置く場所も決めていないし…とこの半年近く、なんとなく思っていた物です。

ここで即決で買うとは正直、自分でも思ってなかったです。よっぽど欲しかったんでしょうねぇ(笑)。

いらないものをそぎ落とすと本当に欲しいものが見えてくるって本当なんだ〜!とちょっとビックリしちゃいました。

何か行動させる本ってすごいよね。ミニマリストさんも何人かいるみたいだけど、しぶさんの考え方(食生活も)自分には一番しっくりくるな〜と思いました。

ブログもおもしろいです。→ミニマリストしぶのブログ が、やっぱり本も読んでもらいたいなぁ。


さて ヨガスタジオアウラの

身長ミニマリスト いとうちっこの 2018年9月第4週レッスンご予約状況です。

◎9/23(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 

12:00 〜13:00 プライベートパーソナル受付中

◎9/24(祝・月)
特別開催レッスン2本です。3ヶ月以内のリピーター様優先、一般受付は9/23(日)からです。

9:30 〜 10:30 美脚美尻ピラティス 残席1

11:00 〜 12:15 ディープリラックスヨガ◎

※特別レッスンにつき回数券使用不可

今週も、どうぞよろしくお願いします。

2人で耳をすます

【本】ちっこ文庫

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

ちっこのゆるブログをご覧の皆さまこんにちは。
この1週間、アメリカからアクセスがあります。
ナイスアクセース!

◎ちっこ文庫

スタジオに、私の読んだ本を置いています。

読んでおもしろかったり、後味がよかったり、あったかい結末だったり…というものを置いています。

停電時昼間の読書のすすめ

今回の北海道地震の停電のとき、停電のほかは大きな被害はなかったので、とっておきの文庫本を読んでました。

水を運んだりおにぎりを作ったり…何かしないと不安になって、つい動きまわりたくなるんですが、不安からの行動は、あとからどっと疲れが出てきます。

そこで災害グッズの中に一冊!まだ読んでいない、明るい雰囲気の文庫本を災害時に開くと不安から離れられ、すごくいい気分転換になります。

することしたら、ムダに考えすぎず動き回らず、電気を使わなくて済む好きなことして過ごす!そんなふうに割り切れると、1日くらいの停電は乗り越えられるんだなって思いました。

強い揺れが多いと、そうも言っていられないかもしれないけど。

それでも現実から一瞬でも離れる時間は大切で、心身がすごくラクになるんですね。

集まってワイワイもいいなぁと思うんですが、長らくワイワイするとエネルギーを発散して疲れるタイプの方もいますからねぇ。私ですけど。

今回、停電時に集合した3人は、各自で本を読んでましたね(笑)。

私は文庫本を読みましたけど、瞑想でも編み物でも『多少の環境でも、つい集中するくらい好きなこと』って普段からあるといいなって思いました〜。

もしそんなのがなければ、するといいのが自分の体の観察ですね。

たとえば。仰向けになって手でお腹を押し、硬いところを柔らかくするべく深呼吸…。「ここって骨じゃないのに、なぜこんなに硬いの?」っていう目線で触っていくと、お腹が動いてホッとします。ふだんの緊張に気づくことができます。

さて

話は戻りまして、スタジオの『ちっこ文庫』に久々に数冊を追加しました。

『ダーシー・バッセルのやさしいピラティス』は、でかいので文庫コーナーの後ろの棚に入れました。

重たいので、おかけになってパラパラ〜っと読むといいですよ。

さて

ヨガスタジオアウラの

いとうちっこの やさPピラティス もよろしくねっ

2018年9月第3週のレッスンご予約状況です。

◎9/15(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス

12:00 〜 13:00 やさPピラティス 受付締め切り

◎9/16(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席1

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ 

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】白いしるし

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:白いしるし

著者:西加奈子

ニャンコの後ろ姿に惹かれて購入〜♡

自分のもやもやとした、でも確実にある「思い」を、ぴたりと言い当てる「言葉」を考えつかない。
無理に言い表すと、そこで僅かでも齟齬(そご)がうまれるから、言葉を使うことを手放し、それを絵画や、音楽で表現するのだ、と皆は言った。

絵を描きながらアルバイトをする32歳女、夏目。
さんざんエネルギーを使う恋愛はもういい…はずだったのに、恋愛はするものではなく落ちるもの、とばかりに芸術家の間島と衝撃的な出会いをしてしまい、お互いの作品にひかれあう。

どうにもならないところで惹かれる苦しさや目まぐるしい感情と状況が、夏目や間島の描く、絵と使う絵の具の色とがリンクして、目の前に鮮やかな色彩が広がってくる。そして後半は、夏目に間島を紹介した瀬戸の話が、思いのほか色濃く出てきた。(「おいおい、瀬戸、瀬戸〜!」ってなってしまった。)

私の感想。ただの恋愛小説じゃないな。
この本のストーリーのように、秀でた芸術家が独特で圧倒的な『やみ(闇・病み)』を持っていることは多い。←と個人的に思う。
それも強い魅力となって、その作品しかり芸術家本人しかりが熱狂的に(けれど割とピンポイントに)ファンを惹きつけることは、よくあることだと思う。
ファンという言葉が合うのか迷うほど、恋愛を通り越して狂おしいほどに(生活を変えて自身を差しだしてしまうほど)芸術家と作品に酔いこまれることは、よく聞く。

なんとなくそんな世界の雰囲気を感じていた頃もあり、絵は今でも大好きなので、この物語は楽しかった。
逆に共感できないひとには、ドロドロとした世界にすら感じるかもしれない。
そんな世界がライトな大阪弁で淡々と進むのは、独特なおもしろさになっていて楽しかった。

「恋愛モノは読まないんだよね」っていう人も、絵とか写真とかモノづくりといった芸術が好きな場合は、私のようにグッと入りこめる本かもしれない。


個人的なツボは、物語の中で、油絵の具の種類の名前まで出てくるところ。
間島が好んで使う色で『ジンクホワイト』という白色の絵の具が出てきます。
私は油絵を描いていた頃、ジンクホワイトの、ふわふわとした質感が好きでした。なので間島と同じように、こればかりを使っていたことを思い出しました。
物語には出てこないんですが、油絵の具に『チタニウムホワイト』っていう白い絵の具もあります。
ベタっとした漆喰のような質感で、ジンクホワイトとまた違う魅力があって、使い分けるのが好きだったんですよね〜。
雲を描くときはジンク、光や壁を描くときはチタニウム、というかんじ。

というわけで、

最後は私のノスタルジィトークになりましたが、感性磨かれる秋の夜長の季節に読むのもいいんじゃないでしょーか。

油絵は定年後に再開したいと思ってます(←いつ )。

そうそう、この本はブックオフで買ったんですけど、買ってからよく見たらどっかの図書室のハンコが押してありますね。

スタジオに置いたら、私がパクってきたみたいになるからどうしようかなって思っています。

さて

札幌ヨガスタジオアウラ

小心者 いとうちっこのレッスンご予約状況です。

◎8/18(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◯

10:30 〜 11:30 やさPピラティス△

12:00 〜 13:00 たのPピラティス◯

◎8/19(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー◯

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

▪️お知らせ▪️

好評につき♡朝活ゆるめヨガ継続!

8月に開講している土曜日9:00〜朝活ゆるめヨガが好評なので、残りの8/25と、9月も9:00〜開催することになりました。

ただし、9/8(土)は14:00〜いんヨガを開講します。

◎たのC Y❗️mayumiの代行朝ヨガフロー

9/2(日)10:30〜 ちっこ不在につき、mayumi (まゆみ)(アウラ金曜日レッスン担当)の代行レッスンになります。

小さな動きで体をゆるめ、徐々に大きな動きへ!汗がにじむチャレンジなポーズもお楽しみください。

レッスンでの伝え方は、私と似ている部分があるのでリラックスして受けて頂けると思います。

回数券も使える、リピーター様限定レッスンです。ご予約は、ちっこまでお願いします。

…今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】さいはての彼女

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:さいはての彼女

著者:原田マハ

そんな線はどこにもない。もしあるとしたら、お前が勝手に引いた「線」なんだ。そんなもん、超えていけ。どんどん超えていくんだ。

読んでいると、夏の北海道の広ーい道路と、その両サイドの緑がブワーっと目の前に広がってきます。

都会で『しなければいけないこと』や細かいことに追われているうち、自分の周りにたくさんの線を引いてしまう。

線といえば

私みたいな自由な仕事をしていても、周りの話やSNSの投稿に、動揺することとかありますもんね。常に、いい刺激って受け取れればいいんですけど、弱っているときほど「スゴイなぁ もし自分がすると絶対うまくできないことをしている…いいなぁ…」とかブレブレで、勝手に意味のない線を引いちゃいますからね〜。元気のないときほどSNSを閉じ目を閉じよですな。そして努力しろですね。←私の場合ね。

話は本にもどり、『さいはての彼女』の中で、自分もいっしょにバイクで風の中を突っ切っている感覚になると、そんな線のようなものがスーッと消えていくような。

私はペーパーだけど、ときどき夏の北海道の山の中に、身を置きたくなります。広ーい景色でどうにかなるさーの心を取り戻したくなるから?かもしれません。

この本は4編構成になっていまして『さいはての彼女』をもっと読みたかったなぁとも思いながらも、ほかの三編のお話も旅のお話しだったり、さいはての彼女のお母さんのお話しだったりで、リンクしてきます。

旅をすると自分との会話から新しいアイデアが生まれたり、価値観が変わったり、環境が変わることって外には出るけど自分の中の旅でもあると思っています。

新しい自分に会える、あの感覚がいいんだよ いんだぉーう って、読み終えて伸びをするのでした。

さて

みなさん 夏バテの彼女 にならないためにレッスンにきてな なんてな。

みんなで運動オンチの線を越えていくんだっ いとうちっこの 2018年8月第1週/第2週のレッスンご予約状況です。

8月限定サマータイム!土曜は朝活ゆるめヨガが始まるよ⇩

土曜日 14:00 〜 15:00 → 9:00 〜 10:00 へお引越し!(8/4、8/11、8/18限定)

し、か、もっ!今週は

第1日曜日9:00〜10:00 朝活ピラティスもやっちゃうもんねっ。

朝を制する者はなんでもできる〜(気がする。)

そしてそして今週は、

8/4(土)12:00〜

たのPピラティス → プライベート枠

に変更になりました。

◎8/4(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 プライベートパーソナル 限定1名様

◎8/5(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス ◎

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー キャンセル待ち

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】スキウサギ

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:スキウサギ

著者:キューライス

猫村さん以来か?という衝撃をうけた4コママンガです。付箋つけちゃうくらい笑ったマンガです。

ツイッターでは有名なんですね。

オビについているマンガがコレ

いつもマンガ家のキュー介のジャマをする、スキウサギ。「(寂しい独身のキュー介を癒してあげよう)」と原稿の上に乗り、仕事中のキュー介に向かってシッポをフリフリする必殺技『フェムフェム』をくり出し、仕事中のキュー介に「西友に行こうぜ!」と、やはり原稿の上に乗りアピール…。

キュー介「山に帰ってくれ…」

と毎回言うほどウザいはずなのに、自分のぶんと一緒にスキウサギのごはんを作るのは日課だし、居ないと「どこ行った!」と探してしまうスキウサギの愛され具合と憎めなさ。

ウサギなのにピザが好き… ちくわが好き…つっこみを入れる前に新たなボケや笑いが被さってくる、濃密な4コマ・ザ・ワールド。

たとえば、色々勝手にやらかして、キュー介に「おい…」と呆れられても「success!!」とひとり勝手に納得するスキウサギのまっすぐさとウザかわいさに、なんとも言えない笑いがこみ上げてきます。

そして「◯◯が好き!」とストレートに好きなものを口にだす子どものようなスキウサギの素直さは、大人が忘れかけていることだからこそ、キュンとくるのかもしれません。

なんと著者のキューライス先生のブログの中で、スキウサギの4コママンガが読めます。ほかの作品の4コマの1つとして更新されていますが、やっぱり一番スキウサギが好き!!

キューライス記

キューライス先生は映画もかなりお好きなようで、映画ネタも多く散りばめられています。知らない映画ネタも出てきますが、知らなくても笑ってしまうものが大半です。

最近のだと スキウサギ『カレー』

個人的には『ナウシカごっこ』 が好き…。

これもナウシカっぽい、『怒り』…。

ちょっとシュールなところがいい…。

スキウサギのストレートな自己アピールと、したいことはそのときにサラッとする自由さが…。

ウチのうさぎさん、とらとソックリなんですよねぇ。

さて

炭酸水が好き! いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第4週/5週レッスンご予約状況です。

◎7/28(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 たのPピラティス 休講

14:00 〜 15:00 いんヨガ ◯

◎7/29(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席1

12:00 〜13:00 やさPたのP ピラティス △

土曜日の「たのPピラティス」の時間は、今週はプライベート枠にします。希望のそこのあなた!はぜひお知らせくださいませ。

どうぞよろしくお願いします。