【実用書】名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方

著者:鈴木康之

数文字でその世界を魅せる、キャッチコピー!

うまいなぁ この本と思うのが、出だしにこう持ってくるわけですよ。

【文章は書くものではない 読んでもらうものである】

公開ブログを書いているような者には、ぐさりと刺さる出だしでした。

この本では、キャッチコピーを書くポイントが、有名キャッチコピーとともに紹介されます。

紹介される名作コピーは、どれも共感してしまい、「うーん、うまい」と何度つい呟いたことか。

たとえば、新しいタイプの高齢者施設の広告コピー。

【人は健康な時に、そうじゃない自分を想像するのが、なんて苦手なんだろう。】

【「早めの引っ越し」60を過ぎたら覚えてほしいキーワードです。】

…「なんて苦手なんだろう。」と1人呟くような文末が、健康でなくなったときの自分の声であるかのような錯覚すら覚えさせ、下段の言葉でピリリとしめる。うまーい!入居考えてしまうやろ!

そして、楽天トラベル。

キャラクターはスナフキン。

ニヤッとしちゃう、あるあるがズラリです。(コピーに合わせて持ち物が変わるスナフキンの芸の細やかさにキュン!)

これは、朝日新聞に2年半も休まずに、毎日連載した広告だそうです。

その長らく続いたシリーズの終わりにまた、心掴まれました!

シリーズに終わりがきました。ラスト三回はスナフキンの目から涙が出ています。その三本のコピーはこうでした。

だって旅に「さよなら」はつきものですから。

思えば、この広告も長い旅でした。

スナフキンに、なろう!

どこかに行くだけが旅じゃなく、日々が旅で、終わりがきた時にこれが長い旅だったと気づくものです。仕事を終えるとき、子どもが巣立つとき、人生の終わり…。

そんなことを考えさせるって、短くてシンプルな言葉こそ、人に届くんですね〜。コピーってすごい!

さて

何もないけど 体が変わる希望がある スタジオアウラの いとうちっこの

2018年12月第4週目のレッスンご予約状況です。

◎12/22(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス キャンセル待ち

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◯

◎12/23(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜 13:00 オールレベルピラティス ◯

◎12/24(月・祝)

いんヨガ90min キャンセル待ち

今週も、どうぞよろしくお願いします。

実は

今回紹介した本ですが、「めっちゃいい本見つけた〜」とルンルンして帰ると、私の本棚にすでに入っていた んですよ…。

よく読んでみて、いちど読んだことを思い出しました。もう、自分のアフォ!アフォ!!というわけで、そんなときのコピー。

忘れっぽいと、何度でも感動できる。