【文庫本】本音で生きる

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →



タイトル:本音で生きる

著者:堀江貴文

本音を言って、何がまずいのだろう?から始まります。

子どもの頃から親にも友達にも本音を言いまくって、時に母親と激しい衝突が起こったってゆう序章にちょっと笑ってしまいました。

お金や時間がない、やり方がわからないといった『言い訳をしないこと』が本音で生きるために必要であることが書かれた第1章から、ハッキリしたモノいいが気持ちいいです。

「アレもコレも」とバランスをとる必要はなく、没頭しろ!ととく第2章。

エキサイティングな人生を送るとは、何かを犠牲にして、何かに没頭することなのだ。「ちょっとしたコツでエキサイティングな人生を送りたいなんて、虫のいい話なのだ。

今、言い訳や愚痴がでる状況であればって話ですよね。バランス取りながら楽しんでいる人もゴマンといるわけで。

と思っていたら、バサリと斬られる

なぜ、バランスをとろうとする人が多いのか。それは今の安定を手放すことを恐れているのだろう。だが、みんな薄々と気付き始めているのではないだろうか。この世に、安定した仕事や人間関係などは存在しないということに。

そんなふうにホリエモンは自分の意見を持ちつつも、違う意見には『そういう考えがあること』を楽しむそうで、そんな気持ちのスペースがあるっていいよねって思いました。

時間がもったいないから『外を走るよりもルームランナーで走る』とか『家事を人に任せるためにホテル住まい』とか、時間を一番に考えた独自のやり方もまた、おもしろい。

何に価値をおくかは人それぞれだけど、価値観をハッキリ持っているほうが、何かに迷う時間は減るよなぁと思いました。時間なのか、お金なのか、それ以外のものなのか。

わたくしはホテル住まいはできないけど、自分の得意分野にこそ時間を使えってのは、そのほうが楽しいですしね。

『本音で生きる』とゆうタイトルの本、わたくしもどこかで『本音が言えてない』から思わず手にとったのかもしれませんねぇ。

や、だいぶ言ってますね、たぶん。本音を言わない人間なら毎日こんなブログ書いてないですね きっと。

「これは仕方ないんだよね〜(ハァ…)」って言われると、その気持ちはめっちゃわかるから共感もするんですけど 「こうすればいいじゃん」「そんなのやめたら」とかって、言いますね。

言いかたがキツかったかなぁ、悪かったかなぁ、とか後から反省することがあるあたり、弱っちいですねぇ。

まぁ、本音言うのもいい悪いじゃないのかもしれないけど、ストレスは少ないんじゃないでしょうか。

…喋れたら本音しか言わないんだろうなぁ。や、言葉なくとも行動で本音ってわかるものですね。

「もっとなでなさい」

いつもレッスンにお越し頂き、HPやブログで検討して頂いて、ありがとうございます。

スタジオアウラの空き状況です。

◆8/26(土)空き状況です。

10:30〜体が硬い方のための体操教室 残席1名様

12:00〜ヨガスタジオのピラティス 残席1名様

14:00〜ゆるめヨガ お席に余裕があります

◆8/27全てのレッスンのお席に余裕があります

どうぞよろしくお願いします。

【文庫本】本屋さんのダイアナ


タイトル:本屋さんのダイアナ

著者:柚木麻衣子

今年でた『BUTTER』の著者です。

《あらすじ》


小学三年生の2人の主人公が共通のキーワードである『本』を通して成長してゆく話です。

名前は『大穴』と書いてダイアナと読む出だしでツボにハマってしまい、厚めの文庫ながら一気に読み終えてしまいました〜。おもしろかったです。柚木さんの本、他のもおもしろそう。

環境の違うお互いに憧れる描写、心の葛藤、親との関係…。

子どものころ、女の子ならこんな感情に一度は出くわしたんじゃない?って感じさせる書きかた、う、うまいです。

中学、高校、卒業後…とそれぞれが進む道を、自分と重ねつつ、親のように見守る気持ちで読み進めてしまいました。途中キツい描写もあるけど、お嬢様がそこから成長する過程は最後まで見届けたくなります。

図書館を利用するシーンとか、本屋で悩みながら本を選ぶところとか、本好きにはたまらないしっっ。共感って引力がありますよね。

環境が変われば自分も何か変われるんじゃないかってゆう淡い期待はもろくも崩れ去り、どんな環境に育っても、自分で考えて行動してこそ変化や成長があるんだよねってゆうメッセージ性がある本でした。

おもしろい本は一気に読んでしまい、読み残せないクセをどうにかしたいです…

◆本日のレッスンの残席は2名さま、受付中です。

8/17(木)18:30〜19:30 いんヨガ(陰ヨガ)ウィズ キャンドル

◆8/19(土)全てのレッスンに空きがござます。

◆8/20(日)全てのレッスンが休講になります。

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

【本】必ず食える1%の人になる方法

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →


タイトル:必ず食える1%の人になる方法

著者:藤原和博

ちっこって、ウサギの絵なんかで ゆるい人のフリしてガツガツしてない?とも とられかねない本ですかね 

ソロ活動をしていると、たまに『仕事の仕方』的な本にカツをいれてもらいたくなるのですよね。

今回の本は、自分はどう生きたいか?をマーカーで色をつけてくれるような本です。

…組織に属するのか、どこでもやっていけるスキルを身につけるのか。家族や友人との時間などプライベートを大切にしたいのか、お給料を重視したいのか。

どの道が正しいなんて言えない現代では、自分自身がどうありたいのかをもう一度見なおすことが大切だ、とゆうことが書かれています。

そしてソコでやっていくためには、100人に1人のレアな人になること。

10000人に1人になるのはオリンピック選手を目指すようなもので今からは相当な時間がかかるから、100人に1人のほうが効率がいい。そのためには、スキルを3つ以上組み合わせて持つこと…。

『どうありたいか』を大きく4パターンにわけ、そのパターンごとにどう行動すれば、生きていきたい世界で効率よく生きていけるか?が紹介されています。

この本のいいなぁと思うところは、会社員にも自営にも対応するよう書かれていることですね。

…わたくし この本の中で「人から与えられるのが『作業』、自分からするのが『仕事』」ってゆうのが、あぁ そっかぁって思いましたね。

会社で希少性がある人材になるには、与えられる『作業』する人ではなく『仕事』をする人にならなくてはいけないということ。

置かれた場で常に考えるべきだということですね。会社だろうと一人で仕事をしようとも、当然のように「前回と同じ」ではなく、その都度考えなくてはいけない。

わたしの場合は会社で働くと「こう変えようとしたらああ言われてしまう…何もしない今まで通りで一度出したほうがいいのでは…」とグツグツ考えて、結局おとなしくしているタイプなので、そんな考えを跳ねのけて行動したくなるくらいの好きなことを仕事にしないといけないヤツやねんな、と自分のことを振り返ってしまいました。

どうせするなら、どんな仕事もあっとゆうまに過ぎる集中力でしたいものですねぇ。

…今日もお部屋のパトロールに大忙し。

いつもレッスンにお越し頂き、HPやブログにて検討して頂いてありがとうございます。

ヨガスタジオアウラの8/12(土)及び8/20(日)全ての通常レッスンがお休みになります。

◆8/13(日)以下のレッスンに空きがあります。

10:30〜11:30 朝ヨガフロー

12:00〜 サンデーゆるめ

◆以下のレッスンの残席は1名さまになりました。

8/17(木)18:30〜19:30 陰ヨガ

どうぞよろしくお願いします。

【本】カラダ取説

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

休み中にいろいろ読みまして、そのうちの一冊です。
タイトル:カラダ取説

著者:武田淳也

…やばいです。

わたくし、この本を読んで危機感を覚えましてん。

だって、こんなにわかりやすく体のことを説明されて動きも解説されていて1時間近くのDVDまでついているって、ヘタするとインストラクターは必要なくなりますやん!

とゆうくらい一般向けの目線の本の中で、良質の本でした。

紹介されている動きはピラティスなんですけど、それをあえてピラティスと書かずに、一般の方に親しみやすい本のタイトルに変えている。ちゃんと理由や体の仕組みにも触れて、動きが紹介されている。一般の方々の心を掴むツボを押さえているなぁと思いました。

ちなみに一般向けの本で、よくあるパターンは…。

写真の横に添えられている一節

『このポーズの効果:消化機能を高める』

『このポーズの効果:美肌』

なんでやねん!何をもってやねん!どこがどうなってやねん!と、理由を探してもどこにも書いていない。…といったパターンをよく見るんです。

が、今回の本には一般向けに妥協を許さず、キチンと解説が書いてあります。

すごいですね。こんなにいい本が出るって、数年前は思いもよりませんでした。

こういう本やネットでの丁寧な動画レッスンを見ると、お客様がスタジオにわざわざ出向いてレッスンを受けられるという意義を、インストラクターはいつも真摯に考えていなければならない、と改めて思うのです。

でないと、せっかく愛している仕事で生きていけない時代がやってくると思います。

そんな意味で読んでしまい、背筋がピリッとなる本でした。

あっ。

そんないい本を紹介しちゃったのね私〜 秘密ですよっ なんてなー テヘッ♬

危機感とは無縁なうさぎさん


いつもレッスンにお越し頂き、HPやブログにて検討して頂いてありがとうございます。

8/12(土)及び8/20(日)全ての通常レッスンがお休みになります。

◆以下のレッスンの残席は1名さまになりました。

8/17(木)18:30〜19:30 陰ヨガ

どうぞよろしくお願いします。

【本】とりつくしま

札幌 円山 スタジオアウラのヨガ(陰ヨガなど)とピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

先日、旅の途中で読んだ本です。

タイトル:とりつくしま

著者:東 直子

 

あらすじ

「亡くなって うかばれなければ、」と、魂にこの世の何かモノにとりつくチャンスが与えられる。

魂は、近くにいたい人のすぐそばにあるモノに乗り移ることができるけど、話しかけても気づいてもらえることはなく、気配も感じさせず、どの話も例外はない。

グロテスクさは全くなく、ほのぼのしつつもちょっぴり切ないお話たちが淡々と並ぶ。

話の中や最後で、魂のそれぞれが気持ちに折り合いがついたり、この先もこのままだよとゆう感じで魂は満足していたり、ひとの人生と思いは100人百色なんだよねと当たり前のことを当たり前に思う。それぞれの魂のお話が短編として並ぶ一冊であることで、そう感じました。あえての短編なんだろうなぁ。

優しい雰囲気の一冊だけど、この本を書くのはとても苦しかったそうで。亡くなったひとの魂と、その身近なひとを想像しながら書くんだから、ものすごいエネルギーを使いますよね。魂が「死んだことが信じられない!」って戸惑うところなんかも、リアルでした。淡々と物語は進むけど、随所で切なく、もどかしい思いにかられました。

もし身近なひとが亡くなったときにこれを読んだら、わたしなら号泣すると思います。だけど、少し救われる気がするのかもしれません。

…わたしだったら何にとりつくかな。わたしの家族は?心配性の母親は、きっと私の何かにとりつくな。寂しがりやの父親は、母親の周りの何かだな、亡くなってけっこうたつけど、おばあちゃんは、ちっこの母親の持っているモノにとりついていそう、たぶんあの指輪とか?そんなことを切なく思いながら読んでいました。

シャバアサナで死を意識することで生きることを感じられる、とはヨガの本で見た言葉ではありますが、この本でも「自分は生きているんだなぁ」といつまでかはわからないけど、優しく有限の時間を感じさせてくれました。

毎日をもっと味わおう。

いつもレッスンにお越し頂き、HPやブログを読んで頂きありがとうございます。

本日8/6(日)レッスンの受付は締め切らせて頂きました。

どうぞよろしくお願いします。

【本(まんが)】私は利休

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

ちょっと事情がありまして、ちょくちょく漫画喫茶にゆくことがある最近。

そこで思うのですが、作り込まれたリアルな職業マンガがとっても多くておもしろい。

有名どころだと『医龍』とか『海猿』とかですかね。

職業の細かい部分まで知識が必要なせいか、原作と漫画を2人で分けるスタイルが多い気がします。

その『働いていないとわからない』知識が溢れる内容にリアルさを持たせているのが、絵!

なんでそんなリアルで美しい絵が描けるの?とゆう、もはや芸術の域の作家さんがすごく多いです。

今回は、こちら、

私は利休(全4巻)

原作:早川 光  漫画:連打一人  監修協力:木村宗慎


茶の湯がテーマです。

大人気のイケメン茶人に習いたくて、女の子が会社の同僚の男の子を引っ張ってお茶に習いに行ってみるところから、まさかの展開が始まる…!

お茶の世界の奥深さと心洗われる楽しさに、千利休の歴史話も絡んできて、絵もキレイでリアルでグイッとお話に引き込まれます。

全4巻でまとまりのある感じ、それにラストも私はすごく好き。

個人的にコレは年間ランキングベストスリーに入ります。

職業を楽しんでいる、職業に愛を感じる本ってサイコーです。

【アート】チャールズ•チャップリン

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと硬い方むけ体操教室の基本情報はこちら →

旅先でテイクアウトを待つあいだ、店内に流れるチャップリンにしばし見入る。

「オイ!またサボってないだろうな!」

「ごらんの通りでっせ〜」

もちろんこの後はスキを見て、サラリとイタズラしつつサボるというお決まりの流れなんだけども、お決まりながら「次は何をやらかすんだよ!?」という小さな期待で目が離せないワケです。

それも無音でやらかすのでめちゃくちゃおもしろい。チャップリンが流れているっていいですねぇ。音声がないので、ふたりづれのお客さんの会話のジャマをせず、ひとりのお客さんはチャップリンのセリフや物音の想像をしながら入りこめる。

懐かしいのに時代を超えて笑える、永遠のコメディーですね。

【ちっことチャップリン】

私が卒業した短大の図書館には本の他にDVDもたくさんあり、文化系のわたくしは、講義とアルバイトの間に、本もDVDも、よくみていました。

そこでよくチャップリンみていたんですが、血のつながっていない親子の愛を描いた『キッド』でボロボロ泣いたものです。

今思えば英文科学生が、せっかくの空き時間に無声映画をみるなんて、やる気はあるんかいとツッコミたいところですが。

時代を越えて、ハタチそこそこだった私をも引き込むチャップリンに、久しぶりに今回カフェで再会し、何かを伝えるのに年代の違いのせいにはできないな、と反省させられるのでした。

同じモノをみるでも、ハタチと今では感じることも違うものですね。

【チャールズ・チャップリンとは】

チャップリンの肩書きは、映画俳優・映画監督・コメディアン・脚本家・映画プロデューサー・作曲家。

やりたいことをしていったら、勝手に肩書きが増えていったんでしょうね。

若い頃には、生きるためにいろいろな仕事を経験したそうです。

ガラス職人や新聞、マーケットの売り子、印刷工や床屋など。チャップリンの映画をみると、全ての経験が俳優、映画をはじめとした仕事の糧になったことがよくわかります。

チャップリンの、全ての経験を糧にして唯一無二のキャラクターと存在感を確立しつつも、好きな作品を問われると「Next one」と答える飽くなき作品への欲求。

ワンシーンに何百回も取り直しをする完璧主義。これは周りにとっては大変かもしれないけど、愛する仕事だからこそ生まれる仕事への姿勢に間違いありません。

そしてメイクをとると実はイケメン、ってズルいですね。そりゃ私生活ではモテるわけです。

【ゲンダイとチャップリン】

*魔法のコンパス*

肩書きにこだわらずに自由に仕事を楽しむことが爆発的なエネルギー、作品を生む。

キングコングの西野さんが、これからの時代に必要な働きかただ、と著者『魔法のコンパス』で言っている働きかたを、1900年代に活躍したチャップリンが、まさにしていたんだなぁと思いました。

西野さんが著者の中で言っていた、親世代は仕事は耐えるものという意識が常識だったが、これからの時代は、なぜ好きなことを仕事にした方が効率がいいのか。

例えば同じ魚を切る仕事でも、他の人と同様に一般的に切るのと、魚が好きすぎて24時間魚のことを考えているような人が切るのとでは大きな差が生まれてきて、そんな人には到底かないっこない…そんなかんじです。(魚の例えは私が勝手に変えましたけど)

*笑う犬の生活*

私の美少女時代…ウソです 黒縁丸メガネの冴えない子ども時代、その頃から大好きなコメディアンであるウッチャンこと内村光良さんの深夜帯からスタートした、大ヒット番組『笑う犬の生活』を覚えていますか?

実はチャップリンの映画に『犬の生活』という映画があるんですね。

他にもウッチャンの小説にチャップリンの名言が登場したり、番組のタイトルにチャップリンの名前が入っていたりと、ウッチャンのチャップリンへのリスペクトがうかがえます。

あの、自由ながらも人を傷つけない万人に愛される笑いは、チャップリンから大きな影響を受けていることを想像させてくれます。

(ちなみに私はミル姉さんが好きでした。)

さて

ここまでチャップリンのことを書いておいて、実は「チャップリンのあの作品はこのタイトル」って覚えていないんです。

なので『キッド』はおもしろくも泣けるよ、『サーカス』もおもしろい、くらいしかオススメできないんですが、白黒のコメディというだけでホッとして、口もともゆるむ昭和世代には、たくさんあるチャップリンの作品の一本を、手にとってみるのもいいと思います。

【うちにもチャップリンがいる】

ひと言も発せずに、小屋から出せと要求、エサを催促、撫でろと指図、怒られてもキョトン顔。

【本】いつかティファニーで朝食を

久々に本… 今回はマンガです。

《あらすじ》

朝食にこだわりを持っているものの、不本意に簡素な朝食を食べている主人公の麻里子が理想の食を求め奮闘する物語となっており、作中には実在する店舗が登場する。

…あらすじは以上です。

慌ただしい毎日の合間に見つけた、美味しい朝食を食べに行く時間。

仕事のこと、恋愛、子育て、それぞれ悩みを持ちながら、息抜きに集まって朝食を囲むリアル都会女子たち。

朝食に元気をもらいながら、それぞれ人生に折り合いをつけてゆく。

読んでいて、リアルだな〜、きっと東京に住んでいたらこんな感じって思います。

仕事も色々と任されるようになると同時に、結婚を意識する年齢、仕事と結婚に揺れる気持ち。

集まっても心のどこかで、環境の違う友人に嫉妬する自分の気持ちがイヤでモヤモヤ。

リアルで途中で肩がこりそうになるくらい!そのリアルに華を添える、実在するお店の朝食にホッとする。

おいしい朝食のお店ってイイですよねぇ。時間を有意義に使った気になり、なんだか特した気分になります。

私は、朝食は、ごはん派なんですが、カフェのパンも食べたくなっちゃいました。

朝食と言えば、数年前に行った台湾は朝食を外で食べる文化があって、お粥やら麺類やらの屋台が並んで和気あいあい。店の軒下には、ニャンコがいて、とても楽しそうでした。

私はホテルの朝食でしたが、次回は屋台で食べてみたいな〜と妄想。

日本と似ているので気が緩むのですが、油断してコンビニでお茶を買うと、砂糖たっぷり激甘でビックリしました。

思い出話しちゃいましたね、台湾また行きたいわんです。

【本】円卓


著者:西加奈子

タイトル:円卓

《あらすじ》


ボチボチと本日記をつけていると、意外に本好きさんからお声掛け頂くことが増えて嬉しい限り。

こちらの本も、「好きだと思いますよ」とオススメ頂いた上に、ちっこ文庫に寄贈してくださいました。

好きなことは照れずに表に出して行くと、楽しいことが広がりますね。ルンルン。

さて、こちらの本。

西加奈子さんが子どもの行動や心理を描いたら、唯一無二ですね。今回も笑わせてもらいました。全員、キャラが濃すぎる。

周りに憧れてマネをするも、失敗に気づかずにウットリと酔いしれるとか、子どもは至って真剣なところが笑いを誘う。そしてそのまっすぐさがときに本質をつくことにドキッとし、目の前で子どもの会話を見ているような気持ちにもなる。

わかりやすい展開や大きなオチやハッピーエンドがある『物語』が私は好みなんですが、濃いキャラが展開する日常が綴られるっていうのも、なんだこの充実感はっ!って思いました。

余談。

美容室でこの本を、ニヤッとしつつ読みながら切ってもらってたら、切られすぎてしまった…。