【本】坂の上の坂

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

タイトル:坂の上の坂〜30代から始めておきたい55のこと

著者:藤原和博

リクルートの営業マンから都内初の民間校長となった著者の本です。

2012年の本ですが、1997年、著者の42歳のころに『日本はどこに向かおうとしているのか』に気がつきます。

成熟社会とアールド・ヴィーヴル

キーワードは「成熟社会」。成熟社会とは、個々人が多様な価値観を持ち、それぞれの生き方を追い求める社会です。

著者が会社に直訴し、これからの日本のヒントを得に渡ったヨーロッパでみたものは、『Art de vivre(アールド・ヴィーヴル)』。

人々の間には「アール・ド・ヴィーヴルとはつまりこれだ」という一般解はありません。一人一人自由に考え、選択し、味わっているのです。まさに、これこそ成熟社会の生き方だと感じました。

その定義は人それぞれだけど、個々それぞれの幸せの形、というニュアンスでしょうか。例えば、20代の若者にアールド・ヴィーヴルとは、と尋ねて返ってくる言葉。

「生きることを楽しみ、日常の平凡さから抜け出る知恵です」「昨日の繰り返しを続けないことです。ゆとりある時間の中で生まれる楽しみ」「電車を一台やり過ごし、次の電車で座っていくこと…時間にゆとりを持てば胸いっぱいに人生を呼吸できます」

若くしてすごい。私がその年で同じことを言われたら、「よくわかんないけどぉ、カシオレでガーリックチャーハン食べてるときは幸せでーす」とか言ってたかもな。

1997年に20代の若者一人ひとりが持つ、自分軸の価値観。将来この国はどうなっていくんだろう?とワクワクしてしまいます。

そして現在の2018年の日本の流れは「それぞれが各方向に向かうこともあるよね」と、ひと昔前の「みんな一緒が普通」の価値観から大きく動いていると感じることがよくあります。

個人的に、30年後くらいには、日本での『普通』は今とだいぶ違う感じになっているんじゃないかな、と思います。それと同時に、それに歯止めをきかせようとする、個人の行動を規制するかのような法律もきっと増えてくる。そんなことを決める人たちを選ぶのは自分なので、責任をもって投票に行くのがもっと普通になっているといいなぁと思います。

ヨーロッパの、人それぞれという価値は、みんなが好きに過ごして相手を見ないのか?と言ったらそうではないところがいいなぁと思いました。

フランス人の人生観には「人は生を受け、死を迎えるまで、結局他人と完全にわかり合うことはできない」という絶対的に孤独な人間観が深く横たわっています。もしかすると、これこそが、成熟社会に流れる基本認識なのではないか、と。

だからこそ「いかに分かり合えない者同士がともに幸せに生きていくことができるか」に頭が向かうようになるのです。美味しい食事、知的な会話、人が幸福を共有する時間をだいじにする。そうした方法を常に日常の中に模索している。そう感じます。

「それぞれの違いは当たり前」の前提で、人との関わりを楽しむって、お互いムリがなくていいなぁと思いました〜。

まだ紹介したいところが多い本なので、またそのうちに。この本の考えかた、すきです。


さて

スタジオアウラの いとうちっこの

カモンベイベー肩こり 2018年11月第3週のレッスンご予約状況です。

◎11/17(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎11/18(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

にゃん。

【本】持たない暮らし

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)、パーソナルトレーニングでお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

タイトル:持たない暮らし

著者:金子由紀子

「たっぷりした時間」って、「頑張って働いて、いつか手に入れる時間」じゃなくて、「今、ここにある一瞬」のことなのではないでしょうか?

今日という日の24時間は、どう頑張っても、30時間にはなりません。

でも、ここにある一瞬は、とても確かです。いつか手に入れる長期休暇よりもはるかに確実です。

その確実な一瞬を、その目で味わい、楽しむことができれば、それこそが「たっぷりした時間」を私たちに与えてくれるのだと思います。

『持たない』の本質は、必要で大好きで大切なモノコトヒトと生きることかな、と上記のメッセージにシビれました〜。

私も、不要品を見直して思うことがありました。日常から離れたいと思うのは、日々のアレコレやモノに圧迫されているからなんだなと。

余計なモノコトからの圧迫を減らすと、自然と考えかたが自由になって時間ができる…。本書の考え方を身をもって知るところとなりました。

圧迫が強いと、日々から逃れるために旅に出てゆっくり…のはずが、意外と時間がないな、アレやらなきなゃ〜となるものです。

余談ですが、ヨガでは瞑想をする前段階で「身の回りを清潔にしよう」と言われます。

座って目を閉じて頭をカラにするって最初は難しいけど、清潔にすること(など)でスッキリし、勝手に瞑想に近い集中状態に持って行かれるんですね。

そして本書で『生き物と暮らすとモノを減らす習慣がつく』というようなところがあり、一瞬「そう?!」って思いました。

が、思い返してみると…。

床に新しいモノを置くとカジカジされ、スキマがあれば入っていく うさぎ のおかげで、たしかに置きっ放し等に気をつけるようになりました〜。

これで完璧って余裕こいていたら、高いところに登ってカジカジしていて うさぎの方がウワテでした〜。

さて

スタジオアウラの

うさぎよりもウワテになるために今週は不在の

いとうちっこの 代行のレッスンのご予約状況です。

11/11(日)10:30〜 11:30 朝ヨガフロー

(代行:mayumi)

※回数券は使えます。回数券の購入もできますが、できればお釣りの出ないようにご用意頂ければナイスです。

以下は いとうちっこのレッスンご予約状況です。

◎11/17(土)

9:00〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 たのPピラティス 残席2

12:00 〜 13:00 やさPピラティス ◎

◎11/18(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】手ぶらで生きる

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:手ぶらで生きる

著者:ミニマリストしぶ

ミニマリストは、ただの『モノを持たない人』ではない

ミニマリストの語源になっているのは「ミニマル」-「最小限の」という意味を持つ言葉。

…もっともわかりやすいのが、Apple製品だろう。誰もが知るあのリンゴのマークを強調するために、余分なデザインを極限までそぎ落としている。

つまり、ミニマリズムの本質は、ある一点を目立たせるために他をそぎ落とす「強調」にある。

ものが無ければよしってもんじゃない。本当に必要なもの、大切なものがあるのがミニマリズムというわけなんですね。

そして『ミニマリズム』はモノやお金のことだけでないという著者の考え方は深く、好きなモノを選んで生きようとしているなら共感する部分も多いのでは、と思います。

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとって、なにが幸せか」を知ることだ。

そして、そぎ落とすべき「無駄」は、お金の出費や物の量だけでなく、生活スタイルや思考、人付き合いまで、人生のあらゆる局面におよぶ。

カネ・ミニマリズム(お金)

モノ・ミニマリズム(モノ)

トキ・ミニマリズム(時間)

ヒト・ミニマリズム(人間関係)

コト・ミニマリズム(思考・行動)

本当に大好きなことのために、ムダをそぎ落とし、価値になるものは迷いなく増やす。

逆に、ムダをそぎ落としていくと大切なものが見えてくることもある…。冷蔵庫なし、財布は持たないなど、実際に著書がやってみたから見える景色にワクワクします。

何もない部屋

ミニマリストの強烈なインパクトは、ガランとした、いっけん何もない部屋。

著書はテレビでも紹介されているそうだけど、テレビはインパクトある部分を強調しますよね。

強烈な部屋のイメージから『ミニマリストは何も持たない』生活と勘違いされかねないと思います。テレビではその本質をしっかり伝えて頂きたいし、この本を読むと、きっとテレビでは写り切らない本質が見えてきます。

◎『自由にする』感覚

著書は『何かをしない』ではなく『自由にする』っていう感覚を持っています。

例えばテレビは持たないけど『見ない』わけではありません。

『テレビが悪いのではなく、ついテレビをつけ、ダラダラと受け身で時間を潰すことがよくない』とし、スマホとパソコンで見たいものだけ視聴することでテレビを楽しんでいるそうです。

テレビと、とても上手な使い方をしていますよねぇ。

『物を自由にする』の中で印象強いのが『増やすなら「投資になる物を」』。

ムダをそぎ落とすミニマリストが選ぶ少数精鋭の物には興味深々。

やっぱりというか当然というか、必要なものや時短になるためには躊躇なくいいものを揃えます。仕事道具ではMacBookや、生活ではルンバやダイソンのドライヤーなど。

「実際使って合わなかった、生活に合わなくなった」ものは躊躇なくフリマアプリなどを使って手放し、その繰り返しで感覚が磨かれていくんだそう。

◎幸せって?

著書は自らミニマリストを職業にして発信をし、『人は発信することで幸せを得られる』といいます。

山に篭らずも、現代の便利さに流されずに自分をコントロールでき、それが自分の幸せに繋がることを知っている。しかもMacBookや最新のiPhone(それも安く!)などを賢く使いこなす…。さすがは1995年生まれの若い世代、便利なものをサラリと取り入れる上手さはピカイチ。

著書は一日一食ということもあり『修行僧』とか『悟っている』とか言われるらしいですが、本人はしたいことだけをしているだけで、ムリなガマンは一切していません。

個人的に私は「自分が感じる本当の幸せを知っていることは、不安定な世の中で最強なんじゃないかな」と思います。

◎本を読んでしたことと起こった不思議なこと

北海道地震でプチンと停電になったとき、余震の中で「まず命があれば」っていうのがまず瞬間的に感じたこと。

そして、すぐに必要なものが探せない不自由さに「なんだかなぁ」とショックを受けたところでこの本を読み、いてもたってもいられずに、不用品整理に取りかかりました。おかげでずっと手元にあった画材を、手放すことができました。

絵の具や筆などを処分して、手持ちの画材は色鉛筆と水性ボールペンだけになりました。

服では、「着ないけど絵として好きな服」や、寝るときに着るかも?ととっておいた、実際には着なかった服なんかもハギレに。

どうしたらいいかよくわからなった大きな植木鉢などの大型品は、親が車を出して手伝ってくれました。手伝ってもらうほどの不用品を抱えているなんてなぁって、なんだか反省しちゃいましたね。

んで!ですね、不用品をまとめたところで、起こった不思議なこと。それは思いもよらないものが欲しくなったことなんです。

いきなり欲しくなったのが、新しいメガネ。それまで欲しいとも思っていなかったんですが、そういえば10年くらい使っていて、レンズも黄色くなっている。毎日使うものだし、ブルーライトカットの目に優しいのがほしいな、と思ってます。

そして、即決で買ったのが、ストレッチポールハーフカットを6本。

これはレッスンで使うのに「あればいいな〜、ヨガでもピラティスでも使ったほうがいい」と思っていたけど、予算てきに余裕がある月に買おう…置く場所も決めていないし…とこの半年近く、なんとなく思っていた物です。

ここで即決で買うとは正直、自分でも思ってなかったです。よっぽど欲しかったんでしょうねぇ(笑)。

いらないものをそぎ落とすと本当に欲しいものが見えてくるって本当なんだ〜!とちょっとビックリしちゃいました。

何か行動させる本ってすごいよね。ミニマリストさんも何人かいるみたいだけど、しぶさんの考え方(食生活も)自分には一番しっくりくるな〜と思いました。

ブログもおもしろいです。→ミニマリストしぶのブログ が、やっぱり本も読んでもらいたいなぁ。


さて ヨガスタジオアウラの

身長ミニマリスト いとうちっこの 2018年9月第4週レッスンご予約状況です。

◎9/23(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 

12:00 〜13:00 プライベートパーソナル受付中

◎9/24(祝・月)
特別開催レッスン2本です。3ヶ月以内のリピーター様優先、一般受付は9/23(日)からです。

9:30 〜 10:30 美脚美尻ピラティス 残席1

11:00 〜 12:15 ディープリラックスヨガ◎

※特別レッスンにつき回数券使用不可

今週も、どうぞよろしくお願いします。

2人で耳をすます

【本】60代が一番、自由になれる。

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:60代が一番、自由になれる。

著者:古川裕倫

仕事で独立する人が増えている時代だけど、今の60代は、定年まで同じ場所で働くことも割と普通の世代じゃないかと思います。

定年日を境に、会社に行かなくてよくなってしまいますよね。良くも悪くも自分の意思とは関係なしに。

そこで、この本には定年後をおもしろく過ごすためのヒントがたくさん書いてあります。

その中で、同年代とだけでなく、若手とも積極的に交流するとおもしろい…というようなことが書いてあり、そんな60代っていいなぁと思いました。

当たり前田敦子だけど、年を追うごとに自分より年が下の人が多くなっていく。

そんなときに、ずっと若い世代とも話すのが普通になっていたほうが楽しいなって。

あと、意外だなって思ったところが、「持ち家を手放す」っていうところ。不動産の処理って大変だし、子どもが大変な思いをするなら持たないのも選択の1つだ…って。

「定年後といえば持ち家で暮らす人が多い」っていう勝手なイメージでしたけど、修理とか除雪とか色々あるし固定資産税だってあるから、持ち家が神ってわけでもないんですよね。

もし持ち家から賃貸に移る場合は、かなり持ち物を減らしますよね。身軽さがいいと思う人にはいい選択かもしれないですよねぇ。



さて

60代向けの本で少し大人になった いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第3週/第4週 レッスンご予約状況よ。

◎7/21(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎7/22(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

どうぞよろしくお願いします。

…わたくしごと、恒例の沖縄へのリフレッシュ旅に行っていました。

リフレッシュといっても、一般的にはツマラナイ旅かもしれないです。

ジュンク堂の近くに宿をとり、ほぼ同じ店でごはんとお茶をし、ジュンク堂で選んだ本やカフェに置いてある本を読む。あとはピラティスを受けに行く。

家から離れて集中して読める環境がすごく幸せで、いつもは読まないジャンルの本を手にとり新しい世界が見えた旅になりました〜。海とか行ってませんけど、大収穫です。

次回は11月に、念願叶ったりで那覇にお仕事を兼ねて行くことになりそうです。

というわけでまた11月になりますが休講すみません。(ちなみに8月は休講はないです。)

【本】人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

著者:千田琢哉

著者の、灼熱の情熱と『本愛』が、ど直球に心へ響きます。

辛いときこそ最高の本に会えるチャンス。
2回手にとったら買うしかない。
(書き手の)人生の時間を買うのだから、一冊に10万円の価値がある。

いや〜 シビれますね〜

…休日に、なんとなく本屋へ行き「今日はおもしろそうなのに出会えないな」と、何も買わずに出た日を思い起こして悔やむくらい!
これを読んでから本屋へ行くと、肩に食い込むほどのおもしろい本たちに出会えそうです。
実際に、読んでからジュンク堂に行き、3冊も楽しそうな本に出会えました〜。
この本を読まなきゃ出会わなかった本たちです。

忙しいときに「小説を読む時間はもったいないかな」って後ろめたく思うことはないんだなって背中を押してもらった気分でした。

著者の千田さんは、大学生の間に、本を一万冊以上、総計1000万円以上かけてありとあらゆるジャンルの本を読んだそうです。
人生に役立てるためではなく、単純に楽しかったから、だそうです。

何かを好きっていう情熱は、本人の意図しないところでズバ抜けたことを成し遂げるものですね。



さて

ヨガピラティス変態をめざそうと思った いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第3週/第4週 レッスンご予約状況です。

◎7/21(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎7/22(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

7/11(水)〜7/18(水)全てのレッスンが休講になります。

どうぞよろしくお願いします。

にゃん。