【本】白いしるし

札幌で肩凝りや初心者のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 大通から近くの円山 少人数制 ヨガスタジオアウラ いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:白いしるし

著者:西加奈子

ニャンコの後ろ姿に惹かれて購入〜♡

自分のもやもやとした、でも確実にある「思い」を、ぴたりと言い当てる「言葉」を考えつかない。
無理に言い表すと、そこで僅かでも齟齬(そご)がうまれるから、言葉を使うことを手放し、それを絵画や、音楽で表現するのだ、と皆は言った。

絵を描きながらアルバイトをする32歳女、夏目。
さんざんエネルギーを使う恋愛はもういい…はずだったのに、恋愛はするものではなく落ちるもの、とばかりに芸術家の間島と衝撃的な出会いをしてしまい、お互いの作品にひかれあう。

どうにもならないところで惹かれる苦しさや目まぐるしい感情と状況が、夏目や間島の描く、絵と使う絵の具の色とがリンクして、目の前に鮮やかな色彩が広がってくる。そして後半は、夏目に間島を紹介した瀬戸の話が、思いのほか色濃く出てきた。(「おいおい、瀬戸、瀬戸〜!」ってなってしまった。)

私の感想。ただの恋愛小説じゃないな。
この本のストーリーのように、秀でた芸術家が独特で圧倒的な『やみ(闇・病み)』を持っていることは多い。←と個人的に思う。
それも強い魅力となって、その作品しかり芸術家本人しかりが熱狂的に(けれど割とピンポイントに)ファンを惹きつけることは、よくあることだと思う。
ファンという言葉が合うのか迷うほど、恋愛を通り越して狂おしいほどに(生活を変えて自身を差しだしてしまうほど)芸術家と作品に酔いこまれることは、よく聞く。

なんとなくそんな世界の雰囲気を感じていた頃もあり、絵は今でも大好きなので、この物語は楽しかった。
逆に共感できないひとには、ドロドロとした世界にすら感じるかもしれない。
そんな世界がライトな大阪弁で淡々と進むのは、独特なおもしろさになっていて楽しかった。

「恋愛モノは読まないんだよね」っていう人も、絵とか写真とかモノづくりといった芸術が好きな場合は、私のようにグッと入りこめる本かもしれない。


個人的なツボは、物語の中で、油絵の具の種類の名前まで出てくるところ。
間島が好んで使う色で『ジンクホワイト』という白色の絵の具が出てきます。
私は油絵を描いていた頃、ジンクホワイトの、ふわふわとした質感が好きでした。なので間島と同じように、こればかりを使っていたことを思い出しました。
物語には出てこないんですが、油絵の具に『チタニウムホワイト』っていう白い絵の具もあります。
ベタっとした漆喰のような質感で、ジンクホワイトとまた違う魅力があって、使い分けるのが好きだったんですよね〜。
雲を描くときはジンク、光や壁を描くときはチタニウム、というかんじ。

というわけで、

最後は私のノスタルジィトークになりましたが、感性磨かれる秋の夜長の季節に読むのもいいんじゃないでしょーか。

油絵は定年後に再開したいと思ってます(←いつ )。

そうそう、この本はブックオフで買ったんですけど、買ってからよく見たらどっかの図書室のハンコが押してありますね。

スタジオに置いたら、私がパクってきたみたいになるからどうしようかなって思っています。

さて

札幌ヨガスタジオアウラ

小心者 いとうちっこのレッスンご予約状況です。

◎8/18(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◯

10:30 〜 11:30 やさPピラティス△

12:00 〜 13:00 たのPピラティス◯

◎8/19(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー◯

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

▪️お知らせ▪️

好評につき♡朝活ゆるめヨガ継続!

8月に開講している土曜日9:00〜朝活ゆるめヨガが好評なので、残りの8/25と、9月も9:00〜開催することになりました。

ただし、9/8(土)は14:00〜いんヨガを開講します。

◎たのC Y❗️mayumiの代行朝ヨガフロー

9/2(日)10:30〜 ちっこ不在につき、mayumi (まゆみ)(アウラ金曜日レッスン担当)の代行レッスンになります。

小さな動きで体をゆるめ、徐々に大きな動きへ!汗がにじむチャレンジなポーズもお楽しみください。

レッスンでの伝え方は、私と似ている部分があるのでリラックスして受けて頂けると思います。

回数券も使える、リピーター様限定レッスンです。ご予約は、ちっこまでお願いします。

…今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】さいはての彼女

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:さいはての彼女

著者:原田マハ

そんな線はどこにもない。もしあるとしたら、お前が勝手に引いた「線」なんだ。そんなもん、超えていけ。どんどん超えていくんだ。

読んでいると、夏の北海道の広ーい道路と、その両サイドの緑がブワーっと目の前に広がってきます。

都会で『しなければいけないこと』や細かいことに追われているうち、自分の周りにたくさんの線を引いてしまう。

線といえば

私みたいな自由な仕事をしていても、周りの話やSNSの投稿に、動揺することとかありますもんね。常に、いい刺激って受け取れればいいんですけど、弱っているときほど「スゴイなぁ もし自分がすると絶対うまくできないことをしている…いいなぁ…」とかブレブレで、勝手に意味のない線を引いちゃいますからね〜。元気のないときほどSNSを閉じ目を閉じよですな。そして努力しろですね。←私の場合ね。

話は本にもどり、『さいはての彼女』の中で、自分もいっしょにバイクで風の中を突っ切っている感覚になると、そんな線のようなものがスーッと消えていくような。

私はペーパーだけど、ときどき夏の北海道の山の中に、身を置きたくなります。広ーい景色でどうにかなるさーの心を取り戻したくなるから?かもしれません。

この本は4編構成になっていまして『さいはての彼女』をもっと読みたかったなぁとも思いながらも、ほかの三編のお話も旅のお話しだったり、さいはての彼女のお母さんのお話しだったりで、リンクしてきます。

旅をすると自分との会話から新しいアイデアが生まれたり、価値観が変わったり、環境が変わることって外には出るけど自分の中の旅でもあると思っています。

新しい自分に会える、あの感覚がいいんだよ いんだぉーう って、読み終えて伸びをするのでした。

さて

みなさん 夏バテの彼女 にならないためにレッスンにきてな なんてな。

みんなで運動オンチの線を越えていくんだっ いとうちっこの 2018年8月第1週/第2週のレッスンご予約状況です。

8月限定サマータイム!土曜は朝活ゆるめヨガが始まるよ⇩

土曜日 14:00 〜 15:00 → 9:00 〜 10:00 へお引越し!(8/4、8/11、8/18限定)

し、か、もっ!今週は

第1日曜日9:00〜10:00 朝活ピラティスもやっちゃうもんねっ。

朝を制する者はなんでもできる〜(気がする。)

そしてそして今週は、

8/4(土)12:00〜

たのPピラティス → プライベート枠

に変更になりました。

◎8/4(土)

9:00 〜 10:00 朝活ゆるめヨガ ◎

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 プライベートパーソナル 限定1名様

◎8/5(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス ◎

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー キャンセル待ち

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】スキウサギ

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:スキウサギ

著者:キューライス

猫村さん以来か?という衝撃をうけた4コママンガです。付箋つけちゃうくらい笑ったマンガです。

ツイッターでは有名なんですね。

オビについているマンガがコレ

いつもマンガ家のキュー介のジャマをする、スキウサギ。「(寂しい独身のキュー介を癒してあげよう)」と原稿の上に乗り、仕事中のキュー介に向かってシッポをフリフリする必殺技『フェムフェム』をくり出し、仕事中のキュー介に「西友に行こうぜ!」と、やはり原稿の上に乗りアピール…。

キュー介「山に帰ってくれ…」

と毎回言うほどウザいはずなのに、自分のぶんと一緒にスキウサギのごはんを作るのは日課だし、居ないと「どこ行った!」と探してしまうスキウサギの愛され具合と憎めなさ。

ウサギなのにピザが好き… ちくわが好き…つっこみを入れる前に新たなボケや笑いが被さってくる、濃密な4コマ・ザ・ワールド。

たとえば、色々勝手にやらかして、キュー介に「おい…」と呆れられても「success!!」とひとり勝手に納得するスキウサギのまっすぐさとウザかわいさに、なんとも言えない笑いがこみ上げてきます。

そして「◯◯が好き!」とストレートに好きなものを口にだす子どものようなスキウサギの素直さは、大人が忘れかけていることだからこそ、キュンとくるのかもしれません。

なんと著者のキューライス先生のブログの中で、スキウサギの4コママンガが読めます。ほかの作品の4コマの1つとして更新されていますが、やっぱり一番スキウサギが好き!!

キューライス記

キューライス先生は映画もかなりお好きなようで、映画ネタも多く散りばめられています。知らない映画ネタも出てきますが、知らなくても笑ってしまうものが大半です。

最近のだと スキウサギ『カレー』

個人的には『ナウシカごっこ』 が好き…。

これもナウシカっぽい、『怒り』…。

ちょっとシュールなところがいい…。

スキウサギのストレートな自己アピールと、したいことはそのときにサラッとする自由さが…。

ウチのうさぎさん、とらとソックリなんですよねぇ。

さて

炭酸水が好き! いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第4週/5週レッスンご予約状況です。

◎7/28(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 たのPピラティス 休講

14:00 〜 15:00 いんヨガ ◯

◎7/29(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席1

12:00 〜13:00 やさPたのP ピラティス △

土曜日の「たのPピラティス」の時間は、今週はプライベート枠にします。希望のそこのあなた!はぜひお知らせくださいませ。

どうぞよろしくお願いします。

【本】60代が一番、自由になれる。

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:60代が一番、自由になれる。

著者:古川裕倫

仕事で独立する人が増えている時代だけど、今の60代は、定年まで同じ場所で働くことも割と普通の世代じゃないかと思います。

定年日を境に、会社に行かなくてよくなってしまいますよね。良くも悪くも自分の意思とは関係なしに。

そこで、この本には定年後をおもしろく過ごすためのヒントがたくさん書いてあります。

その中で、同年代とだけでなく、若手とも積極的に交流するとおもしろい…というようなことが書いてあり、そんな60代っていいなぁと思いました。

当たり前田敦子だけど、年を追うごとに自分より年が下の人が多くなっていく。

そんなときに、ずっと若い世代とも話すのが普通になっていたほうが楽しいなって。

あと、意外だなって思ったところが、「持ち家を手放す」っていうところ。不動産の処理って大変だし、子どもが大変な思いをするなら持たないのも選択の1つだ…って。

「定年後といえば持ち家で暮らす人が多い」っていう勝手なイメージでしたけど、修理とか除雪とか色々あるし固定資産税だってあるから、持ち家が神ってわけでもないんですよね。

もし持ち家から賃貸に移る場合は、かなり持ち物を減らしますよね。身軽さがいいと思う人にはいい選択かもしれないですよねぇ。



さて

60代向けの本で少し大人になった いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第3週/第4週 レッスンご予約状況よ。

◎7/21(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎7/22(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

どうぞよろしくお願いします。

…わたくしごと、恒例の沖縄へのリフレッシュ旅に行っていました。

リフレッシュといっても、一般的にはツマラナイ旅かもしれないです。

ジュンク堂の近くに宿をとり、ほぼ同じ店でごはんとお茶をし、ジュンク堂で選んだ本やカフェに置いてある本を読む。あとはピラティスを受けに行く。

家から離れて集中して読める環境がすごく幸せで、いつもは読まないジャンルの本を手にとり新しい世界が見えた旅になりました〜。海とか行ってませんけど、大収穫です。

次回は11月に、念願叶ったりで那覇にお仕事を兼ねて行くことになりそうです。

というわけでまた11月になりますが休講すみません。(ちなみに8月は休講はないです。)

【本】人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

著者:千田琢哉

著者の、灼熱の情熱と『本愛』が、ど直球に心へ響きます。

辛いときこそ最高の本に会えるチャンス。
2回手にとったら買うしかない。
(書き手の)人生の時間を買うのだから、一冊に10万円の価値がある。

いや〜 シビれますね〜

…休日に、なんとなく本屋へ行き「今日はおもしろそうなのに出会えないな」と、何も買わずに出た日を思い起こして悔やむくらい!
これを読んでから本屋へ行くと、肩に食い込むほどのおもしろい本たちに出会えそうです。
実際に、読んでからジュンク堂に行き、3冊も楽しそうな本に出会えました〜。
この本を読まなきゃ出会わなかった本たちです。

忙しいときに「小説を読む時間はもったいないかな」って後ろめたく思うことはないんだなって背中を押してもらった気分でした。

著者の千田さんは、大学生の間に、本を一万冊以上、総計1000万円以上かけてありとあらゆるジャンルの本を読んだそうです。
人生に役立てるためではなく、単純に楽しかったから、だそうです。

何かを好きっていう情熱は、本人の意図しないところでズバ抜けたことを成し遂げるものですね。



さて

ヨガピラティス変態をめざそうと思った いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第3週/第4週 レッスンご予約状況です。

◎7/21(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎7/22(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー △

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

7/11(水)〜7/18(水)全てのレッスンが休講になります。

どうぞよろしくお願いします。

にゃん。

【本】ライフハック大全

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

LifeHack(ライフハック)は、情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群である。 ハッカー文化の一つ。

(ウィキペディアより)

「こんなやり方もあるんだね」と呟く毎日の小ネタがギッシリの一冊です。

小さなものの整理の仕方から、仕事での工夫、健康や時間の管理などなど。

睡眠時間の長い私は時間がどうしても足りないので、『24時間テンプレートを作ってみよう』というページで、時間の使い方を可視化するのもいいなぁと思いました。

あと私は文章を書くのが好きなほうなので、『音声認識で、歩いている時間も書類が書ける』なんて小ネタもおもしろく感じました。

あとはあとは、整理整頓のページで、無印良品のアレコレってモノをスッキリさせるのに、やっぱりいいなぁ〜って。

自分の悪しき習慣にあてはまるページは、「あるあるー、試しに改善してみよっかな」と襟元がピシッとなりました。たとえば…。

『メールが来ていないかと、一日に何度もチェックしていることはありませんか?あるいは情報収集と言い訳しながらニュースサイトを繰り返し開いてみたり、SNSの終わりのない情報を追いかけてみたり。

…たとえばメールチェックについてはルールを決めて、10時と15時といったように、固定した時間に処理する時間のブロックを用意しておくのもいいでしょう。

習慣が変わると人生が変わるとは言ったものですが、日々の行いや習慣は、その人をつくりあげています。

会った時点で人から伝わることってたくさんあります。自分でも「いいな」と思う小さな習慣をたくさん持って、いい雰囲気のひとになれたらいいなっと思うのでした。

もちろん新しい習慣を!という意気込みもいいけれど、なんとなくネットを見る時間をもっと減らすぞっとといういらない習慣デトックスと平行しないといけませんね。

7月はセールが始まってお買い物シーズン。私は毎日着るウエアを数枚買いましたが、1つ買ったら2つ処分を意識しています。

この間はTシャツを1枚買って、デニムとレギンスを処分して、「あれ?下、ちょっと足りなくなってない?」ってなりました〜。

処分も難しいですよねぇ。ときめかないからと処分しても、状況変われば「捨てたアレ❗️」と思いだすこともちょくちょくあって、自分まだまだだなぁって思います。

でもでもね、最近は、やっぱりかわいくないお値段でも毎日使うものは妥協せず、いいものを少しだけ持つ少数精鋭でいこうって意識になりました。

お手頃だとダメになるのも早くて、買い換える時間と「気にいってたのに〜」の残念な気分になることがもったいなくて。

結局長く手元に残るものって、ちょっと頑張って買ったもの、または超頑丈なユニクロだったりします。2年前にユニクロで買った、冬物の裏フリースのトレーニングパンツが最強なんですけど、その年限りだったんですよね〜。

ライフハックからユニクロまで話が流れましたけど。

さて

ユニクロハッカーいとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第1週/第2週 レッスンご予約状況です。

◎7/5(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎7/7(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス キャンセル待ち

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◯

◎7/8(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席2

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

7/11(水)〜7/18(水)全てのレッスンが休講になります。

\きてよっ/

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】ゆるい生活

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら中央区円山のヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら

タイトル:ゆるい生活

著者:群ようこ

著者の体質改善をしていく過程のエッセイです。

ある日訪れた激しいめまいが4日も続き、これはまずいと覚悟を決めて、紹介された漢方薬局へ出向いてみる。

体質の改善の仕方は人それぞれで、著者の場合は漢方と、そこでされるリンパマッサージの施術。

初めてのマッサージの激痛は、何ヶ月、何年と体質が改善されるにつれて、だんだんと痛くなくなっていく。

漢方薬局で著者が言われた「体が冷えていて余分な水分がたまっている状態」は、「私のこと…?」っていう人も多いんじゃないかなと思いました。

その水を抜くことの一つとして『とりあえず1週間は甘いもの厳禁』といわれて禁断症状に悶絶しながらも、それを忠実に守る著者…。えらい、偉すぎる。

そして目が充血で真っ赤になる症状の話から、今の生活リズムがオーバーワークであることを指摘される著者。家事に仕事に加え夕食後の楽しみである編み物や読書、縫い物。楽しくてやっていても、実は体には負担になっていた。

自分では、ずっと普通だと思い込んでいた『習慣』に年齢とともに体が耐えられなくなって、サインとして目にあらわれていた…。

食べものや毎日の習慣という当たり前になっていたことを見直していった結果、たまには大好きな甘いものを楽しみつつも、前に感じたような症状はでないところまで元気になった著者。

…いろんな人に、ハッとする瞬間のある本なんじゃないかな?と思いました。

人が元気になっていく過程の本て、「がんばって!」「あぁ、ソレツライのわかる…」と、思いいれタップリで読みすすめてしまいます。

著者はめまいや眼の充血だったけど、体に出ている症状は『やりすぎていること、とりすぎているものが体から溢れている』サインを体が教えてくれている。

結果には必ず原因があって、人によっては肌がカサついたり眼がかゆくなったり、いろいろな形ででてくる体の症状。

それに気づいて、やりすぎ摂りすぎを減らしたり、やさしいモノに起き変える意識を持てば、体の負担はかなり減ってラクに感じる。これは漢方は手が出ないという人でも試せるし、もし体調を崩しそうになっても回復が早くなる。

メディアは絶大な力をもっているがゆえ『○○を食べるといい』といわれると、その商品がバカ売れします。その逆に、ものが売れなくなったら困るせいか、余計にとりすぎているものを控えましょうなんてことは言われない。なので、この考え方ってまだまだマイナーなのかなって感じます。

この本のなかで「酒のやめられない人にやめろって、いきなりいわなくても」とか逃げ道をなくすようなやり方はキツイなぁと思うところはありましたけど、「そーそー」っていう部分も多かったです。

体の感覚と反応によって生活を変えながらも、人づきあいや好きなことも楽しむ。不調は避けつつ、ゆるいルールで楽しく生きていけたらなっという感覚には「そーそー」って思いました。

さて

ゆるいレッスンも しめるレッスンも 愉快に開講 いとうちっこのスタジオアウラの2018年7月第1週/第2週 レッスンご予約状況です。

◎7/5(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◎

◎7/7(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎7/8(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー 残席2

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

7/11(水)〜7/18(水)全てのレッスンが休講になります。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

ゆるい生活といえば雨が続くのは気分が晴れないけど、湿度が高いと、まぁいっかぁっていう、ゆるやかな気持ちになりますね。

【本】医者に頼らなくてもがんは消える

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

「精神科は今日もやりたい放題」「医学不要論」などの内海聡先生の本です。

1つの方法をおしつけるものではなく、医者の立場でその状況になったらやる、その方が「まし」という前提で『内海式』の治療が紹介されています。

著者自身はそうなった場合、抗がん剤を使うような治療は選ばないけど、どんな方法であれ、自分が心から納得した方法で治療に取り組むことが大切だと書かれています。

世の中にはいろいろな健康法や治療法、代替療法がありますが、この本では、がんにかかった原因を理解したうえで、『がんの本質』を理解することが大切であると書かれています。

がんを患った原因を理解することから始まる第1章、(簡単な言葉ながらも)論理的に、現代社会がいかにがんを患いやすい環境か?がん患者が今すぐ避けるべきものは何か?が書かれる第2章以降、そして「ひとの体とは何か?病気の本質は何か?症状とは何か?自分の心と病気との関係は何か?」と、より深く切り込んでいきます。

著者が考える がんの基本は「がんが体内にある毒をかき集めてくれている」ということで、これに共感すると、もし今がんではなくても体に毒を溜めないことを意識しようという気持ちが自然と湧き上がるのではないかと思います。

いま『がんではない』とはいっても、一日に5000個くらいのがん細胞はできていて免疫が処理してくれているので、正しくは「『がん』と病名が付いていなくても」ですね。

この本の、『がん患者が避けた方がいいもの』がハッキリ紹介されつつも、食事や生活の改善のしかたは個人のデータによって違ってくるというところがすごくいいなぁと思います。

『コレを食べればよくなる』『○○は体にいいから毎日食べる』みたいなことが当たり前の世の中で、そういう刷り込みが体に無理をさせていることがものすごく多いからです。

体に優しいと言われる食事法でさえ人の体質を見ずして、「○○は食べてはいけない」「血を作るからコレは毎日食べる」と厳格なことも。お腹が弱い人にそんなコト言われても…という経験が、私自身よくありました。

この本には体験談もたくさん出てきますが、自分自身と向き合うことで、自分の力で がんが治っていく人たちの体験談とエネルギーには鳥肌がたちました。

そして私は最後の章で著者の言葉が深く残りました。

死ぬということは生きるということであり、生きるということはいつか死ぬということです。がんが最終的にあなたの生に対し何を問いかけているか、それをこそ考えてみてください。あなたの周囲にがん患者の方がいれば、その人の生を見て自分はどう生きるのか、もう一度考えてみて下さい。

西洋医学でがんはほとんど治りませんが、代替療法でがんを治そうとしても所詮は同じです。がんを超越して見ることができるようになったとき、がんに対しても人生に対してもチャンスが広がると思います。

がんを治すのは病院でもなく神さまでもなく自分自身であり、自分と向き合うことが生きるスタートだなぁ、と深く心に響きました。

「鼻詰まり」「生理痛はいつもだから」…普通のことだって思っていることは、がんや病名という形にならなくても、体は体の状態を教えてくれています。体の中のいらないものや、自分の感情に気づくことで、体が楽になるヒントがみえてきます。

もし今がんではなくても、ちょっとした不調があるとか体質を改善したい、長年なぜか治らない症状がある…そんな人にはぜひ読んでもらいたい本だと思いました。

がんは他人事じゃないという常々の気持ちから手にとった本ですが、私は読んでよかったです。


さてさて

いとうちっこのスタジオアウラ6月第3週目 のレッスンご予約状況です。

◎6/14(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
※6/28(木)同レッスンもキャンセル待ち

◎6/16(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎6/17(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週末も、どうぞよろしくお願いします。

…この本を読んでいたら、傍に敷物が来ました〜

【文庫本】風のマジム

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:風のマジム

著者:原田マハ

毎日のなかで元気をくれるお酒やスイーツってあると思うんですけど、「こんなのがあったらいいのに、○○味があったらいいのに。」ってボンヤリ思う人がどれくらいいるんでしょう。さらにそこから、ホントに商品としてつくっちゃう人って何人くらい?

この小説は「大好きなラム酒を沖縄のサトウキビからつくってみたい」という、どこにでもいる女子ひとりの熱い思いから始まっていますが、世の中のたくさんの新製品にもそれぞれのドラマがあるんだろうなぁ、垣間見たいなと思いました。

読み終えたあと、「いい小説だったな、夢のある小説らしい小説だったな…」と思っていたら、驚くことに実話なんだとか。

決してひと言で『サクセスストーリー』といえない、もがいて奮闘してダメかというところで光が見えたけど…また試練、という、実話ならではの泥くささもしっかりと描かれています。

やっぱりいい仕事は純粋な気持ちからだよねっ。と、沖縄のあったかさに背中をそっと押されるようなお話でした。

沖縄行きの飛行機で読みたいですね。

でもコレを読んで沖縄についたら、仕事がしたくなりそうさぁ。

私はお酒を飲まないけど、このお話のモトになった、コルコルっていうラム酒を飲んでみたくなりました。

そしてコルコルが造られている、南大東島に行ってみたくなって、行き方や宿泊やら調べてしまいました〜。珍しいお魚がとれることでも有名な島ですしねぇ。調べた結果、行けますね!

ただ、天気予報で合言葉のように台風のときに聞く島の名前なので、日程にゆとりをもたないとなぁと思いました〜。

さて

妄想旅行で肩はコルコル いとうちっこのスタジオアウラ6月第3週目 のレッスンご予約状況です。

◎6/14(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
※6/28(木)同レッスンもキャンセル待ち

◎6/16(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎6/17(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週末も、どうぞよろしくお願いします。

…昨晩も家事が終わって座ろうとすると、安定したソファの陣取りでした。

そろそろネイルのお手入れに行かないとね。

【文庫本】鈴木ごっこ

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:鈴木ごっこ

著者:木下半太

紹介文の『二重の恐怖』と、子どもの遊びを彷彿とさせるタイトルの『ごっこ』のギャップのおもしろさにひかれて手がのびました。

わたくしごと、普段は『怖そう・殺人・ミステリー』を避けるんですが、これは最後まで読んでも大丈夫でした。

むしろ最後の最後で「そうくる?そういうこと?」と大どんでん返しに、あっけにとられてしまいました!←びっくりマークをつけるほどの、ひっくり返りようです。

メインの登場人物は同じ家に一年間住むこととなった、女1人と男が3人。

『同じ空間に見知らぬ男女』の閉ざされた空間の設定は、『あいのり』や『テラスハウス』のような人間模様を外から覗き見する興味本位をくすぐられます。著者は『クローズの空間を見せる』ことが、読者をグッとひきこむことをよくわかっていますね。

『あいのり』やらと違うのは、目的が恋愛ではないという点。それでもシャーレに入った微生物が起こす化学反応のように変化する人間関係や、それぞれの背景を読み進めるうちに登場人物それぞれに愛着がわく感覚は、恋愛ものとはまた違うおもしろさが在るものなんだな、と。

4人で暮らす期限が一年なので期限の日が徐々に迫ってくるわけだけど、ラストにびっくりしすぎて、寂しいとか悲しいとか他の感情を超えてしまいましたね。

ココまでしか言えないんですが、ぜひビックリを味わって‼️


登場人物が少なく環境も映像化しやすそう、と思っていたら『家族ごっこ』のタイトルで映画になっていました。

「グレイトフルデッド」「地球でたったふたり」の内田英治監督と、「悪夢のエレベーター」「サンブンノイチ」で知られる小説家で、これが映画監督デビューとなる木下半太がメガホンをとり、一風変わった5組の家族を描くオムニバス映画。ある日突然集められた他人同士の男女4人が鈴木家という疑似家族を演じる「鈴木ごっこ」、美人4姉妹のうち誰が一番の貧乳かで家族崩壊の危機を迎える田中家を描いた「貧乳クラブ」ほか、「佐藤家の通夜」「父の愛人たち」「高橋マニア」の5つのエピソードで構成される。出演は斎藤工、でんでん、鶴田真由ら実力派がそろう。

ショートショート好きとしては気になりますね。それも くだらないもの好きとしては『貧乳クラブ』がいちばん気になる。

鶴田真由さんも好き。

さてさて

身長もショートショート いとうちっこの スタジオアウラ 5月3週のレッスンご予約状況です。

◎5/19(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス ◯

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎5/20(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス ◯

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー キャンセル待ち

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週来週も、どうぞよろしくお願いお願いします。日曜日の9:00〜 12:00〜 レッスンがすいています。

子うさぎが おおきくなりました。

【文庫本】代筆屋

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

著者:辻仁成

タイトル:代筆屋

売れない作家がその合間業として手紙の代筆をしている。依頼人との打合せ場所でもある馴染みの喫茶店のマスターの紹介もあり、恋文から家族にあてたい手紙といった多岐にわたる内容の依頼が舞い込んでくる。

小説だけど、素直に綴られる『書く者』としての思いやあり方は著者の思いそのものなんだろうと思う。だから「あぁ そうなんだよ書くって!」と、つたないながらも、こんなブログを書くものの胸を打つだろう。

手紙でしか伝えられない気持ちというものもあるし、また手紙だからこそ思いを吐露することができる、という場面も多い。便箋や葉書には、速度ばかりを求める昨今の時代感覚とは正反対の安心感があり、懐かしい手触りもある。手紙には、さあ伝えるぞ、という重みがあり、そして開封する者らは多少の差はあるにせよ、自分だけに送られたその特別な郵便物に、なにがしかの期待と興奮を寄せることになる。

私が手紙が好きなところを言ってくれていますよねぇ。封筒を開封するときのあのワクワクした緊張感ったらイイですよね。
もう、ブログ読者抽選で、お手紙を書いちゃおうかしらっ。なんてな

字を書くことって、その人のエネルギーそのものだと無意識のうちに知っているから重みがあるんだろうなぁと思います。

そのエネルギーを封筒に包み、切手を用意し投函するという、誰もが経験したことがある手間を経て送られてくるものだから、友人やよく知っている人から送られてくるととても嬉しいのだと思います。

特に男の人で「自分の字が汚いから好きじゃない」という人も多いんですけど、文字ってその人の雰囲気をよく表すから手書きの文字が好きです。
体格のいい人が細く繊細な字を書いたりするんですよね。
話してみると実際に文字の雰囲気ととてもよく似ていることも多いので、少ししか話していなくても、文字を見ると急に親近感がわくことも少なくありません。

さて

本の内容に戻りますと、依頼人との打合せシーンから、深く入り込んで読めます。そのひとが「なぜ、誰にどんな手紙を出したいのか?」を語ることは、読者にとっては人生ドラマを垣間見る、覗き見することだから。

「自分にも似たことがあったかも、そういえば・・・」という懐かしい感情を思いおこさせたり、平凡な自分には起こり得なかったひとの人生をドキドキしながらこっそりと覗く感覚にさせられたり・・・。
たくさんの依頼人それぞれの人生と、それに正面から向かい合う代筆屋の手紙のセンスに「うぅ、さすが」と唸らざるおえません。

最終章の、余命わずかなおばあちゃんが孫からの手紙を待つ話は必見、涙なくして見られません。

著者にはサラサラヘアーのイメージが強かったですが、情と温かみのある繊細な人柄を勝手に感じてしまいました。

さて

著者に憧れるモヤ髪 いとうちっこの スタジオアウラの、

4月第3週目週末のレッスンです。

◎4/14(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス ◯
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス◯
14:00〜15:00 いんヨガ キャンセル待ち

◎4/15(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー 残1名様
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。

キャンセル待ちのレッスンが最近増えています。キャンセルはお早めのご連絡のご協力をお願いいたします。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【文庫本】嘆きの美女

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

嘆きの美女のオフ会を盗撮してそれをネットに載せてやろうと考える耶居子は、ドサクサに紛れて美女たちに恩人だと勘違いされて同居まですることになる…。

時代の流れとして当たり前かもしれないけど、小説にネットが出てくる時代になったんだなぁって時の流れを感じました。

そんな変わるところもあれば、食べものの魅力って変わらないよねっと思わせてくれます。

耶居子が大好きなジャンクフードやカップ焼きそばもおいしそうだし、美女が作るヘルシーなエスニックフードもおいしそう。

その真ん中をとってジャンクフードを手作りしてみるっている下りがあり、子どもに食べさせられるコアラのマーチを自分で作るっていうシーンとかがワクワクしました〜。

美女もブスもジャンクもヘルシーも、いい悪いはない…。みんなそれぞれ悩んだいたり、見方によってはネックになるものを抱えているものだし、実はみんないっしょだっていう視点、けど美女だろうがなんだろうが、カラを破れば悩みなんてどうでもよくなるっていうメッセージ性が好きですね。

成長していくのは耶居子だけかと思ったらそんなことはなく、話のテンポも「えぇ、そうくるっ」と随所で思わせてくれ、楽しく読み終えることができました。

最近は柚木さんの本ばかり読んでいますねぇ。飽きずにスラスラ楽しく読めちゃうんですよね。女友達同士の話が多くて、わかるって思ったり、誤解があると大変だよね、とか、本の世界に入って楽しめるんですよね。

小説は、ひとの成長が書かれていたり、ハッピーエンドで終わるものが好きです。できすぎていてもいーんです。心の栄養ドリンクになる小説バンザイ🎵

さて

インストラクターとしては嘆きのミニサイズ いとうちっこの スタジオアウラの、

4月第2週目のレッスンです。

🆕お知らせ📢

4/6(金)11:00〜12:00 お昼のいんヨガ

こちらのレッスンのご参加が多くなってきました。癒しを目的にしているため、ゆとりあるスペースで受けて頂きたく、

✨同日4/6(金)9:30〜10:30

同レッスンを増設しました。✨

◎4/6(金)

9:30〜10:30 モーニング いんヨガ。◎

11:00〜12:00 お昼のいんヨガ △

◎4/7(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎4/8(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◎
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】インストラクターお勧め!ピラティスの本

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

おすすめの本の紹介です。

タイトル:これ一冊できちんとわかるピラティス

著者:新井亜樹

本屋さんへ行くと、ヨガの本はズラリと並んでいます。それに対して申し分程度に小さなコーナーになっているのが、ピラティス。

そんな中で初心者の方からバツグンにおススメなのが、この本です。ちなみに私がピラティスを習う前に家で見ながらやっていた本です。

全てのページがカラー写真で説明も読みやすく、ポイントやポジションの説明はもちろん、呼吸と動きの矢印の方向もわかりやすい。

写真の上に白くボウルのイラスト🥣が描いてありますよね。そんなところも体のイメージがしやすいのではと思います。初心者むけから上級むけの動き、ストレッチも載っていて充実しています。

ピラティスの動きは習う団体によって名前が少し違うことがありますが、動きを見ると「あ、コレはスタジオでやったヤツだ!」とわかります。逆にやったことがない動きなどもあるかもしれませんが、そこもまた本の楽しいところですよね。

私がクラムって呼んでいる動きはオイスター、牡蠣になっています。

ひとつ残念だとしたら、雑誌のように開いておいておけないことくらい。

本を見る → 本をひっくり返して置いてやってみる→ アレ?ここで吐くのか?と片手で本を確認しようとする → 手が滑って閉じる → 今の何ページやねん!となる

って、きっとわたしだけじゃない?で、す、よね?かといってユーチューブ先生だと、ドジでのろまなうさぎ…じゃないやカメなわたしの場合は 置いていかれるから落ち着かないんですよねぇ。

止めて巻き戻すのも、メンドーくさがりな 流れに付いていきたいマジメなわたしにはソワソワ落ち着かなくって。

みんな〜、やっぱりスタジオにもおいでよー♪ なーんて ムリヤリなくだりにしてみたりしてなっ テヘッ♪

やや脱線しましたが、スタジオでやったことを思い出すキッカケとして使うのに良書です。もちろん「近所にスタジオがないのでとりあえず」という方にも「ピラティスとは?」「ヨガとピラティスの違いは?」といった知識から、動きの丁寧な説明が載っているのでお勧めです。

ピラティスの本が出ているには出ているのですが専門書っぽいものも多いなか、今のところ、いちばん気軽に紹介できる本の紹介でした。

ただ、本や動画で宅練に慣れた場合は、どこかでピラティスの先生に「使うべきところを使っているか」を見てもらうことが望ましいです。

例えば「お尻を使うはずが腰を反らせてやった気になっていた」といったことに気づくためです。

ちなみに ちっこの場合は

プライベート・パーソナルレッスンで対応しています。

今週もちょいちょい宣伝挟んぢゃったよぉーんっ♪テヘヘッ

さて

宣伝魔 いとうちっこの スタジオアウラの、

3月第5週目、4月1週目のレッスンです。

◎3/31(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス ◎
14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◯

◎4/1(日)
9:00〜10:00 朝活ピラティス ◯
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

🆕お知らせ📢

4/6(金)11:00〜12:00 お昼のいんヨガ

こちらのレッスンが、ご参加が多くなってきました。癒しを目的にしているため、ゆとりあるスペースで受けて頂きたく、

同日4/6(金)9:30〜10:30

同レッスンを増設しました。

「この時間ならいける」というご参加はもちろん、すでに11:00レッスンに予約済みで朝活にハマってるんだぜ 朝活yeah!」という方は、増設したレッスンに移って頂くこともできますので、朝活で4649!って感じでご連絡ください。

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

…これからレッスンのひは がんばって おるすばんしましゅ

【文庫本】ランチのアッコちゃん

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

女子なら「よしっ!」って元気になれるんじゃないかなあ。
「仕事ってこうだ」「この給料では外食できない」「恋愛ってこうだ」三智子はアッコ部長とランチを取り換えて新しい世界にふれて、そんな自分で作っていたワクがいつのまにかほどけていく。

アッコ部長とランチを取り換えるんだけど、その1週間の物語を読んでいると新しい世界ってすぐ隣にあるものなんだなぁと気づかせてくれます。
いつも一緒にいる人でも自分とは毎日違う世界を持っているから、それを覗くと世界はどこまでも広い!っていうことを。

そんな目線をもっているから、アッコ部長はたとえ会社を辞めたって、きっとどこの世界でも生きていけるのかもなぁって思いました。

ちなみにこの本の第3話と第4話は主人公が違うんだけど、4話の『ゆとりのビアガーデン』が好きでしたね~。

会社の事務職をすぐにやめた「仕事ができない」と社員から言われていた、『ゆとり世代』の女の子がひょっこりその会社に顔を出してきて・・・?!
うーん、この話、ありえないくらい面白いけどあり得る!!

若い世代と昭和世代が一緒に働くと多少なりともギャップはありますよね。
同じ会社でやってきたような先輩にはもちろん教わることだらけだけど、若い世代には他にない柔軟さ、鋭さがあるんですよね~。

時代を読んで波に乗る強さっていうんでしょうか。若い世代と話していると、おもしろい(自分世代では聞かない)発想をするよねぇって思うときがあります。
それをいい意味でデフォルメしたお話だなって思いました~。
この話、おもしろい!って思うと同時に、仕事をおもしろく楽しむ心の『ゆとり』がないとね、それが時代の波に乗るということかなって思いました。

昭和世代の社長の「今までやってきたこと」を頑なに守りたい気持ちと『ゆとり世代』の玲実の「結果みんながハッピーになることを自由に仕事にする」気持ち、両方わかるなぁって共感しながら読みました。ハザマの就職氷河期世代としてはいちいち共感してしまうっ。

柚木さんの本はけっこう読んでいるんですが、この本の第3話に『アムラー世代』の頃に女子高生だった女子の話が出てきて「ん?」って思ったら、柚木さんの年齢が、自分とほぼ一緒ということに気づきました~

ちなみに自分は 靴下はアレだったけどガングロでもなければ眉毛もちゃんとあったよっ。

あの頃はねぇ・・・と語りだしたら朝になるのでこのへんで。

さて

うさぎのとらに沖縄のお土産をプレゼントしました。島人参と、よもぎです。

一緒に食べると、なまらうまいそうです。

さて さ

いとうちっこの
札幌ヨガスタジオアウラの、2018年3月第2週目今週のご予約状況です 。

◎3/17(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス ◎
14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎3/11(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー △
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】僕とおじさんの朝ごはん

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

食べもの系の小説って惹かれますよね〜。

特に食堂が舞台だと、読み終わったら行くとこ定食屋しかないっしょって感じです。

そんなおいしそうな物語を想像しつつ読み始めると、マズそうなケータリングを用意するヤル気のない中年男性の話から始まり、読むほうとしては面食らう、ん、です、が。あり得ない手抜きをするには過去に経験したことが関係していて…。

「あれ?今、誰の話?」ってあちこちに話がいく展開に途中くらいまで翻弄されましたが、中盤からはグッと入り込め、中年男性のヤル気上昇とともに料理のグレードがあがって美味しそうで、ニヤニヤしました〜。料理が高級になったとかじゃなく、食べる人を思うと自ずと体に優しく、ちゃんと作った料理になるっていうところです。

目玉焼きの描写がすんごく美味しそうで、結局は毎日食べるようなものが一番おいしんだなぁって思いました。

中盤くらいまでタイトルと内容が一致しなくて「??」からの、こういうことか!キター!感ったらねぇ。そしてジーンと残るラストへ…。こういう流れもアリなのかって思いましたね。小説っておも461っ。

食べ物がらみのお話って、きっと幅広い層に楽しまれますよね。(いまアイフォーンの変換で『層』が『僧』になりまして ありがたい感じになりました。)

そうそう著者の桂望実さんは、名前をどこかでお見かけしたと思ったら、県庁の星を書いた方でしたね。

そして進藤恵子さんの表紙絵、リアルなのに手で書いた感が伝わる絵が、ホットかつクールなんですよね〜。小説の内容とピッタリポンでございます!厚塗りのなす陰影と光の入れ具合、ハッキリした色で表現する食べ物の新鮮さ、白にグレーとブルーをさすことで、お皿を立体的にみせる手業っ!!

鮮やかな食べ物がひきたつ背景の、白とグレーを感じさせるマットな青という対比!すんごく好みな配色でありますっっ!!!

…最近アートに触れていなかったため、つい熱くなってしまいました〜テヘッ。
さて

沖縄旅も折り返しまして、そろそろ週末に向け調整しなければという感じです。

お店の名前がわからなく、勝手に、ブティック猫と呼んでいるお店があります。

さて
札幌ヨガスタジオアウラの、2018年3月第2週目いとうちっこの今週のご予約状況です にゃん。

◎3/10(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス △
14:00〜15:00 いんヨガ◎

◎3/11(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
今週も、どうぞよろしくお願いします。
にゃん。