【自分のこと】たまごと私

先日書いた記事に『レッスンの続く日や遠出するレッスン前には目玉焼きとごはん一口を食べて出かける』と書きましたが、それだけを見るとなんだか質素すぎるので、たまごがどれほど美味しいかを語ってみることにしました。

なんでたまご一個で満足できるのかって、そりゃあもう、おいしい!コレにつきるんです。


ニワトリのかわりにアルパカを置いてみました。

コンコンと殻にヒビをいれ、フライパンに、ジュッと飛び出していくきみ。


そして上から味濃いミネラルたっぷりな海塩をパラリ。上から蓋をして約1分…。

この際の火加減が超重要。弱すぎるとナマすぎ、強すぎるとゆでたまご状態に。その中間の絶妙な火加減が、私の1日の始まりを豊かにいろどることができるかの分かれ道…以下省略

一口ごはんの上にペロリと乗せた目玉焼き。


その黄身をつつく…


黄身の色は薄いんです。

そしてなんと言っても味!とろりとした感触だけでなく、コクのあるクリームのような満足感を海塩が引き締める。この味わいをごはんにからめて頂く幸せ。

この黄身の薄さに相反する、濃い味わいと生ぐさく無さ。その秘密は、ニワトリの飼い方と食事にあるんです。

ニワトリの餌には着色料が入っていないので薄い色になるんです。雑穀物や野菜を食べて、ニワトリらしい生活を送っているニワトリたち…走り回って地面をつつき、地面の砂に体をスリスリし、産気づいたら隅の落ち着く場所で、たまごをうむ。

広々したところで運動しているので、免疫を高める抗生物質を入れられることなく、早く産むために何かされるわけでもなく。このストレスフリーな生活を送るニワトリのたまごゆえ、その深い味わいになるのです。

買ったお店の説明に、エサの表示がありましたが、『元気がないときはパプリカ ニンニク』って書いていて、へぇ〜って思いました。

それだけ手間がかかって育てられているので、一個50円くらいします。10個パックで500円。

ひとパック200円と比べたら確かに高いけど、これだけおいしかったら安い。外でコーヒーを一回飲むと思ったら。

目玉焼きや卵焼きでたまごの味を味わいたいから、他のたまご料理を作らなくなって手間も省けました。

お買いものに行ったときに『体に良さそうだから』という目線もいいけれど、『おいしく感じるものを選ぶ』という目線になると、選ぶことも、おうちで食べることも、もっと楽しくなるんじゃないかなぁと思っています。

けっこうよく聞くんです。体の反応を見ずに「コレは体に悪いから、全部◯◯でないと!!」って躍起になって、◯◯しか買わない・食べない…を徹底し、周りにも押し付ける。そして疲れて「もう、やめた」「なんでもこだわりなく食べるのが一番だよね」って、どうでもよくなること。

たまにソレを聞くと悲しい…。

そして、私も周りにそういうふうに誤解をされたらイヤだ、「お高くとまっている」って思われたらイヤだっていう気持ちが、有機・無農薬野菜や、今回の大事に育てられたニワトリのたまごを「好き!」って堂々と言えなかった理由。

私は「おいしい」から選んでいる。たまごもだけど、有機、無農薬野菜は味がビックリするほど濃いんです。土の栄養が、野菜にそのまま移ったみたいな味がする。実際、味が濃いぶん栄養価も高いらしい。あまりにおいしいので、試しに食べてみてほしいなとも思う。野菜は蒸すだけとか、たまごかけごはんみたいな、シンプルなやつで。

自分の体にとって、食べているときも食べた後も、「おいしい」を楽しんで丁寧に選んでいきたいものです。

…たまごを食べながら、フト思う。

コレ、有精卵ということは…?君、温めてみる?

【自分のこと】何を食べていますか?

最近よく聞かれるようになりました。

実はこのことを話すのに、ためらうことがあります。
なぜなら、「難しい人」「こだわりの強い人」と思われないかな?ひかれないかな?という気持ちからです。

私は興味がわくことは、とりあえず「やってみる」「行ってみる」のが楽しいと思っていますが、食べものに関してはちょっと違います。

というのは、「何を食べるか」と同じくらい「何を食べないか」を大切にしているからです。

というのは、普段の食べるものを気をつけると、体が楽だからです。何かの食事法をしているわけではなく、体に合わないものは、とらなくなってきている感じです。

私が、休みの日であろうとなるべく避けているのは添加物と甘味(特に白砂糖)、もたれる種類の油。小麦は休前日のご褒美で、仕事がある前日からはとらない。

ちなみに「とらない。」とルールを頑なに課しているわけではなく、食べる気にならないというほうが正しいかも?

甘いものに関してはホントに大好きだったんですが、今ではすぐに口内炎 ができて痛いのがイヤなのと、食べた後に倒れ込んで3時間爆睡するのが時間がもったいなくて、自然と口にしなくなってきました。

添加物や油の種類は、アトピーに悩まされたときに特に気をつけていたんですが、アトピーがほとんどよくなった今も、口内炎が出て肌がかゆくなります。

小麦はそのときは体に出づらいですが、気にせず毎日食べていたら、数日かけてジワジワと慢性の疲れとして出てきます。粉物は腸に張り付くって、こういうことかな?と思いました。

人と会うときは気にせずに食べ飲みします。楽しいのが一番です。その後にきちんと体を休めれば、だいじょうぶ。

ふだんは何を中心に食べているかというと、家ではご飯と味噌汁と、旬の野菜と魚とタマゴと大豆製品。たまにパスタも作ります。

2、3レッスン続くときと遠出するレッスン前には、目玉焼きとごはんを一口食べるとちょうどいい。なのでレッスンがある日は、朝晩2食➕目玉焼きとごはん一口、になることがほとんど。

ある日の晩はこんな感じ。


●小豆いりご飯と昆布だしのキノコとねぎの味噌汁

●アジの照り焼き

●蒸し野菜を醤油麹であえる

茶色っぽい見た目からわかるように、わたしは料理が好きではありません…たくさんのバリエーションで料理するより、うさぎの絵を描いたりネットサーフィンしたり体の豆知識を探してレッスンのことを考えていたいです。

料理がさほど好きではない私が、元気でいられる食べ方を探しているって、おもしろいかもしれませんね。

料理が好きでもないのに基本的なものくらいは作るテンションがあるのは、料理が上手な母親のおかげかもしれません。

休前日は肉料理をするか食べにいきます。なぜ休日に肉かというと、仕事がある日に食べると体が重たくなるのと、夜に肉を食べると眠りが浅くなるので、次の日が仕事という日の夜はひかえます。

ただ、肉も食べかた次第で、講座に参加するときに、ランチに米を食べると眠くなることがわかり、肉とサラダだけのランチにしてみると、コレがヒット!腹持ちも集中力も最後まで続きました。

そして最近のおやつはナッツと甘すぎないドライフルーツが中心です。

外食は、なるべく添加物と砂糖を使っていないお店にいきます。お寿司にもシャリに砂糖が入っていますが、あの程度なら大丈夫。

先日の大阪の疲れを引きずったまま、帰ってきた足でお寿司やピザ、次の日にはカレーと、疲れから食べ過ぎてしまいました。その日は大丈夫だったものの、先週最後のレッスンが終わった晩に安心したのか、久々にハデにお腹を壊してしまい、反省ちゅうの現在… 早く良くなって、カレーとナッツが食べたい…

敏感で大変だねー!と言われるのがツラいところですが、昔は気にせず色々食べまくっていた結果、若かったのに子宮の病気になり、慢性でお腹を壊す怖さを抱えてました。

後でまとめて大きな病気になるかもしれない不安を抱えるよりは、体の小さな反応をみて、食べものを調整していこうというのが今の私。

もともと食べて太るよりお腹を壊す体なので、食べものは気をつけざるを得ないです。逆にいうと、自分なりにですが気をつけていると、前向きになって毎日が楽しいです。

なぜそんな食べかたをしているのかといえば、少しでも体調がいい状態で、いまの仕事をするためです。声の出方から説明の仕方まで変わってきます。

コレがもし好きな仕事でなかったり、ムリをして詰めこんだスケジュールにしていたら、きっとストレスから仕事の合間にチョコとかクッキーとかを食べまくってます。

そんな意味でも、この年になり、好きな仕事をしていくことの大切さを知るのでした。

…大好きなカレー❤️

お腹が整ったら、お友達に会いにどこか行こ〜♪と思ってます。

ちょっと前、そしてこれから。

【驚きの再会。】

最近、驚きの再会がありました。

ひとつめは何も知らずにレッスンのお客様としてきてくれた、学生時代の同級生。

普段『ちっこ』と名乗って呼ばれているので、昔呼ばれていた下の名前で呼ばれる懐かしさとこそばゆさ。

卒業してから一度も会っていなく、社会にでて15年近く、お互い違う道を走ってきたんだなぁ。と勝手にしみじみとし、再会を喜ぶのでした。

当時は宿題がどうとか就職の話とかしたよねぇ。

お互い古着が好きでハデな髪色で、親近感があって話していて楽しかったなぁ。

私はあの時勉強していたこと自体は、今あまり生かされていないんだけど、女子大は、とってもいい思い出です。

まぁ生かされていないといっても、あの学校にいたから自分にとってはいい会社に就職ができ、社会人として生きていく常識を働きながら教えてもらって、今がある。だからあの学生時代は社会人の私の根っこの部分かな、なんて思います。

学生時代に浸ってしまいましたが、最近の驚きの再会その2はやはりお客様として来られたお方。

おや、そのおおらかな雰囲気どこかで…?

お話していると、『ボディワークが好きで』というワードでピンときました。

【ボディワークとは?】

ヨガやピラティスも含まれますが、自分で動いたり、誰かに触れてもらったりする中で、体に変化を感じて、体の感覚に気づいていくものです。

触れてもらうといっても『ボディワーク』の場合は、例えば強く揉まれるというより、軽く触れられて初めて筋肉が硬くなっていることに気づいた結果、自分で「ゆるもう!」という力がよみがえり楽になる…というイメージです。


【そして、I様の正体】

『ボディワーク』という言葉でピンと来たI様は、6、7年前に私が通っていた『アレクサンダーテクニーク』『クラニオセイクラル』なる軽いタッチで体の変化を感じるボディワークで、先輩であり、何度もペアになった際に、お世話になった方でした。

ちっこがヨガのインストラクターを始めて1年くらいの頃、どこかで体の仕組みについて勉強できるところはないかと探した結果、見つけて通っていたところです。

当時の私には、なかなか難しくて途中でやめてしまったのですが、I様はその後もボディワークを深く学ばれた様子。

そんなI様と、まさかのレッスンで再会!

ペアになったときのI様の温かな手を思い出しながら再会を嬉しく思い、確実にマニアックな知識を深めているI様の参加に、ピリリと背筋が引き締まるのでした。(笑)

そんな再会や、しばらくお休みしていた方がまた復活されたり、長年通われているお客様に「第二子が!」と嬉しいお知らせを頂いたり。

初めて会うお客様はどんな方だろう?と想像し、続けて通われた方の変化を一緒に喜んだりと、レッスンを続けていると、何にも代え難い色んなことがあります。

そんなひとと関わる喜びが、場所は変わることがあっても私がレッスンを続けている理由のひとつです。

【最近の私とボディワーク】

私はまた、おもしろいモノに出会えまして、4月に続き今週の月曜・火曜日で大阪に一泊してきました。(もちろんピーチでね)


月一回大阪で、月曜日の19:00〜開講している講座へ、4月に続いて行ってきました。

月曜日は、ちょうど私の休みにあたることが多いので、レッスンをお休みにせずに行けるんです。

その講座は先生オリジナルの見方で体の仕組みを教えてくれ「そうなの?!」「そうくる!?」という あたらC 切り口、そして体をちょっと意識して使ったあとの体の違いに大興奮。

帰りの朝8時の飛行機の中で、殴り書きのノートを見て興奮が蘇ってメモを足したり、ニヤニヤしたり、あんなところをマッサージして、またニヤニヤして、早朝便で眠りもせずに、持ってきた小説にも目もくれないことから、講座がどれほどおもしろかったか察して頂けるのではと思います。

衝撃的におもしろかったことを、体が硬い方のための体操ラバーにも ヨギーにも ピラーな皆様にも、うまく伝えられように考え直したいと思ってます。

2時間の講座のために『普通来ぉへんて!』と周りから毎度突っ込まれます(札幌から飛行機でヒョイと講座を受けに行く人はけっこう多いんですよ)。

関西弁で突っ込まれるのも好きというMというだけではありませんが、来月は土日にある二日間の講座と、今回行った2時間のシリーズの講座(全て同じ先生)をくっつけて受けに行くことを決めました。

私がちょっと考えていることがあり、それを強力にお手伝いしてくれそうな内容なんです。

レッスンは、会いに行けるなんとやら ならぬ『いつでも受けに行けるレッスン』をめざしているので休講にするのは忍びないのですが、来月は休講の日が2、3日あるかもしれません。

7月の予定は今週中に決め、お知らせさせて頂きます。

講座を受けるために休講にするときは、長い目で見て必ずや おもしろいレッスンにしていこう!と思っています。

最近、旅費もけっこう ゴイスーなことになってきていますが、こう見えて勉強しに行きたい講座はわりと少ないので、私の先生が言っていた「学ばざる者教えるべからず」に背中を押されてチャンスは逃したくないなぁ、と思う最近です。

ブログを更新するとき〜

わたしがブログを連投するとき。

伝えたいことが溢れるとき。

現実逃避したいとき。

寂しいとき。

今回は、寂しいときに該当します。

そう、寂しい…。

旅に出るわけでもなく、うさぎのとらを実家に送り出してしまったんです。


とらの食べる(後ろに見える)牧草を買うことができなくなった…。

というわけではなく、近隣の解体工事が、始まりの1週間ほど昼間は結構な音が響きそうとのことで、昼間は寝ている、うさぎのとらは実家に疎開させることにしました。

毎日脚にまとわりつかれて靴下をガリガリされ、朝は4時半にお越しに来るのを耐えて二度寝。久しぶりにノンストップで寝られるぅと、せいせいするはずが、ポカンと空いた日常の穴。子どもがお泊まり会に行ったときってこんな気持ちなんでしょうか。
おとなしく、かたわらにゴロンしていたことを、ふと思いだしてしまいます。

先日は骨模型を送り人(返品)、昨日はとらを送り出し、寂しさマックスで勉強もする気も起きず。

八百屋に行って美味しそうなイチゴを買うも、とらと食べれない残念さ。街に出れば、学生の頃ですら絶対買わなかった形の…そう、とらにそっくりなピアスなんて買ってしまう。


コレいつしよう…。

とらもさぞかし、と思い様子を聞いてみると、「今日はこっちの家ね」とばかりにシッカリよもぎを食べて走り回っているらしい。そうだった、あいつの適応力や引きずらなさ。サムライとお呼びしたいわと思うのでした。

あたらしい家。

春やから、と、引っ越しの話を書いたりしてますが、今日はハコモノ、あたらしい家の話です。

この流れ…お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
家といっても私の家ではなく、今日は うちのうさぎさん、うさぎのとらの家の話です。

とらは、撫でられるのは大好きですが、抱っこは骨折するほど暴れるので嫌いなようです。
ネイルのお手入れ、いわば爪切りのために動物病院に連れていくときは毎回大変な一大イベントです。
キャリーバッグの中に好物のキャベツ仕込み、バッグの中には好物があることを爪切りの前日から覚えさせます。
しかし当日、微妙に頭のいいとらは、いつもと違う雰囲気を感じとり、バッグに入るのを前日よりもためらいます。
キャベツを取るのにいつでも逃げられるよう、厳戒態勢で後ろ足をバッグの外に残し、胴体を最大限に伸ばしてバッグの奥のキャベツを取ろうとします。
そして3回目くらいで、とらの気が緩んだ瞬間に尻を後ろからグイと押し、シャッとバッグの扉を閉めます。
この一連が経験の長くなってくると、私も職人芸の域に達して来まして、別な動物も捕らえられるんじゃないかという気がしています。
さて 先日この一連で動物病院へ連れていったときに気がつく、
バッグのメッシュ部分がちぎられて穴が空いている…
ちぎられたのは、マメ形の部分です。

看護師さんの「げっ歯類さんですからね〜」との一言に、とらは、ネズミの仲間だったことを思い出すのでした。
うちで抱っこもできなく病院まで連れてくる間にも大暴れするくせに、看護師さんには「今日も大人しく爪切らせてくれました〜♪」と言われ、かわいい看護師さんの腕に抱かれるのはまんざらでもなさそうな様子。
「こいつ…🐰以前も美人からは人見知りせずエサをもらってたし」と、メンクイの疑惑が沸くのでした。
今まで使っているこのバッグは、前後横がチャックになっていますが、上は開きません。
看護師さんに次はどんなバッグがいいか尋ねたところ、上がパカっと開く方が、暴れてもバッグに戻しやすいということで、上もあくタイプの新しいキャリーバッグをネットで探して注文。
そして届きました。
が、デカい…

柴犬入れるんじゃないんだから、というサイズです。
ちなみに、とらと柴犬は哺乳類で茶色であることくらいの共通点です。
楽天などで何かを買うときは「楽天で買った」意識になり、実際に商品を送ってくるお店の名前ってあまり覚えていないものです。
それでキャリーバッグの納品書を見て衝撃を受けました。
まずもう一度いいますが、ネットで購入して実際に届いたのは、キャリーバッグです。

納品書の、お店の名前をご覧ください。

米ぬか配合うんち袋専門店』

ちょっと、
なんでうんち袋の専門店でキャリーバッグを扱ってんの?
うんち袋専門なんじゃないの?
そもそもなんでうんち袋を専門に?
会社に電話したら「うんち袋専門店です」って言われるのかな?
と、色々な謎がいっしょくたになり「うんこ」で大爆笑する小学生の気持ちを痛いくらいに共感しながらしばらく笑い転げてしまいました。
笑いすぎて申し訳ない気持ちになり、米ぬか配合うんち袋専門店のホームページを見てみました。
こちら→
 
申し訳なくて、犬猫がうちにいたら、試しに米ぬか配合うんち袋の30枚入りくらい買っていたかもしれません。
うさぎ用もあるようですが、うさぎさんのトイレは臭いがあまり気にならないので、米ぬか配合うんち袋は無くてもいいかなという感じなのがまた申し訳ない。
というわけで、申し訳ない気持ちでこの場で 米ぬか配合うんち袋の宣伝をしている次第です。
専門店の袋だからきっとさぞかし臭わないんだろうと思います。
ちなみにうさぎさんは草食がゆえ、トイレも体も臭くないんです。
以前うちの母親にとらを預けたときに「とらに鼻を近づけて、においをかいでも臭くないのよねぇ」と言われたときは、ヒマなの?と突っ込むのは控えましたが、ホントにうさぎさんは無味無臭なんです。
(チュッとしようとすると迷惑そうな顔で逃げます。←私もヒマか)
そんな点や散歩が必要ない点、うさぎさんとの暮らしは楽なのですが、家の隅やコード、本、バッグなどをガリっとやられるのが難点です。
が、色々ヤラレていると「形あるものいつかは滅びる…」と、ジブリの映画の世界のような達観した感じになってきて、最近は新品のリュックをかじられても、致し方なくではありますがそのまま使っています。
そのうち全身ぼろい格好をしているかもしれませんが、「それは見た目があまりにも」というときは教えてもらいたいです。
穴に気づいていないときもありますから。
最後になり、話ももどりますが、米ぬか配合うんち袋を使ってみたかたは、ぜひ感想を教えてください。

ちっこのゆるブログ。

ちっこのゆるブログ、エキサイトブログからお引越ししてきました。
2014~2017年5月までのエキサイトブログ『ちっこの ゆる ブログ』はこちらから。

読み応えありのヨガコラムなんかも書いています。