【本】医者に頼らなくてもがんは消える

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

「精神科は今日もやりたい放題」「医学不要論」などの内海聡先生の本です。

1つの方法をおしつけるものではなく、医者の立場でその状況になったらやる、その方が「まし」という前提で『内海式』の治療が紹介されています。

著者自身はそうなった場合、抗がん剤を使うような治療は選ばないけど、どんな方法であれ、自分が心から納得した方法で治療に取り組むことが大切だと書かれています。

世の中にはいろいろな健康法や治療法、代替療法がありますが、この本では、がんにかかった原因を理解したうえで、『がんの本質』を理解することが大切であると書かれています。

がんを患った原因を理解することから始まる第1章、(簡単な言葉ながらも)論理的に、現代社会がいかにがんを患いやすい環境か?がん患者が今すぐ避けるべきものは何か?が書かれる第2章以降、そして「ひとの体とは何か?病気の本質は何か?症状とは何か?自分の心と病気との関係は何か?」と、より深く切り込んでいきます。

著者が考える がんの基本は「がんが体内にある毒をかき集めてくれている」ということで、これに共感すると、もし今がんではなくても体に毒を溜めないことを意識しようという気持ちが自然と湧き上がるのではないかと思います。

いま『がんではない』とはいっても、一日に5000個くらいのがん細胞はできていて免疫が処理してくれているので、正しくは「『がん』と病名が付いていなくても」ですね。

この本の、『がん患者が避けた方がいいもの』がハッキリ紹介されつつも、食事や生活の改善のしかたは個人のデータによって違ってくるというところがすごくいいなぁと思います。

『コレを食べればよくなる』『○○は体にいいから毎日食べる』みたいなことが当たり前の世の中で、そういう刷り込みが体に無理をさせていることがものすごく多いからです。

体に優しいと言われる食事法でさえ人の体質を見ずして、「○○は食べてはいけない」「血を作るからコレは毎日食べる」と厳格なことも。お腹が弱い人にそんなコト言われても…という経験が、私自身よくありました。

この本には体験談もたくさん出てきますが、自分自身と向き合うことで、自分の力で がんが治っていく人たちの体験談とエネルギーには鳥肌がたちました。

そして私は最後の章で著者の言葉が深く残りました。

死ぬということは生きるということであり、生きるということはいつか死ぬということです。がんが最終的にあなたの生に対し何を問いかけているか、それをこそ考えてみてください。あなたの周囲にがん患者の方がいれば、その人の生を見て自分はどう生きるのか、もう一度考えてみて下さい。

西洋医学でがんはほとんど治りませんが、代替療法でがんを治そうとしても所詮は同じです。がんを超越して見ることができるようになったとき、がんに対しても人生に対してもチャンスが広がると思います。

がんを治すのは病院でもなく神さまでもなく自分自身であり、自分と向き合うことが生きるスタートだなぁ、と深く心に響きました。

「鼻詰まり」「生理痛はいつもだから」…普通のことだって思っていることは、がんや病名という形にならなくても、体は体の状態を教えてくれています。体の中のいらないものや、自分の感情に気づくことで、体が楽になるヒントがみえてきます。

もし今がんではなくても、ちょっとした不調があるとか体質を改善したい、長年なぜか治らない症状がある…そんな人にはぜひ読んでもらいたい本だと思いました。

がんは他人事じゃないという常々の気持ちから手にとった本ですが、私は読んでよかったです。


さてさて

いとうちっこのスタジオアウラ6月第3週目 のレッスンご予約状況です。

◎6/14(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
※6/28(木)同レッスンもキャンセル待ち

◎6/16(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎6/17(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週末も、どうぞよろしくお願いします。

…この本を読んでいたら、傍に敷物が来ました〜

【文庫本】風のマジム

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:風のマジム

著者:原田マハ

毎日のなかで元気をくれるお酒やスイーツってあると思うんですけど、「こんなのがあったらいいのに、○○味があったらいいのに。」ってボンヤリ思う人がどれくらいいるんでしょう。さらにそこから、ホントに商品としてつくっちゃう人って何人くらい?

この小説は「大好きなラム酒を沖縄のサトウキビからつくってみたい」という、どこにでもいる女子ひとりの熱い思いから始まっていますが、世の中のたくさんの新製品にもそれぞれのドラマがあるんだろうなぁ、垣間見たいなと思いました。

読み終えたあと、「いい小説だったな、夢のある小説らしい小説だったな…」と思っていたら、驚くことに実話なんだとか。

決してひと言で『サクセスストーリー』といえない、もがいて奮闘してダメかというところで光が見えたけど…また試練、という、実話ならではの泥くささもしっかりと描かれています。

やっぱりいい仕事は純粋な気持ちからだよねっ。と、沖縄のあったかさに背中をそっと押されるようなお話でした。

沖縄行きの飛行機で読みたいですね。

でもコレを読んで沖縄についたら、仕事がしたくなりそうさぁ。

私はお酒を飲まないけど、このお話のモトになった、コルコルっていうラム酒を飲んでみたくなりました。

そしてコルコルが造られている、南大東島に行ってみたくなって、行き方や宿泊やら調べてしまいました〜。珍しいお魚がとれることでも有名な島ですしねぇ。調べた結果、行けますね!

ただ、天気予報で合言葉のように台風のときに聞く島の名前なので、日程にゆとりをもたないとなぁと思いました〜。

さて

妄想旅行で肩はコルコル いとうちっこのスタジオアウラ6月第3週目 のレッスンご予約状況です。

◎6/14(木)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
※6/28(木)同レッスンもキャンセル待ち

◎6/16(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス ◯

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス △

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎6/17(日)

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー ◎

12:00 〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週末も、どうぞよろしくお願いします。

…昨晩も家事が終わって座ろうとすると、安定したソファの陣取りでした。

そろそろネイルのお手入れに行かないとね。

【文庫本】鈴木ごっこ

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:鈴木ごっこ

著者:木下半太

紹介文の『二重の恐怖』と、子どもの遊びを彷彿とさせるタイトルの『ごっこ』のギャップのおもしろさにひかれて手がのびました。

わたくしごと、普段は『怖そう・殺人・ミステリー』を避けるんですが、これは最後まで読んでも大丈夫でした。

むしろ最後の最後で「そうくる?そういうこと?」と大どんでん返しに、あっけにとられてしまいました!←びっくりマークをつけるほどの、ひっくり返りようです。

メインの登場人物は同じ家に一年間住むこととなった、女1人と男が3人。

『同じ空間に見知らぬ男女』の閉ざされた空間の設定は、『あいのり』や『テラスハウス』のような人間模様を外から覗き見する興味本位をくすぐられます。著者は『クローズの空間を見せる』ことが、読者をグッとひきこむことをよくわかっていますね。

『あいのり』やらと違うのは、目的が恋愛ではないという点。それでもシャーレに入った微生物が起こす化学反応のように変化する人間関係や、それぞれの背景を読み進めるうちに登場人物それぞれに愛着がわく感覚は、恋愛ものとはまた違うおもしろさが在るものなんだな、と。

4人で暮らす期限が一年なので期限の日が徐々に迫ってくるわけだけど、ラストにびっくりしすぎて、寂しいとか悲しいとか他の感情を超えてしまいましたね。

ココまでしか言えないんですが、ぜひビックリを味わって‼️


登場人物が少なく環境も映像化しやすそう、と思っていたら『家族ごっこ』のタイトルで映画になっていました。

「グレイトフルデッド」「地球でたったふたり」の内田英治監督と、「悪夢のエレベーター」「サンブンノイチ」で知られる小説家で、これが映画監督デビューとなる木下半太がメガホンをとり、一風変わった5組の家族を描くオムニバス映画。ある日突然集められた他人同士の男女4人が鈴木家という疑似家族を演じる「鈴木ごっこ」、美人4姉妹のうち誰が一番の貧乳かで家族崩壊の危機を迎える田中家を描いた「貧乳クラブ」ほか、「佐藤家の通夜」「父の愛人たち」「高橋マニア」の5つのエピソードで構成される。出演は斎藤工、でんでん、鶴田真由ら実力派がそろう。

ショートショート好きとしては気になりますね。それも くだらないもの好きとしては『貧乳クラブ』がいちばん気になる。

鶴田真由さんも好き。

さてさて

身長もショートショート いとうちっこの スタジオアウラ 5月3週のレッスンご予約状況です。

◎5/19(土)

10:30 〜 11:30 やさPピラティス △

12:00 〜 13:00 2回目以降にどうぞピラティス ◯

14:00 〜 15:00 ゆるめヨガ ◎

◎5/20(日)

9:00 〜 10:00 朝活ピラティス ◯

10:30 〜 11:30 朝ヨガフロー キャンセル待ち

12:00 〜 13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

今週来週も、どうぞよろしくお願いお願いします。日曜日の9:00〜 12:00〜 レッスンがすいています。

子うさぎが おおきくなりました。

【文庫本】代筆屋

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

著者:辻仁成

タイトル:代筆屋

売れない作家がその合間業として手紙の代筆をしている。依頼人との打合せ場所でもある馴染みの喫茶店のマスターの紹介もあり、恋文から家族にあてたい手紙といった多岐にわたる内容の依頼が舞い込んでくる。

小説だけど、素直に綴られる『書く者』としての思いやあり方は著者の思いそのものなんだろうと思う。だから「あぁ そうなんだよ書くって!」と、つたないながらも、こんなブログを書くものの胸を打つだろう。

手紙でしか伝えられない気持ちというものもあるし、また手紙だからこそ思いを吐露することができる、という場面も多い。便箋や葉書には、速度ばかりを求める昨今の時代感覚とは正反対の安心感があり、懐かしい手触りもある。手紙には、さあ伝えるぞ、という重みがあり、そして開封する者らは多少の差はあるにせよ、自分だけに送られたその特別な郵便物に、なにがしかの期待と興奮を寄せることになる。

私が手紙が好きなところを言ってくれていますよねぇ。封筒を開封するときのあのワクワクした緊張感ったらイイですよね。
もう、ブログ読者抽選で、お手紙を書いちゃおうかしらっ。なんてな

字を書くことって、その人のエネルギーそのものだと無意識のうちに知っているから重みがあるんだろうなぁと思います。

そのエネルギーを封筒に包み、切手を用意し投函するという、誰もが経験したことがある手間を経て送られてくるものだから、友人やよく知っている人から送られてくるととても嬉しいのだと思います。

特に男の人で「自分の字が汚いから好きじゃない」という人も多いんですけど、文字ってその人の雰囲気をよく表すから手書きの文字が好きです。
体格のいい人が細く繊細な字を書いたりするんですよね。
話してみると実際に文字の雰囲気ととてもよく似ていることも多いので、少ししか話していなくても、文字を見ると急に親近感がわくことも少なくありません。

さて

本の内容に戻りますと、依頼人との打合せシーンから、深く入り込んで読めます。そのひとが「なぜ、誰にどんな手紙を出したいのか?」を語ることは、読者にとっては人生ドラマを垣間見る、覗き見することだから。

「自分にも似たことがあったかも、そういえば・・・」という懐かしい感情を思いおこさせたり、平凡な自分には起こり得なかったひとの人生をドキドキしながらこっそりと覗く感覚にさせられたり・・・。
たくさんの依頼人それぞれの人生と、それに正面から向かい合う代筆屋の手紙のセンスに「うぅ、さすが」と唸らざるおえません。

最終章の、余命わずかなおばあちゃんが孫からの手紙を待つ話は必見、涙なくして見られません。

著者にはサラサラヘアーのイメージが強かったですが、情と温かみのある繊細な人柄を勝手に感じてしまいました。

さて

著者に憧れるモヤ髪 いとうちっこの スタジオアウラの、

4月第3週目週末のレッスンです。

◎4/14(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス ◯
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス◯
14:00〜15:00 いんヨガ キャンセル待ち

◎4/15(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー 残1名様
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。

キャンセル待ちのレッスンが最近増えています。キャンセルはお早めのご連絡のご協力をお願いいたします。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【文庫本】嘆きの美女

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

嘆きの美女のオフ会を盗撮してそれをネットに載せてやろうと考える耶居子は、ドサクサに紛れて美女たちに恩人だと勘違いされて同居まですることになる…。

時代の流れとして当たり前かもしれないけど、小説にネットが出てくる時代になったんだなぁって時の流れを感じました。

そんな変わるところもあれば、食べものの魅力って変わらないよねっと思わせてくれます。

耶居子が大好きなジャンクフードやカップ焼きそばもおいしそうだし、美女が作るヘルシーなエスニックフードもおいしそう。

その真ん中をとってジャンクフードを手作りしてみるっている下りがあり、子どもに食べさせられるコアラのマーチを自分で作るっていうシーンとかがワクワクしました〜。

美女もブスもジャンクもヘルシーも、いい悪いはない…。みんなそれぞれ悩んだいたり、見方によってはネックになるものを抱えているものだし、実はみんないっしょだっていう視点、けど美女だろうがなんだろうが、カラを破れば悩みなんてどうでもよくなるっていうメッセージ性が好きですね。

成長していくのは耶居子だけかと思ったらそんなことはなく、話のテンポも「えぇ、そうくるっ」と随所で思わせてくれ、楽しく読み終えることができました。

最近は柚木さんの本ばかり読んでいますねぇ。飽きずにスラスラ楽しく読めちゃうんですよね。女友達同士の話が多くて、わかるって思ったり、誤解があると大変だよね、とか、本の世界に入って楽しめるんですよね。

小説は、ひとの成長が書かれていたり、ハッピーエンドで終わるものが好きです。できすぎていてもいーんです。心の栄養ドリンクになる小説バンザイ🎵

さて

インストラクターとしては嘆きのミニサイズ いとうちっこの スタジオアウラの、

4月第2週目のレッスンです。

🆕お知らせ📢

4/6(金)11:00〜12:00 お昼のいんヨガ

こちらのレッスンのご参加が多くなってきました。癒しを目的にしているため、ゆとりあるスペースで受けて頂きたく、

✨同日4/6(金)9:30〜10:30

同レッスンを増設しました。✨

◎4/6(金)

9:30〜10:30 モーニング いんヨガ。◎

11:00〜12:00 お昼のいんヨガ △

◎4/7(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎4/8(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◎
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】インストラクターお勧め!ピラティスの本

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

おすすめの本の紹介です。

タイトル:これ一冊できちんとわかるピラティス

著者:新井亜樹

本屋さんへ行くと、ヨガの本はズラリと並んでいます。それに対して申し分程度に小さなコーナーになっているのが、ピラティス。

そんな中で初心者の方からバツグンにおススメなのが、この本です。ちなみに私がピラティスを習う前に家で見ながらやっていた本です。

全てのページがカラー写真で説明も読みやすく、ポイントやポジションの説明はもちろん、呼吸と動きの矢印の方向もわかりやすい。

写真の上に白くボウルのイラスト🥣が描いてありますよね。そんなところも体のイメージがしやすいのではと思います。初心者むけから上級むけの動き、ストレッチも載っていて充実しています。

ピラティスの動きは習う団体によって名前が少し違うことがありますが、動きを見ると「あ、コレはスタジオでやったヤツだ!」とわかります。逆にやったことがない動きなどもあるかもしれませんが、そこもまた本の楽しいところですよね。

私がクラムって呼んでいる動きはオイスター、牡蠣になっています。

ひとつ残念だとしたら、雑誌のように開いておいておけないことくらい。

本を見る → 本をひっくり返して置いてやってみる→ アレ?ここで吐くのか?と片手で本を確認しようとする → 手が滑って閉じる → 今の何ページやねん!となる

って、きっとわたしだけじゃない?で、す、よね?かといってユーチューブ先生だと、ドジでのろまなうさぎ…じゃないやカメなわたしの場合は 置いていかれるから落ち着かないんですよねぇ。

止めて巻き戻すのも、メンドーくさがりな 流れに付いていきたいマジメなわたしにはソワソワ落ち着かなくって。

みんな〜、やっぱりスタジオにもおいでよー♪ なーんて ムリヤリなくだりにしてみたりしてなっ テヘッ♪

やや脱線しましたが、スタジオでやったことを思い出すキッカケとして使うのに良書です。もちろん「近所にスタジオがないのでとりあえず」という方にも「ピラティスとは?」「ヨガとピラティスの違いは?」といった知識から、動きの丁寧な説明が載っているのでお勧めです。

ピラティスの本が出ているには出ているのですが専門書っぽいものも多いなか、今のところ、いちばん気軽に紹介できる本の紹介でした。

ただ、本や動画で宅練に慣れた場合は、どこかでピラティスの先生に「使うべきところを使っているか」を見てもらうことが望ましいです。

例えば「お尻を使うはずが腰を反らせてやった気になっていた」といったことに気づくためです。

ちなみに ちっこの場合は

プライベート・パーソナルレッスンで対応しています。

今週もちょいちょい宣伝挟んぢゃったよぉーんっ♪テヘヘッ

さて

宣伝魔 いとうちっこの スタジオアウラの、

3月第5週目、4月1週目のレッスンです。

◎3/31(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス ◎
14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◯

◎4/1(日)
9:00〜10:00 朝活ピラティス ◯
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

🆕お知らせ📢

4/6(金)11:00〜12:00 お昼のいんヨガ

こちらのレッスンが、ご参加が多くなってきました。癒しを目的にしているため、ゆとりあるスペースで受けて頂きたく、

同日4/6(金)9:30〜10:30

同レッスンを増設しました。

「この時間ならいける」というご参加はもちろん、すでに11:00レッスンに予約済みで朝活にハマってるんだぜ 朝活yeah!」という方は、増設したレッスンに移って頂くこともできますので、朝活で4649!って感じでご連絡ください。

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

…これからレッスンのひは がんばって おるすばんしましゅ

【文庫本】ランチのアッコちゃん

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

女子なら「よしっ!」って元気になれるんじゃないかなあ。
「仕事ってこうだ」「この給料では外食できない」「恋愛ってこうだ」三智子はアッコ部長とランチを取り換えて新しい世界にふれて、そんな自分で作っていたワクがいつのまにかほどけていく。

アッコ部長とランチを取り換えるんだけど、その1週間の物語を読んでいると新しい世界ってすぐ隣にあるものなんだなぁと気づかせてくれます。
いつも一緒にいる人でも自分とは毎日違う世界を持っているから、それを覗くと世界はどこまでも広い!っていうことを。

そんな目線をもっているから、アッコ部長はたとえ会社を辞めたって、きっとどこの世界でも生きていけるのかもなぁって思いました。

ちなみにこの本の第3話と第4話は主人公が違うんだけど、4話の『ゆとりのビアガーデン』が好きでしたね~。

会社の事務職をすぐにやめた「仕事ができない」と社員から言われていた、『ゆとり世代』の女の子がひょっこりその会社に顔を出してきて・・・?!
うーん、この話、ありえないくらい面白いけどあり得る!!

若い世代と昭和世代が一緒に働くと多少なりともギャップはありますよね。
同じ会社でやってきたような先輩にはもちろん教わることだらけだけど、若い世代には他にない柔軟さ、鋭さがあるんですよね~。

時代を読んで波に乗る強さっていうんでしょうか。若い世代と話していると、おもしろい(自分世代では聞かない)発想をするよねぇって思うときがあります。
それをいい意味でデフォルメしたお話だなって思いました~。
この話、おもしろい!って思うと同時に、仕事をおもしろく楽しむ心の『ゆとり』がないとね、それが時代の波に乗るということかなって思いました。

昭和世代の社長の「今までやってきたこと」を頑なに守りたい気持ちと『ゆとり世代』の玲実の「結果みんながハッピーになることを自由に仕事にする」気持ち、両方わかるなぁって共感しながら読みました。ハザマの就職氷河期世代としてはいちいち共感してしまうっ。

柚木さんの本はけっこう読んでいるんですが、この本の第3話に『アムラー世代』の頃に女子高生だった女子の話が出てきて「ん?」って思ったら、柚木さんの年齢が、自分とほぼ一緒ということに気づきました~

ちなみに自分は 靴下はアレだったけどガングロでもなければ眉毛もちゃんとあったよっ。

あの頃はねぇ・・・と語りだしたら朝になるのでこのへんで。

さて

うさぎのとらに沖縄のお土産をプレゼントしました。島人参と、よもぎです。

一緒に食べると、なまらうまいそうです。

さて さ

いとうちっこの
札幌ヨガスタジオアウラの、2018年3月第2週目今週のご予約状況です 。

◎3/17(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス ◎
14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎3/11(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー △
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】僕とおじさんの朝ごはん

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

食べもの系の小説って惹かれますよね〜。

特に食堂が舞台だと、読み終わったら行くとこ定食屋しかないっしょって感じです。

そんなおいしそうな物語を想像しつつ読み始めると、マズそうなケータリングを用意するヤル気のない中年男性の話から始まり、読むほうとしては面食らう、ん、です、が。あり得ない手抜きをするには過去に経験したことが関係していて…。

「あれ?今、誰の話?」ってあちこちに話がいく展開に途中くらいまで翻弄されましたが、中盤からはグッと入り込め、中年男性のヤル気上昇とともに料理のグレードがあがって美味しそうで、ニヤニヤしました〜。料理が高級になったとかじゃなく、食べる人を思うと自ずと体に優しく、ちゃんと作った料理になるっていうところです。

目玉焼きの描写がすんごく美味しそうで、結局は毎日食べるようなものが一番おいしんだなぁって思いました。

中盤くらいまでタイトルと内容が一致しなくて「??」からの、こういうことか!キター!感ったらねぇ。そしてジーンと残るラストへ…。こういう流れもアリなのかって思いましたね。小説っておも461っ。

食べ物がらみのお話って、きっと幅広い層に楽しまれますよね。(いまアイフォーンの変換で『層』が『僧』になりまして ありがたい感じになりました。)

そうそう著者の桂望実さんは、名前をどこかでお見かけしたと思ったら、県庁の星を書いた方でしたね。

そして進藤恵子さんの表紙絵、リアルなのに手で書いた感が伝わる絵が、ホットかつクールなんですよね〜。小説の内容とピッタリポンでございます!厚塗りのなす陰影と光の入れ具合、ハッキリした色で表現する食べ物の新鮮さ、白にグレーとブルーをさすことで、お皿を立体的にみせる手業っ!!

鮮やかな食べ物がひきたつ背景の、白とグレーを感じさせるマットな青という対比!すんごく好みな配色でありますっっ!!!

…最近アートに触れていなかったため、つい熱くなってしまいました〜テヘッ。
さて

沖縄旅も折り返しまして、そろそろ週末に向け調整しなければという感じです。

お店の名前がわからなく、勝手に、ブティック猫と呼んでいるお店があります。

さて
札幌ヨガスタジオアウラの、2018年3月第2週目いとうちっこの今週のご予約状況です にゃん。

◎3/10(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス △
14:00〜15:00 いんヨガ◎

◎3/11(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
今週も、どうぞよろしくお願いします。
にゃん。

【本】わたしがカフェを始めた日

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

那覇は 美栄橋にありますたそかれ珈琲 にてオーナーさんの今年ナンバーワンおも61本ということで読んでみてました。

それぞれのカフェのオーナーさんのカフェを作るまでの話とか、人生のなかであったどんな出来事が反映されてそのお店になっているか… といったことがインタビュー式で丁寧に紹介されています。

なので、おも61といっても爆笑というたぐいではなくて興味深いという種類の、おも61です。

文字も多いんですけど、モノクロのリアルゥなイラストが食欲をくすぐり、文とイラストの絶妙な配置が文字を余裕で読ませてしまいます。

行ったこともないお店の知らない人のお話なのに、人の人生ドラマってグイッと読み手を引き込みます。その人の行動力に元気がもらえる気がするんですよね。

目的が見えた時点でそれはもう夢じゃなくて、叶う気がしたんです。

誰しも眠った潜在能力を持っているとはよく言われることですが、楽しそうにスゴイことをする人って、いつもどうすればできるか、理想に近づけるかを考えて、できない理由を探してないです。

カフェのオーナーさんってアーティストだなぁといつも思います。

お店やメニューの品々に、オーナーさんの思うところやこだわりが表れて、メニュー表にギュッとそれが見えるので、メニューを見るのってすごい好きなんです。

そんな私のツボも押さえて、そのお店のメニューも載せてくれている本でした。カフェでゆっくり見るのにナイスなチョイスです。

メニューのページを見てドリンクやスイーツを妄想する遊びで1時間は過ごせます。

ノンカフェインのあるお店ってありがたい。

↑本の1ページだけど、ホンモノのメニュー表クリソツですよね。たそかれ珈琲さんのメニューじゃないよ。
さて
那覇では今回もにゃんこにたくさん会えまして、うさぎロスを埋めています。

さて
札幌ヨガスタジオアウラの、2018年3月第2週目いとうちっこの今週のご予約状況です にゃん。

◎3/10(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス キャンセル待ち
12:00〜13:00 ちょっとなれた方のピラティス ◯
14:00〜15:00 いんヨガ◎

◎3/11(日)
10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◎
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ◎

いつもありがとうございます。
今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】毎日読みたい365日の広告コピー

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →


私の大好物のキャッチコピーが、365個も載ってるって天国ですか?

365日に合わせたコピーが書かれていて、おもしろすぎます。

キャッチコピーの、ほんの1行から2、3行に広がる奥深き世界が大好きです。

キャッチコピーを作ったことはありますか?

私はよく妄想していますが、こういう本に乗っているようなウマイ!っていうやつはなかなか思いつかないですね〜。

有名なやつに感化されるとキモいのができあがったりして。

個人的には、万人にあるある!って思わせるやつ、キレあるダジャレ的センスがあるのも好きですね。

この本の、どこぞのページの『いちばんの勉強の成果は、もっと勉強したくなることです。』がグッときましたよね〜

もっと体が動かしたくなるレッスンを、この週末もするぞっ イエスイエスッ!!

さて

札幌ヨガスタジオアウラの、2018年2月第3週目いとうちっこの今週のご予約状況です。

◎2/17(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ピラティス ◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ◯

◎2/18(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー 残席1
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◯

毎年2月は空き状況がゆるめですね。

うさぎでも連れてこうかなぁ なーんてねッ テヘ

気分が上がらないけど当日元気なら行ってみるかという場合は、この中で癒し度高めの、ゆるめヨガへどうぞ〜

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

【本】その手をにぎりたい

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:その手をにぎりたい

著者:柚木麻子

《あらすじ》


カバーからは想像しなかったお話でした〜

けどよく見たら東京タワーだよね、ストーリーとピッタリですね。

一度決めた実家へ帰ることにを、東京に残ることを決めるって25歳には大きな決断で、そこまでの自問自答に共感しちゃいました〜

25歳っていうトシって「このままでいいのかな」って、社会人になってから初めて考えるひとも多いんじゃないでしょうかね。

彼氏未満の人に「残らないか?」と言われて、その人との将来を想像する。答えは『全くとかきめかなかった。…青子の食べたい寿司は、あの職人と向かい合い、手から手へと渡されるあの味でしかないのだ。』

時代がバブルだろうと平成30年だろうと、心ときめくかで選ぶって大事だよねっと小さく応援してしまいました。
そして青子は『すし静』に通いたいがため、不動産業界に転職して、バリバリ働く女性に成長していきます。

青子の身を置く不動産業界や、夜の世界…バブルの華やかさの裏にある「もっともっと」と枯渇する人の欲うずまく時代に、サービスを含め最高の寿司を提供する職人のまっすぐさが清く際立ちます。

物語はバブル前からバブル崩壊までの10年が描かれていますが、女はご馳走されてナンボの時代に『自分で稼いだお金で大好きなお店で1人で寿司を味わう』っていう自分なりの豊かさを見出す物語のスタートの時点で、25歳の青子は大人として大きく踏みだしているよねって思いました。

そんな青子が、どんな10年を過ごしてどんな大人になっていくのか、『すし静』とそれを取り巻くひと達もどうなっていくのかは、ぜひ読んでもらいたいなぁと思います。

私ごと、就職活動が氷河期に直撃しまして「ここ落ちたら古着屋でバイトしよう」って最後に受けた会社に拾われた身としましては、バブルってけっこう、うらやましかったですよねぇ。

(その会社がまたバブルの残り香の満載の会社だったんで、今回の本はなんだか人ごとじゃなかったですね)

いまはレッスンで、ひとの笑顔や変化を見ると「自分にとっての豊かさってこういうことなら、バブルみたいな潤いはなくてもいいかな」って思ったり「女の生きかた選べる空気の時代ラッキー 騒ぐ子どもニガテって言っていい空気バンザイ」って、思うところがいつしか変わったことに気づきました〜。

さて話は最後に本に戻り、読み終わったいま、寿司が食べたくて仕方ないです。それも序章のヅケの描写がヤバい!ヅケの寿司ってそんなに美味しいんですか!

北海道の回転寿司では見ないヅケをそんなに美味しく描くのズルいよズルいよ〜 と

居ても立っても居られず、寿司のポーズ


さてさて

札幌ヨガスタジオアウラの、2018年2月第3週目いとうちっこの今週のご予約状況です。

※2/10(土)2/11(日)全てのレッスンが休講になります。

◎2/12(月)※リピーター様限定

11:00〜12:00 朝ヨガフロー △

12:30〜13:45 振替休日のいんヨガ ◯

◎2/17(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ピラティス ◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ◎

◎2/18(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◯

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムでは、ブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨

【本】冬に読みたい一冊

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

まいど言ってしまうほど、ホントに毎日寒くて、家で丸まっていたら気持ちが後ろ向きになることがあります というのは私だけではない、はず…。

ここ2、3日笑ってないなぁヤベェと思って、前々から欲しかった本を、アマゾンで買いました。


『ナニコレ珍百景』の中の、『たまたま珍百景』が好きなんですよね〜

『たまたま珍百景』とは・・・

『ナニコレ珍百景』という番組の中の、たまたま撮れちゃった珍しい写真を紹介するコーナーで、それを本にしたものがこの本です。

いや〜おもしろかったぁ。 変な形の野菜や動物の自然現象がサイコーですよね。


この日本人ばなれした尻と腿、憧れますね〜 トレーニングがんばろうっ。

ニャンコって、天然でなぜこんなに面白いんでしょうね。猫村さん?


マジメな顔や、おかしな表情でおもしろ行動をするんですよね〜


一人でめっちゃ笑いましたね〜

これ、スタジオにおいておきますね。レッスン前に、ひと笑いしてください。
けど一家に一冊も良いと思います。

…ひと仕事を終えてソファに座ろうと思ったら先客が真ん中に座っていました。


さてさて

札幌ヨガスタジオアウラの、2018年2月第3週目いとうちっこの今週のご予約状況です。

※2/10(土)2/11(日)全てのレッスンが休講になります。

◎2/12(月)※リピーター様限定

11:00〜12:00 朝ヨガフロー △

12:30〜13:45 振替休日のいんヨガ ◯

◎2/17(土)
10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ピラティス ◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ◎

◎2/18(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◯

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムでは、ブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨

【文庫本】からだはみんな知っている

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

タイトル:からだはみんな知っている

著者:カワムラタマミ

癒される文庫本です。

ボディワークとは、体の感覚に気づいていくもので(ヨガやピラティスも含まれます。)、表紙の『クラニアルセイクラル・セラピー』もその1つです。

たとえば軽く触れる・触れられると、からだは「わたしは緊張している」と気がついて、緩もうとします。

体は崩れたバランスを取り戻そうとしますが、この本にはそのお手伝いの方法が載っています。自分で触るのはもちろんペアになったり、アロマオイルを使ったり。

もくじには、こんな気持ちのときにはこうしてみよう、というカテゴリで分かれています。

「自分がわからなくなった時」「自分の実力が発揮できないとき」「いい人を演じすぎているとき」など、なんか疲れちゃったとき。あるある〜って言葉が並ぶので、ゆるイラストとともに癒されると思います。
一番最後に書いてある『永遠のファンクラブを結成しよう』ってコラムが好きですね。

勝手に要約します。

ひと段落してほっとすると、ゆとりが出てきます。

そんなときに考えるのは、今そこにいられるのは、自分の力だけでなく、周りの色んな力のおかげということです。どう恩返しをしていけばいいかというと、その人のファンでいること。感謝の気持ちを忘れず、尊敬の気持ちを忘れないファンでいること。

そして自分と同じように頑張っている人が困っていたら、力になれるように自分も力をつけていくこと。

…私もこのお話と通ずることがあります。

お世話になった人と、いつの間にか会う機会がグッと減ることがあっても、その人と合いそうな人を紹介したりすることがあります。そんなときは特に、あの人にはお世話になったなぁと改めて思い出すのです。

よくお世話になっているお店では、じゃまにならないお客さんでいたいなって思います。

さて よくお世話になっているお店のひとつにて、昨日、うちのうさぎさんのとらの爪を切ってもらいました。毎度毎度ですが、あざやかな手つきは見ものです。ありがとう モンラパン

 
さてさて

札幌ヨガスタジオアウラの、2018年2月第1週目いとうちっこの今週のご予約状況です。

◎2/2(金)

11:00〜12:00 陰(いん)ヨガ◎

◎2/3(土)

10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ピラティス ◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ◯

◎2/4(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ガラ空き

2/10(土)2/11(日)全てのレッスンが休講になります。

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムでは、ブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨

【文庫本】図書館の神様

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

久しぶりの文庫本です。ちくま文庫の太陽マークが好きです。

タイトル:図書館の神様

著者:瀬尾まいこ

昔バレーボール部だったからバレー部の顧問をしたいなぁ、と淡い期待で高校に赴任したものの、思いがけずに期待とは真逆の文芸部に配置される、清(きよ)。

たった1人の文芸部員である垣内くんは、スポーツが絶対できるのになんで運動部に行かないの?!『わたしは行きたくてもバレー部の顧問になれなかったのに』という清の思いが透けて見えるところから、高校生活がスタート。

少しずつ本のおもしろさに気づいたり、文芸部員の垣内くんとの接点である本を通して話すうちに元気になっていく。それと同時に、私生活でもちょっとずつ成長していく。

先生として赴任した大人としての目線と、図書館や高校生の懐かしさで、舞台が遠からず近からずの距離にある気がしてくる物語でした〜

学生のころ、退屈な授業のときなんかに「自分が将来もし先生になったら」って妄想をした人もいると思うんですけど、自分もその一人だったので、物語を目の前で見ている気になりましたね。

誰もいない図書館に並ぶ文豪の作品の数々とか、そこから一人で眺めるグラウンドの豆粒みたいな体育部員たちとか〜 もうノスタルジィ!

のっけから「おぉ、恋愛はそうくるか…」というプチ打撃や主人公の影の部分も描かれるも、優しい文体のせいか淡々と描かれるせいか、客観的に書かれているせいか?暗い気持ちになることはなく、読めてしまいました。

ジェットコースターみたいなドキハラな展開はないけれど、「教師で生徒とそんなふうに話せる関係だったらいいなぁ」って思ったり、小さく「よしっ」と前向きになれる感じで、ゆったり休日にいい感じの一冊でした〜

しかし文芸部、いいですね〜。文豪ネタが散りばめられておもしろいです。

私が学生のころは、誰が何を書いたって覚えるのにひと苦労でしたが、今だと、どんな人だったかっていうエピソードをネットで調べてみると、文豪と知り合いになる感覚で、作品も自然と頭に入ってきますよね。

三島由紀夫がボディビルにハマっていたという、マニアには知れた話が出てきておもしろかったです。

作家で筋肉つけるっていいですね〜

体を動かしたあとは、文章がスラスラ書けますからね。いい作品はいいトレーニングからっ!って共感します。


活字と筋肉を両立する

そんな人にわたしはなりたい

さてさて

札幌ヨガスタジオアウラの、2018年2月第1週目いとうちっこの今週のご予約状況です。

◎2/3(土)

10:30〜11:30 やさPピラティス △
12:00〜13:00 ピラティス ◯
14:00〜15:00 ゆるめヨガ◯

◎2/4(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯
12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ガラ空き

2/10(土)2/11(日)全てのレッスンが休講になります。

いつもありがとうございます。

今週も、どうぞよろしくお願いします。

📸いとうちっこのインスタグラムでは、ブログ更新のお知らせをしています✏️

✨📷いとうちっこのインスタグラム👽✨

✨📷うさぎのとらのインスタグラム🐰✨

【本】大和なでしこ整体読本

札幌で初心者や肩こりの方のヨガ・陰ヨガ・ピラティスをチケット制(回数券)でお探しなら 中央区 円山の ヨガスタジオアウラの、いとうちっこのレッスンへ。基本情報はこちら →

ちっこ宅の本棚からのご紹介です。


タイトル:大和なでしこ整体読本
著者:三枝誠

合気道師範であり治療家の三枝先生。現在は、サエグサ龍生の名で活動されています。

第1章では、周りのエネルギーを上手に取り入れるには?が紹介されています。身につけるものや住居、毎日の中で「こんなことも?」というささいなことでも、自分に影響するエネルギーは大きく変わる流れが「なるほどぉ」という感じで書かれています。

第2章では、姿勢。姿勢がいいにこしたことがない、というのはもはや誰しも知るところですが、姿勢が崩れると願望が遠のいたりと意外なところまで影響をおよぼすなどの記述には、目を見開いてしまいます。もちろん、きちんとした立ち方が紹介されているので安心です。着物や昔の生活を通して古き良き日本を思い出すこの章は、お正月に読むにもピッタリだなぁと思います。

個人的に面白いのが、第5章の肌力。頭脳だけでなくて肌にもI.Qがあり、記憶は肌にも刻み込まれるというお話。そして気持ちいい幸せな記憶を持つ肌の持ち主は、「皮膚の幸福度が高い」と表現すること。肌が幸せでないと、気の量が減るとは面白い考えだなぁと思いました。

おもしろくてサラッと読めてしまうのに「何気ない行動は、体的にはこういうことかぁ」などと思うので、また読み返したくなる本なんです。体に興味のある人なら、特におもしろい!と感じると思います。おすすめです。

(余談ですが、ブログで紹介したリンクから商品をどなたか買ってくださったようで、100円ほどわたくしにアマゾンからプレゼントされるようです サンタさんありがとうございました)

実はサエグサ先生は、数年前に道新文化センターで講座をされていました。空手てきなワークの多いその講座に数回だけ参加しましたが、相手のエネルギーをサラッと自分の力に変えて相手は倒れる技には息を呑みました。

…うさぎのとらをナデナデすることは幸せを感じるけど、いつのまにか肌の幸福度が高くなっていたのですね。

さて

札幌ヨガスタジオアウラの、いとうちっこの今週と、来年のご予約状況です。

◎12/30(土)

8:00〜9:00 早朝ヨガフロー+P ◯

✨2018年✨

◎1/3(水)

10:30〜11:30 朝ヨガフローとヨガニドラ キャンセル待ち

◎1/5(金)

11:00〜12:00 いんヨガ ◎

◎1/6(土)

10:30〜11:30 やさしいピラティス ◎

12:00〜13:00 ピラティス ◎

14:00〜15:00 ゆるめヨガ ◎

◎1/7(日)

10:30〜11:30 朝ヨガフロー ◯

12:00〜13:00 サンデーゆるめヨガ ◎

◎1/8(月)

10:30〜11:30 朝ヨガフローとヨガニドラ ◯

いつもありがとうございます。

今週もどうぞよろしくお願いします。