【本】グラビアアイドルの仕事論

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。

夏休みなので読書感想文をば…。

タイトル:グラビアアイドルの仕事論

著者:倉持由香

グラビアアイドルの世界は厳しい!と聞いたことはあったけど、読んでみると想像通り、想像以上。
グラビアアイドルの世界で独自路線を築いてきた著者のキャッチコピーは『尻職人』。
徹底したら顧客目線を持ち独自の戦略で生き抜いてきた著者による、グラビアアイドルを目指す人もそうでない人も必読のお仕事論です!

コンプレックスも活かさなければ“無駄尻”

他人より大きなお尻がコンプレックスだったものの、ある日カメラマンさんから「大きなお尻を武器にした方がいいよ!出さなかったらただの無駄尻だよ!」と言われ衝撃をうけます。
そこから「いっそ出すなら派手にやってみよう」と、twitterでお尻を強調した自画撮り画像をアップするように。

◎SNSの特性を駆使。グラビアアイドルの戦略

Twitterに自画撮り画像を載せると知名度がアップ。
そこから雑誌や写真集などの商品を買ってくれるファンがいて、さらにそこからイベントや撮影会に足を運んでくれるコアなファンになる。
このピラミッド構造を充実させるため、Twitterのフォロワーさんを楽しませることから手を抜きません。
結果フォロワーさんは1万人以上のアカウントに成長し、そのノウハウは周りにも伝授。
Twitterでは工夫をこらし「どんな尻が見たいですか?」と問いかけリクエストを募ったイベントは『 #シリクエストアワー 』。うますぎる!

◎グラビアアイドルのタレント戦略

自己投資(自分が出た雑誌を100冊買いアンケートを集めるなど)は惜しまず、商売道具は自分で揃え(水着など)、事前研究を欠かさない。
見られる一瞬のために、膨大な時間、エネルギーを費やしていることがわかります。
有名なアイドルのイメージとはちょっと違う裏の姿ですが、根本は好きなことを追求する気持ち。
好きという輝くエネルギーがファンを楽しませ、心を捉えていることが伝わります。

◎もちろん当書にもこだわりが!!

本の中盤には、実際の自画撮り画像が、こだわりとコツとともに掲載されています。
その役30ページは、上質紙。
尻がよりキレイに、質感が伝わる紙が選び抜かれていることがわかります。
テーマの仕事論について語るのは当然のこと、自伝と自画撮り画像でファンを喜ばせることにも事欠かない。
さすがの構成に、本の中で言われる『お、値段以上のニトリズム』とはこういうことか。と唸ります!

『モノが売れない時代』とはよく聞くものの、『いいモノが売れる』ともよく聞きます。
モノの価値は人によってそれぞれだけど、その人にとって一番フィットするもの=いいモノとも言えます。
提供するがわの魅せ方、紹介しだいで、その人にとっての『いいモノ』に出会える可能性が高くなるのは、どの業種にも通じることなんじゃないかな〜と思いました。

話はちょっと変わり、著者は子どもの頃から女体に興味があって裸の絵を描いたりしていたそうで、実は私もその気がありましたね〜。

動物も好きでしたが絵に描くのは、クビレたお姫様や人魚ばかりでした。

そこから尻やクビレを作る仕事をするとは思っても見なかったですけど、子どもの頃に好きだったものは永遠の興味になる可能性があるのでしょうね。

話は代わり、自分のキャッチコピーは自分で作れ!とこの本に書いてあって、やっぱりキャッチコピーっておもしろいなぁと思いましたね。

『なにわのブラックダイヤモンド』と名乗るグラビアアイドルさんもいるそうで、秀逸ですね。色黒のハッキリした顔立ちの美人ってイメージがパッと浮かびます。

私は夏休みで黒くなったので、今ならエゾのブラックシリカだぜって思ってしまいましたよね。

ブラックシリカってわかります?平成の中ごろに、風呂の中によく入っていたやつ…。

また脱線をやっちまったので戻ってまとめると、 著者のグラビアにかける情熱と研究するチカラは素晴らしい! モヤモヤするときには「くすぶっているのは自分のせい」と書かれたページを開きたいと思います。

さてさて

尻職人のリフレッシュにもおすすめなスタジオアウラの いとうちっこの

2019年7月第4週レッスンスケジュールです。

7/27(土)の全てのレッスンが休講となります。

◎7/28(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席2

12:00 〜 13:00 オールレベルピラティス ◯

※8月は完全休講日はありません

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

わたくしごとですが、本日で夏休みが終了しまして、いちど札幌に帰ってきました。

で、27日(土)を休講にして、横浜にセミナーを受けて夜帰ってきます。

実はお天気が少し心配なんですが、28日(日)レッスンに影響が出ないように帰りを調整して帰ってきたいと思います。

【文庫本】本当は怖い沖縄の話

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。

久々の、読みトレです。


.

.

青い空、透き通る海、ハイビスカス、生ぬるい夜風に響く三線…。
キラキラかがやく観光地、沖縄。

沖縄県在住の会社員である著者が、ただ楽しく明るいだけではない沖縄のディープな側面を紹介します。

第1章『観光客がいかない裏名所』中の、『沖縄の霊域』部分が公開されているサイトを見つけました。

本当は怖い沖縄の霊域

「あれ、霊が出てくる具体的な話ではないのか」と拍子抜けしつつもホッとしました。
「立ち入ってはいけない」と言われていた斎場御嶽(せーふぁうたき)がパワースポットとして観光客で賑わっていることに触れていて、「霊域であることを頭に入れて、ルールを守り、解放されている場所にだけ足を踏み入れるようにしてほしい。」と結ばれていますが、きっとリアルな地元の思いじゃないかなと感じます。

霊域よりも怖かったのは、沖縄とアメリカの関係。『私が知り合った怖い米兵』ですね。
基地内で知り合った軍人が、アメリカで2度の服役歴があり、その後に入隊して沖縄に配属されていた…という話です。
いやはや日本ではあり得ないことがアメリカでされていて、ソレが沖縄にスルッと流れているとは…。と驚愕です。
そのほか、基地や普天間とオスプレイについてなど、沖縄が好きで何度も行くなら知っておかなかければならない話が、コンパクトかつディープにまとまっています。

興味深いのは、文化と歴史、そして生活を綴った章です。
例えば、かつて沖縄の女性は『ハジチ』という刺青を手にほどこす文化がありました。
明治32年に禁止令が出されたものの、根強い風習から禁止令を無視して入れるケースもあり、子孫繁栄や魔除けなどの意味合いや、痛みに耐えることのできる強い女性である証明などの意味をもっていたそうです。

17世紀に薩摩藩が琉球王国に侵攻した際に、ハジチをほどこした女性を薩摩藩主が突き返したことから、薩摩に連れて行かれるのを避けるためにも行われるようになった。
…アジアに売られていくのを避けるためだったり、辻遊郭に送られるのを避けるために入れられることもあったようだ。

今でもハジチ模様の手袋がお土産やさんに売っていることもあるそうです。何気ないお土産が奥深い歴史につながっているとは、なかなか気づかないものですよね。

そのほか、地元の人が酒場でこっそり話すような会話も紹介されていて「おいおい書いて大丈夫!?」という感じのドキドキ感もあり、沖縄好きなら読んで損はなし!かと思います。

旅行する前にこれを読めば、沖縄が数倍、肌に近く感じられるでしょう。

さて

スタジオアウラの

沖縄大好き いとうちっこの

2019年4月第1週のご予約状況をみましょうね。

◎4/6(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎4/7(日)

全てのレッスンが休講になります。

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

ケーキもまだ受付中ですっ

さて本日のトレメニュー

・フォームローラー
・シングルレッグキック ×10回
・クリスクロス×10セット
・ロールオーバー×10回
・クラム45&90×各20回
・ヒップリフト×20回
・バナナ
・ニーリングツイスト×15回
・ジャンプスクワット×30回
・前後開脚でヨガストレッチ

ジャンプスクワットでヨレヨレになりました〜。

【本】やりたいことを全部やる!時間術

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:やりたいことを全部やる!時間術

著者:臼井由妃

多忙を極めるはずの経営者の傍、行政書士や宅建取得…!
そして、マネーの虎、好きでしたね〜。
挑戦者のプランを聞くのがおもしろくて好きでした。
(YouTubeでも見れちゃいます。)

さてさて こちらの本ですが、「だよねだよね」かつ「やったほうがいいことを当たり前にできている人が成し遂げられるんだよなぁ」って、できることが盛りだくさんの内容でした〜。

『仕事の予定は脳のバイオリズムに合わせて組む』
…1日の中でも、脳が活性化する部分は時間によって異なるのです。
…午前と午後とでは、向き不向きの仕事があるということ。
…午前は、頭の中で前頭連合野の機能が高まる時間帯です。
前頭連合野とは、思考したり計画をする部分です。ここが活発になるということは、午前は、論理的な思考力が求められる仕事や情報を処理する仕事をするのに適しているということです。
一方で午後は、交感神経が活発に活動する時間帯です。交感神経とは、外界からの刺激に反応する神経です。
つまり午後は感情がよく働く時間帯なので、打ち合わせなど人とコミュニケーションをとる仕事をするのに適している時間帯と言えるのです。

もちろん、体調や天候によって皆がこのパターンになるとは限らないことは追記してありますが、確かに午前中は考え事をしたり何かを生みだすのにおもしろいアイデアが湧いてきます。
女性あるあるかもしれませんが、生理周期も合わせて予定を調整する人も多いかもしれませんね。

例えば私の場合、冬の生理の週は体力が落ちるので昼寝の時間を確保するスケジュールにしたり、ムリしないスケジュールにします。
また、生理が終わって絶好調期はちょっと面倒だなっていう個人的な予定もえいっと入れてみたり。

『寝る前の「ながらシュミレーション」で翌朝の準備』
私は夜寝る前に、翌日身につける洋服やバッグ、仕事で使う書類などをあらかじめ準備しておきます。
そして天気予報をチェックして、翌日の天候によっては利用する交通機関を変更したり、洋服を変えたり、工夫をしています。
これらの準備やチェックは、忘れ物や遅刻を防ぐといいう目的のほかに、もう一つ目的があります。
…頭の中で明日やることをシュミレーションしているのです。

かなり細かく大事な部分をシュミレーションすることで、「自分は必ず成功する」と自分に認識させています。寝ている間に潜在意識が働いて、朝にはいいアイデアが浮かんでくるそうです。

私も次の日の準備および妄想はするんですが、そこまで意識してやっていなかった!そこまでするともっと楽しい1日になりそうだなっと、ハッキリ文字にしてくれて感謝〜と思いました。
休みの前日もそうやって準備をすると、充実した日になりそうだなーと思いました。

あとは「身の周りをスッキリさせておく」(←耳がいたい)とか、「睡眠時間をとる」とか時間を無駄にしない食生活とか、私が意識していることとかなりカブることが文字になっているナイス文庫だなっと思いました〜。


さて こちらの本をゲッツしたのは渋谷にあるBOOKLAB TOKYO という本屋とコワーキングスペースが一緒になったところです。

ビルの一室で本屋さんとしては広くはないスペースに、少数精鋭で置かれている本のセレクトを見るのがメチャクチャ楽しい空間です。
12月に続き先日が2回目だったのですが、本の配列と雰囲気がまた変わっていて楽しかったですね〜。さすがTOKYO、朝7時からオープンしています。
しかも!ノンカフェインドリンクも揃っているところまで私のツボにイン、イン。

今回は朝8時過ぎに着いたんですが、既に8人くらいお仕事していましたね。日曜日の朝なんですけど。

私ごと、土曜日の午後に東京に行き、日曜日の朝にBOOK LABって、11時から横浜で講座を受けて夜の便で帰ってくるという1泊2日でした〜。
土曜日の一部レッスンと日曜日を休講にしたぶん、パワーアップしたぜっっというかなり濃厚な時間を過ごしてきました〜。

が!今回3日間もブログを書く気にならなかったのはワケがあります。

日曜日は21時近くの飛行機だったので、家に着いたのが0時近く。家で眠りについたのが1時半頃。
次の日は昼寝をしても2日酔い状態。そのテンションというか体調を、ズルズルと引きずってしまいました…。
普段から睡眠長めで22時台に寝る人間にとってはかなりヘビーだったみたいです。トホ。
でも!寝る時間が遅いとかなり体は硬くなるし運動する以前の問題っていう体が仕上がるとゆーことが身をもって体感できました!!

さてさて

くる前日は ちょっと早く寝てほしいスタジオアウラの

ロングスリーパー いとうちっこの 2019年2月および3月第1週のレッスンご予約状況です。

◎2/28(木)
10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎3/2(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス ◎

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎3/3(日)

9:00 〜 10:00 月に一度♡朝活ピラティス

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
残り少ない2月、そして3月もどうぞよろしくお願いします。

爆尻

【実用書】名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

著者:鈴木康之

数文字でその世界を魅せる、キャッチコピー!

うまいなぁ この本と思うのが、出だしにこう持ってくるわけですよ。

【文章は書くものではない 読んでもらうものである】

公開ブログを書いているような者には、ぐさりと刺さる出だしでした。

この本では、キャッチコピーを書くポイントが、有名キャッチコピーとともに紹介されます。

紹介される名作コピーは、どれも共感してしまい、「うーん、うまい」と何度つい呟いたことか。

たとえば、新しいタイプの高齢者施設の広告コピー。

【人は健康な時に、そうじゃない自分を想像するのが、なんて苦手なんだろう。】

【「早めの引っ越し」60を過ぎたら覚えてほしいキーワードです。】

…「なんて苦手なんだろう。」と1人呟くような文末が、健康でなくなったときの自分の声であるかのような錯覚すら覚えさせ、下段の言葉でピリリとしめる。うまーい!入居考えてしまうやろ!

そして、楽天トラベル。

キャラクターはスナフキン。

ニヤッとしちゃう、あるあるがズラリです。(コピーに合わせて持ち物が変わるスナフキンの芸の細やかさにキュン!)

これは、朝日新聞に2年半も休まずに、毎日連載した広告だそうです。

その長らく続いたシリーズの終わりにまた、心掴まれました!

シリーズに終わりがきました。ラスト三回はスナフキンの目から涙が出ています。その三本のコピーはこうでした。

だって旅に「さよなら」はつきものですから。

思えば、この広告も長い旅でした。

スナフキンに、なろう!

どこかに行くだけが旅じゃなく、日々が旅で、終わりがきた時にこれが長い旅だったと気づくものです。仕事を終えるとき、子どもが巣立つとき、人生の終わり…。

そんなことを考えさせるって、短くてシンプルな言葉こそ、人に届くんですね〜。コピーってすごい!

さて

何もないけど 体が変わる希望がある スタジオアウラの いとうちっこの

2018年12月第4週目のレッスンご予約状況です。

◎12/22(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス キャンセル待ち

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◯

◎12/23(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 オールレベルピラティス ◯

◎12/24(月・祝)

いんヨガ90min キャンセル待ち

今週も、どうぞよろしくお願いします。

実は

今回紹介した本ですが、「めっちゃいい本見つけた〜」とルンルンして帰ると、私の本棚にすでに入っていた んですよ…。

よく読んでみて、いちど読んだことを思い出しました。もう、自分のアフォ!アフォ!!というわけで、そんなときのコピー。

忘れっぽいと、何度でも感動できる。