【レッスンスケジュール】8月

【レッスンスケジュール】8月


ビアガーデンも始まって、楽しい季節まっさかり。道ゆけば、私の好きなアジサイにあたる夏!癒されます。

体を動かす時間が、楽しく忙しい夏の『ホッとひと息』の時間になるとうれしいです。

◆◆ヨガスタジオアウラ ◆◆


(風の音治療院に併設されています)~ 札幌市営地下鉄東西線・円山公園駅から徒歩7分のスタジオで少人数制のレッスン。

—–◎8月のお知らせ◎———————-

①日曜日サンデーゆるめヨガの時間が、8月から変わります。いままでより30分早く始めます。

【7月まで】12:30〜13:30

【8月から】12:00〜13:00

②8/12(土)プライベートレッスンのみの開講のため通常レッスンは休講になります。

③8/20(日)すべてのレッスンが休講になります。

———————————————————-

◆土曜日

①10:30~1h体が硬い方のための体操教室

②12:00~1hヨガスタジオのピラティス

③14:00~1hゆるめヨガ

*開講日

5日、19日、26日

*休講日

12日

◆日曜日

①10:30~1h朝ヨガフロー

②12:00~1hサンデーゆるめヨガ

*開講日

6日、13日、27日

*休講日

20日

◆木曜日18:30~ 1hいんヨガ ウィズ キャンドル

*開講日

17日

◆金曜日11:00~1hいんヨガ

*開講日

4日
——————————-
《クラス紹介》

【体が硬い方のための体操教室】
体が硬い方限定のレッスンです。寝たまま、座ったままでできる、やさしい動きやポーズを多くします。
無理なく体を動かして呼吸をたっぷりすると、すっきり気持ちよく、ごはんもおいしくなるんです。久しく運動していない方に、そんな気持ちよさを思い出して頂くためのレッスンです。

【ヨガスタジオのピラティス】
自分の体を支えられるだけのお腹の力をつけ、中心軸を感じます。
体の楽な使い方を思い出して力がつくので、歩くのが楽に感じたり、普段ヨガをしている場合はポーズがいつもと違う安定感を感じたり。ぜひ、ヨガと併せてご利用ください。

【ゆるめヨガ】
体を伸ばす・使うのバランスを大切にしてポーズのポイントを覚えてゆきますので、お家でもヨガをしたい方や、初めての方に特におすすめ。後半は、仰向けなどのらくちんポーズを多めにリラックス。ヨガにつらいイメージがある、硬い方も安心のレッスンです。

【朝ヨガフロー】
のびのびと次々ヨガのポーズを続けてたっぷり呼吸。朝の体をゆるめるラジオ体操のようなイメージです。時々チャレンジもありますので楽しみましょう。

【いんヨガ】
こちらも硬い方や忙しい方に大好評。床に寝転ぶポーズばかりを集めました。じんわりウトウト気持ちがいいヨガです。

《ご予約》
お問い合わせフォームよりお申込みくださいませ

《料金》
1回/2000円
※『ちっこのヨガ回数券』あり
4回/7500円(4か月間有効)

*当日のキャンセルについて*
当日のキャンセルは、キャンセル待ちの方への連絡が難しいため、一回分のキャンセル料(一回分のチケット消化)のご協力を、よろしくお願いいたします。
——————————-

◆◆アロマテラピー&リラクゼーション禅◆◆

〜千歳の隠れ家エステサロン


【月のリズムYoga】
月のサイクルに合わせて、ヨガのポーズやペースが変わります。終わったあとはその日に合ったハーブティで一息。

【日時】 水曜日18時30分~19時30分

8月はお休みです。
次回 9月6日を予定しています。

禅さんのゆるカワブログ →

—————————————————————-

■■■ 会員制 ■■■
ヨガに参加するには、入会が必要となります(HP参照)。

◆◆新さっぽろduoカルチャースクール◆◆

【リラックスヨガ】
やさしいポーズをゆっくり深めて、最後は心身ともにゆるみます。穏やかな昼間のひとときを。

【日時】 木曜日12時00分~13時00分
—————————————————————-

週末に楽しいイベントがある季節で、ネットに流れてくる写真がとっても楽しそうでワクワクします。

行ってみたくもなるけれど、出かけた先で休講にしたレッスンが恋しくなるのが目に見えているんですよね…

それでも夏ってだけで楽しくて、特に夏の夜って、なんだかワクワクしますよね。

といいつつ最近、9時半に寝てます。(はやっ

けど、枕元には置いていないので、メールの着信で起きることはありません。

そんな事情でお返事が翌朝になり申し訳ありませんが、気にせずご連絡くださいませ。

いつもありがとうございます。

残り少ない7月、そして8月も、どうぞよろしくお願いします。 

【今日のことば】すなおさ

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

定期的に覗きにゆくブログがいくつかあります。

ヨガをしているひとだったり、大好きなお店のオーナーのブログなど。

何気なく見ているけど、なんで見に行きたくなるのかな?と、私の『原因を探すクセ』がでてくる。

役立つお話があったり、フフッと笑っちゃうような文体だったりとイロイロなんだけど、共通していることが、月2回以上は更新していること。それに、真剣に何かをしているひとのポロッと出る、すなおな本音が、私はたまらなく好きでつい見ているんだなぁと思うわけです。

こんなに芯のあるひとも、自分と一緒のこと考えているんだ〜とうれしくなったり、さすが◯◯さんだなぁと、すなおに出ている言葉こそグッと胸にきたり。

ときには失敗や落ちこむことも書かれているけど、そこから学ぶこととか、書くことで整理しているのかもと感じる文体には謙虚さがあり、そのひとの人柄を感じます。

人前に立つひとが見てもらいたくてブログを書くのなら、その人がどんな人なのかわかることが大切だと思う。

宣伝はもちろん、「どこへ行って何を食べました」の日記でも、私はいいと思います(読まれたいブログにしたいなら、書くべきではないと言われる場合があります)。

ただ、大事なのがそのひとのことが伝わること。例えば「どうして、どんな思い入れがあってそこに行ったのか、どうしてそれが食べたかったのか?食べて何を感じたのか?」など、そのひとがどんな事を考えるひとなのかがわかることが大切だ、と私は思います。

文章から人柄って伝わるなぁと、ひとのブログを読んでいて感じますが、私は書くことでも理想の自分に成長していきたいな、と思っています。

小さくても、うつわの大きな ちっこに。

小さいけれど、大きなくち。

先日受講してきた『ボディキネシス講師養成講座』の修了証の端っこが、うさぎのとらに食べられました…。たった2日の講座で、私は講師よっとは思ってませんので お許しを、と許しを乞うのでした。

…いつもレッスンにお越しいただき、ありがとうございます。また、ホームページやブログを見て検討していただいて、ありがとうございます。

本日のスタジオアウラの朝ヨガフロー、サンデーゆるめヨガ、ともに受付を締め切らせて頂きました。

どうぞよろしくお願いします。ありがとうございます。

【ごはん、食べもの】蕎麦

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

暑いと台所で火をつけたくない…というわけで、猛暑日にはお蕎麦を食べに行くのが楽しみな最近です。最近は猛暑も落ち着いてきましたね。

先日は、2年ぶりくらいに、清流庵さんに行ってきました。裏参道にある、隠れ家な蕎麦屋さんです。

サービスで、甘酒がでてきました。江戸切子、キレイだなぁ。


お蕎麦は、二八と十割が選べます。

十割の、かしわせいろにしました。大盛りで❤️


コレを頼むと、鳥を焼く香ばしい匂いが店内にしてくるんですよね。かしわせいろを食すことは、その匂いを楽しむことから始まっている…あれ、これってツウってやつやないか?テヘッ♪と 独り言を心中でつぶやきつつ、甘酒を頂きながらゆっくりと待つ。

こちらの手作りの店内はなんとも味があります。蕎麦職人の店主さん一人で切り盛りしているのがスゴイなぁーと思います。おろし蕎麦はオーダーがあってから大根をおろすとか、丁寧に蕎麦を冷やす水の音とか、こだわりを感じる。

並は、わりとおしとやかな量なので、私は大盛りで満足でした。

夜もお店は開いているようで、一品料理も美味しそう。

ビールと一品とお蕎麦っていいなぁ。瓶でエビスなのも、こだわりを感じてしまいます。

こだわりを感じながらも、お酒はほとんど飲めませんけど。こういうお店に来ると、ビールが美味しく飲めるひとが、毎度うらやましくなるのでした。


さて

札幌円山のヨガスタジオアウラの本日7/22(土)レッスンのご予約は、今回は締め切らせて頂きました。

明日7/23(日)は全てのレッスンに空きがあります。

いつもありがとうございます。今週もどうぞよろしくお願いします。

【札幌円山ヨガスタジオアウラ】ピラティスの効果

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

今週は過ごしやすい気温と、いーお天気で、ようやく『ザ!北海道!』みたいな日が多くなってきました。

そんなときは、たくさん歩きます。

プラースそういうときはヨガで軽くほぐし、ピラティスを集中して15分ほどしてすぐでかけると、もう、どこまでも歩けるこの感じ、スゴイ!ヨガとピラティス両方で出るこの感じ!

体に軸がスっと通り、足は軽いのに地に足がぴたりと吸いつくこの感じで自然と歩幅は広がって、何もしないで出かけるときとは明らかに違う。

ヨガとピラティスの動きが身についていて(本を見ずに自分でできる)よかったーと楽しくなります。

練習も勉強も、まずは自分のためにだよね、そこから溢れてきたものを伝えないとね、とスタスタ歩きながら思う。

ヨガに比べたらピラティスのレッスンは(札幌は)まだ少ない感じがするけど、ヨガと同じくらい、もっと身近になるとうれしいです。

ずっとヨガをしているひともピラティスを学ぶと、体のことや使い方を、さらに広ーい視野で見ることができると思います。

『ヨガ解剖学』が難しい、苦手に感じているインストラクターには、ピラティスを学ぶことは、とくにおすすめ。

ピラティスは◯◯の筋肉を強くする、と目的がはっきりしているので、自然と筋肉のことも身についてくるからです。そうなるとヨガのこのポーズのときは伸びているよね、って具合で考える力がついてきます。

札幌ヨガスタジオアウラでは、

土曜日12:00〜13:00 ヨガスタジオのピラティスを開講しています。

ピラティス前後でバランスポーズはどう変わるのか?立ちポーズはどうか?

前後の違いを楽しみ、ピラティスで言われる大切なこともご紹介します。

…お休みの朝、よいお天気だったので、軽く走って、円山公園の小道をお散歩してきました。

小さい とら?


ポテッした体にストライプで 細身効果があるのがかわいい。


円山公園の一番のお気に入りの小道です。


あ、妖精?

さて

ヨガスタジオアウラの今週末7/22(土)7/23(日)どのレッスンにも空きがあります。

いつもありがとうございます。今週もどうぞよろしくお願いします。

【本(まんが)】私は利休

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

ちょっと事情がありまして、ちょくちょく漫画喫茶にゆくことがある最近。

そこで思うのですが、作り込まれたリアルな職業マンガがとっても多くておもしろい。

有名どころだと『医龍』とか『海猿』とかですかね。

職業の細かい部分まで知識が必要なせいか、原作と漫画を2人で分けるスタイルが多い気がします。

その『働いていないとわからない』知識が溢れる内容にリアルさを持たせているのが、絵!

なんでそんなリアルで美しい絵が描けるの?とゆう、もはや芸術の域の作家さんがすごく多いです。

今回は、こちら、

私は利休(全4巻)

原作:早川 光  漫画:連打一人  監修協力:木村宗慎


茶の湯がテーマです。

大人気のイケメン茶人に習いたくて、女の子が会社の同僚の男の子を引っ張ってお茶に習いに行ってみるところから、まさかの展開が始まる…!

お茶の世界の奥深さと心洗われる楽しさに、千利休の歴史話も絡んできて、絵もキレイでリアルでグイッとお話に引き込まれます。

全4巻でまとまりのある感じ、それにラストも私はすごく好き。

個人的にコレは年間ランキングベストスリーに入ります。

職業を楽しんでいる、職業に愛を感じる本ってサイコーです。

【雑記】続・たまごと私

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ  → 

私がよく、たまごを買うお店で「コレはたしか有精卵?温めたらどうなんでしょうね」なんて話になりました。

するとなんと!お客さんで、子どもの自由研究としてタマゴを温めてヒヨコにした人がいるらしい。(笑

しかも成長して立派なニワトリとなったものの、お住まいがマンション(?)で、うるさいと苦情がきて(そりゃそうだよね)実家で飼うことになったとか。

まれに温めたら孵化っていう話は聞いたことがあるけど、素人でもできるの?っと思い調べてみたら、自分でも孵化器を作れるんですね。

室温は38度くらいにして、転卵といって一日2、3回?タマゴを転がす作業がいるらしいですけど。17日くらいでかえるんですね。ちょっとプロっぽい方ですが、孵化させたブログをみつけました。カラから出てきたひよこちゃん、かわいい!→

タマゴを転がす暇もなく、手軽に孵化させたい場合は、全自動孵化器なるものまである様子。

アマゾンで、10000円前後で買えるんですね。→

それなりのスペックだと『鶏卵12個、ガチョウ6個、ハト16個、ウズラ20個』と様々なタイプのタマゴに対応する様子。さすがに家庭用でダチョウは入らないよな、とひとり言。

どんな人が買うのか気になってレビューを見てしまうんですが、「うずらのひよこが12匹生まれました」「烏骨鶏が誕生しました」とゆーたくさんの投稿に、孵化器の購入者さんは業者なのか、無類の鳥好きなのか、背景が気になって仕方がないのでした。

丸まっていることが多い君、温めますか?


脚力強いから、割っちゃうよなぁ…。

いつもヨガ、ピラティス、体操教室へお越し頂きありがとうございます。

明日7/20(木)18:30〜19:30 

陰ヨガ ウィズキャンドル ですが

すいていて、癒しのヨガの時間をゆっくり過ごすのに最適空間になっていますので、ぜひお越しくださいませ。


【札幌円山ヨガスタジオアウラ】お客さまの声

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →
お客さまの声ページを追加しました。→

こんなホームページやブログも、札幌でどんな人がどんなレッスンをしているのか参考になれば嬉しいのと、しばらく来られていない方へはわたし(レッスン)の生存確認になっていればいいなァと思います。

アウラでのレッスンは始めてから4年ほどになります。ヨガやピラティスが初めての方も多く、リフレッシュにと月1回ペースの方も多いです。なのでお客さまは自分のペースで通いつつも、私の目が行き届く範囲の少人数制で、ゆとりあるスペースでのレッスンができています。

月会費制、会員制だとメンバーは毎回ほぼいっしょなので仲間ができて楽しい面もあると思いますが、アウラの単発・チケット制だと(私のレッスンの場合は)毎回メンバーが違うので、久々な方や新しい方、人見知りさんも入りやすいという、それぞれいい点があると思います(あくまで私の目線ですけど)。

そういうレッスンの雰囲気は、場所や先生、スタジオによりなので、そんなところもスタジオ選びの楽しみの1つかもしれませんね。

そして「もったいないから行かなきゃ」感を少なくするために、回数券(7500円/4回)の期限を4ヶ月と長めに設定しています(ただし払い戻しはお受けしていません)。

アウラでは、もちろん単発(2000円/1回)でも通って頂けますが、回数券を買ってみても「今月は行けないけど来月にしよーっと」のノリで体を動かす習慣を、ゆるめに取りいれてもらえるといいなァと思っています。

お客さまとお話しているとおもしろい。自分と共通点がチラホラあったりして。

肩こり会社員であること(今は会社員じゃないけど)、子どもの頃から運動ニガテ、モノづくりや本好きな文化系、たまに勢いづいて走ったり山に登ったりしてみる、うさぎさんと暮らす経験アリ、自然と笑いを探している、家族がいい味を出している…など、など。

いい味をだす家族


うちの両親も、なかなかのものですけどね。

【学び】自立と自律

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

先日、体の機能改善を目的にした体操を学ぶ二日間の講座へ参加してきました。

ヨガやピラティスなどが未経験だったり、スタジオに来るのに少し勇気がいる方が安心できるレッスンをしたい!と『体が硬い方のための体操教室』を始めてから、ずっと気になっていた講座です。

『ボディキネシス』という名前がついていて、先生が自らの経験や学んだことを活かして体系づくられたものです。

まずボディキネシスに込められた思いをお話ししたいのですが、ちょっと、おかたい話にお付き合いください。

わたしたち日本国民1人あたりの年間の医療費は、

65歳未満が321,000円。

65歳以上の高齢者は、724,400円。

(参考:平成28年度)

病院にかかったりお薬代などでかかる一人あたりの金額は、毎年あがっているんです。

もちろん、それを負担する健康保険料も年々上がっていますよね。さらに40歳以上からは、介護保険料がかかる…。

体調が悪くなってから病院にかかるのは当たり前という意識から、自分の体調を管理することや不調の予防が、より求められる時代になってきていると言えます。

実際、国も健康事業には力を入れているそうで、その一環で、企業からの運動指導者を派遣してほしいというお願いも増えているそうです。

車があって、掃除すらルンバがしてくれる世の中。そのぶん人は動かなくてもよくなって、だけど動かないでいると、肩こりやら腰痛やらが起こりやすくなるのを感じている人も多いと思います。

ボディキネシスではそんな体に動き方を思い出させ、その人にとっての毎日を普通に元気に過ごせるよう、日常に戻っていくことを目的にしています。

そこから元気になったら踊るなり、走ってみたくなるかもしれませんよね。

ボディキネシスでは、先生の紹介するエクササイズの仕方をマネしてオッケーというものではなく、エクササイズをする中で自分の体をよく見て変化を感じることが大切です。

「こんな簡単なことで体が楽になった!」

そんな変化を感じると、気持ちも体も嬉しいもので、それをきっかけにして体はもっとよくなりたい意識が働いてきます。

ケガでリハビリ中などではないけど、『元気!』とはいえなくて運動不足。ジムでたくさんのメニューをするには気力もないし膝や腰も心配。『機能改善』の意がこめられている『ボディキネシス』は、そんな方にピッタリな動きばかりなんです。

(今回学んだボディキネシスは、ちっこは主に『体が硬い方のための体操教室』(土曜日10:30〜)でご紹介していますが、ヨガやピラティスにも加えています。)

ボディキネシスは、体を運動で元気にしていくのによく考えられたプログラムです。余計な力みをゆるめ、体を動かしながらストレッチ。毎日に必要な筋肉をつけて、毎日に必要な動きを遊ぶ感覚で、体を使って学んでいきます。

私が思っていたことを、色濃く線でなぞってくれるような充実した勉強ができて、受講ができてよかった。

今回この講座でいっしょだった参加者のみなさんは、ヨガやフィットネスインストラクター、介護を経験されている方も。運動指導や介護をされる方には、ぜひぜひ!受けて頂きたい講座の内容でした。

ボディキネシスを主催する、いきいきのびのび健康づくり協会の代表で講師の尾陰由美子先生が、なんと札幌に。詳細→

時間が許せばぜひ参加して頂きたい講座です、ちょっとムリしてでも…オススメです(笑

私は最近、毎月大阪に、尾陰先生の解剖学セミナーを受けに行っていますが、とても価値ある時間です。

先生から教えられることは、わかりやすい。難解な解剖学なはずなのに、楽しい。聞き逃しがあっても、満足。そして先生の明るく謙虚なお人柄に、毎回パワーを頂いて帰ってきます。

機能改善で元気になった人が、どんどん卒業していくのも目標。元気になったひとが、またひとを紹介してくれるんですよ、という先生の笑顔がステキでした。

それに「運動指導者はアーティストだ」ということに、心の中で「そう、そうなのよ!」と思ってしまいました。

何かを教わるときは、どんな先生に教わりたいかが、わたしにとっては大切だなぁと思うのでした。

今日はアツイな、わたし…

今日はアウラの解剖学講座『からだの学校』で、肘から手にかけての学びでした。こちらも多分、全国屈指のわかりやすさ。先生も楽しそう。ニヤリ。

【札幌円山ヨガスタジオアウラ】7/15・7/16

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ →

ものすごい暑さの土曜日と、大雨の日曜日でした。

土曜日は外が35度もあると、午後はスタジオも、さすがにホットヨガ手前の状態。

日曜日は大雨!午後からのレッスンのお客様がバスで『ここで降りて駅まで歩いてください』といわれたとか… そして雨でスニーカーが浸水し、スタジオ近くのM山クラスでサンダルを買われた方まで。

(オシャレな人って、とっさに買う、お買い得のものもオシャレなのってなんでだろう?)

レッスンのためにお越し頂いて、ありがとうございました。

さて

うちは常温スタジオなので、土曜日の暑さにコレ以上になるとまずいだろうということで、扇風機と冷風機をさらに投入することになりました。

というわけで、しばらくスタジオはゴブサーターさんにも来ていただこうとゆう もくろみ があるかないかは別として、今よりも快適環境になります。

夏場、この最近は2名〜3名様とゆうレッスンの日も多いです。

正直にいうと、最近毎月のように大阪に講座を受けに行く身としては収入てきに言うと打撃的なんですが、この人数ならこの人数なりの、定員なら定員なりのイイやりかた、伝えかたを考える楽しさを再確認する最近です。

こんなレッスンっていいよねって思うんです。定員はもうけつつも、どの人数でも初めての方はもちろん全員がアウェー感がなく、そして毎回来てもレッスンの内容が楽しくスルメのように味わい深い、自分に集中できて時間もアッというまにすぎる感じ。そして終わったらスッキリしていて、自分の体にもっと興味がわく… 家でできることも身につく。そんなレッスン。

ヨクバリかもしれないですが、ソコは運動指導者の腕の見せどころで足りなければ努力が必要かと、自分にカツをいれつつの日々であります。と、カツを入れつつ、はや8年間…。

カツ、カツ、コツ、コツ…


(名前は骨子(こっこ)ちゃんになりました。)

誤解を恐れずに言うと、ヨガはポーズを通して精神的にもいい状態を目指してゆくので「運動指導」という言葉に違和感を感じられる場合もあるかもしれません。深くヨガを学んでいる場合は、特に。

が、私がしているヨガのレッスンは体を動かすレッスンで瞑想のレッスンではないので「運動を指導する」意識で、それに伴う責任感も必要と思っているのですよね

話は暑さに戻りまして、うちのうさぎさんのとら。

猛暑日は、目に力がない…。


が、扇風機の風が強すぎず弱すぎずの絶妙な場所を陣取るのには、小さいおじさんが入っているような気がしてしまうのです。

はやく涼しくなるといいね。

【札幌円山ヨガスタジオアウラ】陰ヨガ

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと体操教室の基本情報はこちらへ → ☆

金曜日11:00〜いんヨガの日でした。

暑さにグデッとなっている団体

…ではないです。今日の陰ヨガのレッスン。立ちポーズはなしの60分なのに、終わった後は「暑さがスッとひいた!」と嬉しいかんじになってまして、しかも暑い中来られた陰ヨガが初めてで「硬いんですけど…」とゆうお客様にも「気持ちよかったぁ」といわれて、陰ヨガはやっぱりイイですなって思いました。

一つのポーズに3分もかけるんですけど、それぞれが自分のことに集中しているから、暑い日でも、あっという間に時間が経つんです。

自分が居心地のいいポーズを作るのに自然と集中するので周りと比べてしまうことが少ないところも、私が陰ヨガが好きなわけの一つ。

私、人と比べちゃったときに自分がイヤになるんですよねぇー あとはライバル意識を持たれようものなら、もうこわくって、負けますから「どうぞどうぞ」ってダチョウ倶楽部が出てくるかんじです。

ときには比べて、比べるのも失礼なほど到底及ばない憧れの人がいることも、また幸せなことなんだなぁとも最近きづきましたけどね。

陰ヨガでは目を閉じたり前屈系も多いので、まわりが視界に入らないことが多いし、使う道具も人それぞれだし、人と比べる機会が少ないレッスンだと思っています。

自分の様子を見て集中すると、体は徐々に安心して気持ちよくなろう、ラクになろうとして、いらない肩こりなんかもゆるめようとします。

クッションに寄りかかったりもして、ラクだし気持ちいいし終わったあともすっきりだなんて、なんて夢のようなレッスンなのかしら…私も受けたいわコレをっ。この ゆる楽レッスンをっ。といつも思うんですよね〜

陰ヨガのレッスンは、現在月2回(木金各一回)。コツコツ続けていると、陰ヨガ好きさんが増えて来たのが嬉しいです。こんなヨガもあるんですねって言われるのもまた嬉しいことなんです。

今月の夜の陰ヨガは、7/20(木)18:30〜です。

キャンドルをつけるので、とってもキレイなんですよ。寝ちゃってオーケーです。はげしいイビキは優しく つつきにまいります。

 今月の私のヒット

 炭酸水にレモン


札幌で35度なんて日は、琉球グラスが「私の出番やな」って言っている気がするのですが蜃気楼ですかね?

【アート】チャールズ•チャップリン

札幌 円山 ヨガスタジオアウラのヨガとピラティスと硬い方むけ体操教室の基本情報はこちら →

旅先でテイクアウトを待つあいだ、店内に流れるチャップリンにしばし見入る。

「オイ!またサボってないだろうな!」

「ごらんの通りでっせ〜」

もちろんこの後はスキを見て、サラリとイタズラしつつサボるというお決まりの流れなんだけども、お決まりながら「次は何をやらかすんだよ!?」という小さな期待で目が離せないワケです。

それも無音でやらかすのでめちゃくちゃおもしろい。チャップリンが流れているっていいですねぇ。音声がないので、ふたりづれのお客さんの会話のジャマをせず、ひとりのお客さんはチャップリンのセリフや物音の想像をしながら入りこめる。

懐かしいのに時代を超えて笑える、永遠のコメディーですね。

【ちっことチャップリン】

私が卒業した短大の図書館には本の他にDVDもたくさんあり、文化系のわたくしは、講義とアルバイトの間に、本もDVDも、よくみていました。

そこでよくチャップリンみていたんですが、血のつながっていない親子の愛を描いた『キッド』でボロボロ泣いたものです。

今思えば英文科学生が、せっかくの空き時間に無声映画をみるなんて、やる気はあるんかいとツッコミたいところですが。

時代を越えて、ハタチそこそこだった私をも引き込むチャップリンに、久しぶりに今回カフェで再会し、何かを伝えるのに年代の違いのせいにはできないな、と反省させられるのでした。

同じモノをみるでも、ハタチと今では感じることも違うものですね。

【チャールズ・チャップリンとは】

チャップリンの肩書きは、映画俳優・映画監督・コメディアン・脚本家・映画プロデューサー・作曲家。

やりたいことをしていったら、勝手に肩書きが増えていったんでしょうね。

若い頃には、生きるためにいろいろな仕事を経験したそうです。

ガラス職人や新聞、マーケットの売り子、印刷工や床屋など。チャップリンの映画をみると、全ての経験が俳優、映画をはじめとした仕事の糧になったことがよくわかります。

チャップリンの、全ての経験を糧にして唯一無二のキャラクターと存在感を確立しつつも、好きな作品を問われると「Next one」と答える飽くなき作品への欲求。

ワンシーンに何百回も取り直しをする完璧主義。これは周りにとっては大変かもしれないけど、愛する仕事だからこそ生まれる仕事への姿勢に間違いありません。

そしてメイクをとると実はイケメン、ってズルいですね。そりゃ私生活ではモテるわけです。

【ゲンダイとチャップリン】

*魔法のコンパス*

肩書きにこだわらずに自由に仕事を楽しむことが爆発的なエネルギー、作品を生む。

キングコングの西野さんが、これからの時代に必要な働きかただ、と著者『魔法のコンパス』で言っている働きかたを、1900年代に活躍したチャップリンが、まさにしていたんだなぁと思いました。

西野さんが著者の中で言っていた、親世代は仕事は耐えるものという意識が常識だったが、これからの時代は、なぜ好きなことを仕事にした方が効率がいいのか。

例えば同じ魚を切る仕事でも、他の人と同様に一般的に切るのと、魚が好きすぎて24時間魚のことを考えているような人が切るのとでは大きな差が生まれてきて、そんな人には到底かないっこない…そんなかんじです。(魚の例えは私が勝手に変えましたけど)

*笑う犬の生活*

私の美少女時代…ウソです 黒縁丸メガネの冴えない子ども時代、その頃から大好きなコメディアンであるウッチャンこと内村光良さんの深夜帯からスタートした、大ヒット番組『笑う犬の生活』を覚えていますか?

実はチャップリンの映画に『犬の生活』という映画があるんですね。

他にもウッチャンの小説にチャップリンの名言が登場したり、番組のタイトルにチャップリンの名前が入っていたりと、ウッチャンのチャップリンへのリスペクトがうかがえます。

あの、自由ながらも人を傷つけない万人に愛される笑いは、チャップリンから大きな影響を受けていることを想像させてくれます。

(ちなみに私はミル姉さんが好きでした。)

さて

ここまでチャップリンのことを書いておいて、実は「チャップリンのあの作品はこのタイトル」って覚えていないんです。

なので『キッド』はおもしろくも泣けるよ、『サーカス』もおもしろい、くらいしかオススメできないんですが、白黒のコメディというだけでホッとして、口もともゆるむ昭和世代には、たくさんあるチャップリンの作品の一本を、手にとってみるのもいいと思います。

【うちにもチャップリンがいる】

ひと言も発せずに、小屋から出せと要求、エサを催促、撫でろと指図、怒られてもキョトン顔。

【旅】堺東

この土日月で、大阪に講座を受けにきています。今回の宿泊は、堺東駅とゆう駅チカのホテル。

適当に予約したチェーン系ですが、先日の南千住で、宿窓から墓地の見える宿に泊まったわたくしには、今回の宿はハイソサエティーで「おぉっ」ってなりました。

バスローブとマッサージ機までついちゃったりして。使ってないけど。

駅の近所には自然食のご飯カフェがあって、お弁当の持ち帰りができるのがうれしい。

ユルカワ雑誌の『天然生活』をよみながらごはんを待つと、おいしいごはんが運ばれてくるなんて、ここは天国ですか。


コレで千円でお釣りがくるって、何がどうなっているんですか。

無農薬野菜を使うお店は菜食のお店が多いんですが、このお店は肉魚も食べれるのがうれしいところ。

…堺東駅は、キレイな駅の隣にはタカシマヤ、駅前は賑やかで商店街があり、新しさと懐かしさが混在する町といったかんじ。

駅前の広い道路の車通りの多さと道の広さに戸惑う。一つ路地裏に入ると小さな踏切があり、踏切が上がって渡り出したら、すぐにカンカン鳴るとゆう、SURIRU。

子どもの頃、踏切が怖かったノスタルジィに思いをはせながら、今日も踏切を渡って講座を受けにいってきます。

いつも、解剖学の講座を受けにきている先生の、体の機能を改善するための運動を学ぶ講座なんですが、先生に「考えすぎ!この動きは解剖学をやっていると考えすぎて動けないよ」といわれてしまい、いい意味で拍子抜け。

そうだよなぁ、うさぎのとらは、誰に教わった訳でもなく、じっと丸まっていた後は倍の長さに伸びてストレッチするし、教えたわけでもないのに、お水をボトルの口からクイクイ飲むし。「まずは立ち上がり、股関節を伸展し、うさぎ特有の後湾の強い腰椎を伸展…」なんて考えないもんなぁ。全て自然に動いている。↓顔をあらう


とゆうわけで、ちょっと考えさせられる1日になりました。

今日は2日目、今日も蒸し暑い。昨日のランチに外に出てみたら、MIの危険を感じる蒸し暑さでした。

けど、スイーツを我慢(半分は食べる気も起きない暑さ)しているおかげで、バテることもなく元気です。

私よりも札幌の、毛深いうさぎのとらが心配です。

【本】いつかティファニーで朝食を

久々に本… 今回はマンガです。

《あらすじ》

朝食にこだわりを持っているものの、不本意に簡素な朝食を食べている主人公の麻里子が理想の食を求め奮闘する物語となっており、作中には実在する店舗が登場する。

…あらすじは以上です。

慌ただしい毎日の合間に見つけた、美味しい朝食を食べに行く時間。

仕事のこと、恋愛、子育て、それぞれ悩みを持ちながら、息抜きに集まって朝食を囲むリアル都会女子たち。

朝食に元気をもらいながら、それぞれ人生に折り合いをつけてゆく。

読んでいて、リアルだな〜、きっと東京に住んでいたらこんな感じって思います。

仕事も色々と任されるようになると同時に、結婚を意識する年齢、仕事と結婚に揺れる気持ち。

集まっても心のどこかで、環境の違う友人に嫉妬する自分の気持ちがイヤでモヤモヤ。

リアルで途中で肩がこりそうになるくらい!そのリアルに華を添える、実在するお店の朝食にホッとする。

おいしい朝食のお店ってイイですよねぇ。時間を有意義に使った気になり、なんだか特した気分になります。

私は、朝食は、ごはん派なんですが、カフェのパンも食べたくなっちゃいました。

朝食と言えば、数年前に行った台湾は朝食を外で食べる文化があって、お粥やら麺類やらの屋台が並んで和気あいあい。店の軒下には、ニャンコがいて、とても楽しそうでした。

私はホテルの朝食でしたが、次回は屋台で食べてみたいな〜と妄想。

日本と似ているので気が緩むのですが、油断してコンビニでお茶を買うと、砂糖たっぷり激甘でビックリしました。

思い出話しちゃいましたね、台湾また行きたいわんです。

【ヨガスタジオアウラ】あたらしいヒト。

前のヒトを送り出してから、あたらしいヒトのことなんて考えられなかったのですが、そろそろどう?と、あたらしいヒトを紹介されて、この度めぐり合うことができました。

ハーフなんです。

何がって?

通常の、ハーフサイズなんです。


スタイルがよく、上手に座る姿に二度惚れです。優しくみなさんを見守っています。

嬉しいことがありました。この週末は、このヒトを連れ出し、レッスンで肩こりなどについてお話しをしましたが、普段は運動をしていないという初めてのお客様が、次回のご予約を入れてくださいました。

肩こりや腰痛についてなど、自分の体に興味を持つきっかけの1つになるように、お話しをしたいと思っています。そして困ったときには、ヨガやピラティスやちょっとした体操を使って、何ができるか知っていると便利ですよね。

おうちで、「せっかくスタジオに通っているのに、今日もマットを敷いてヨガやピラティスをできなかった…」と落ちこむ必要はなくて、肩が凝っているなら「こう動かすとスッキリする」と、ちょっとしたことを、その場で思い出せればいいんじゃないかな、と私は思います。

(もちろん伝える側になるとそうはいきません)

なので、スタジオではそんな時に思い出せることを身につけてもらえたらと思っています。

「肩こりってね…」

骨(←まだ名前はない)は、そんなお話を楽しく、わかりやすくするお手伝いしてくれるもののひとつ。

マニアだけが盛り上がるようなお話はしませんので、安心してくださいね。歯医者さんで、歯の模型を見せてくれて「ここの噛み合わせがズレてますよ」って説明してくれたらわかりやすいですよね。そんなイメージです。

さて、次はどこ行く?


7/8(土)、7/9(日)は全てのレッスンが休講になります。

どうぞよろしくお願いします。

【ヨガスタジオアウラ】ゆとりある

ヨガスタジオアウラでは、だいたい毎年の流れがあります。春先から5、6月にかけ、初めての方や冬眠していたの〜という方のご予約で、どのレッスンもわりとにぎやか。

6月半ばから夏らしい日が増えてきたら、そんな波も落ち着いてきます。

そしてまた(春先ほどではないが)秋口に、おかえりなさ〜いという感じで波がやってきます。

というわけでスタジオは、ゆとりがあるスペースの多い最近です。

ようやく温かくなったので、せっかくの土日は緑とイイお天気を楽しみたいものです。…と言うものの、ご予約がゼロのクラスがでると、流石にさみしい。

なので気持ちのいいお天気を倍に楽しめるように、外遊びと同じくらい楽しいレッスンをご用意してお待ちしています。


「楽しい」を決めるのはお客さまなわけですが、私はお誕生日プレゼントを選ぶときみたいな気持ちでレッスンの用意をしています。

先日は、お尻の筋肉である臀筋(でんきん)を使う運動をしてからの英雄二番のポーズはどう変わるか?をご紹介しました。

この運動をすることで自然とポーズが安定するので、逆に言うと「この意識を持つと余計な力がいらずに楽になるのか〜」と自然と体がわかるよう、別な目線から体に教えてあげるということ。

そのほか、先週のレッスンでは『セラバンド』という名のゴムバンドが登場!たくさんの使い方がありますが、私の超お気にいりである『ストレッチしたときの痛みを感じることなく腿裏をゆるめる』ための救世主としての登場でした。

個人的なことですが、4月に値上げをさせて頂いてレッスンを整理しましたが、そのおかげで最近月1回は大阪や東京での講座に行くことができ、道具も揃えられています。

講座から持ち帰ったことを、マットの上で、こねくり返して「こう使おッ 」とひらめく瞬間が生きているなぁと感じる瞬間…。←大げさですが

私は特にこんな方がわかりやすいように考えてレッスンをしています。

体が硬い、運動不足

肩こり腰痛は当然

細くて体力がない

逆にふくよか

趣味が文化系のため冷える

 等々。

…何かしないとそろそろヤバイのは薄々気づいているんだけど、スタジオに行くとタンクトップタイツのお姉さんばっかりなんじゃないか、と、ちゅうちょしている方に安心して来て頂きたいと思っています。

なぜ特にこういう方かというと、上に書いたのは、少し前の私なので、お気持ちがよくわかるからです。

ボールやブロックなど、お手伝いしてくれる道具を揃えてお待ちしていますね。