【自分のこと】何を食べていますか?

最近よく聞かれるようになりました。

実はこのことを話すのに、ためらうことがあります。
なぜなら、「難しい人」「こだわりの強い人」と思われないかな?ひかれないかな?という気持ちからです。

私は興味がわくことは、とりあえず「やってみる」「行ってみる」のが楽しいと思っていますが、食べものに関してはちょっと違います。

というのは、「何を食べるか」と同じくらい「何を食べないか」を大切にしているからです。

というのは、普段の食べるものを気をつけると、体が楽だからです。何かの食事法をしているわけではなく、体に合わないものは、とらなくなってきている感じです。

私が、休みの日であろうとなるべく避けているのは添加物と甘味(特に白砂糖)、もたれる種類の油。小麦は休前日のご褒美で、仕事がある前日からはとらない。

ちなみに「とらない。」とルールを頑なに課しているわけではなく、食べる気にならないというほうが正しいかも?

甘いものに関してはホントに大好きだったんですが、今ではすぐに口内炎 ができて痛いのがイヤなのと、食べた後に倒れ込んで3時間爆睡するのが時間がもったいなくて、自然と口にしなくなってきました。

添加物や油の種類は、アトピーに悩まされたときに特に気をつけていたんですが、アトピーがほとんどよくなった今も、口内炎が出て肌がかゆくなります。

小麦はそのときは体に出づらいですが、気にせず毎日食べていたら、数日かけてジワジワと慢性の疲れとして出てきます。粉物は腸に張り付くって、こういうことかな?と思いました。

人と会うときは気にせずに食べ飲みします。楽しいのが一番です。その後にきちんと体を休めれば、だいじょうぶ。

ふだんは何を中心に食べているかというと、家ではご飯と味噌汁と、旬の野菜と魚とタマゴと大豆製品。たまにパスタも作ります。

2、3レッスン続くときと遠出するレッスン前には、目玉焼きとごはんを一口食べるとちょうどいい。なのでレッスンがある日は、朝晩2食➕目玉焼きとごはん一口、になることがほとんど。

ある日の晩はこんな感じ。


●小豆いりご飯と昆布だしのキノコとねぎの味噌汁

●アジの照り焼き

●蒸し野菜を醤油麹であえる

茶色っぽい見た目からわかるように、わたしは料理が好きではありません…たくさんのバリエーションで料理するより、うさぎの絵を描いたりネットサーフィンしたり体の豆知識を探してレッスンのことを考えていたいです。

料理がさほど好きではない私が、元気でいられる食べ方を探しているって、おもしろいかもしれませんね。

料理が好きでもないのに基本的なものくらいは作るテンションがあるのは、料理が上手な母親のおかげかもしれません。

休前日は肉料理をするか食べにいきます。なぜ休日に肉かというと、仕事がある日に食べると体が重たくなるのと、夜に肉を食べると眠りが浅くなるので、次の日が仕事という日の夜はひかえます。

ただ、肉も食べかた次第で、講座に参加するときに、ランチに米を食べると眠くなることがわかり、肉とサラダだけのランチにしてみると、コレがヒット!腹持ちも集中力も最後まで続きました。

そして最近のおやつはナッツと甘すぎないドライフルーツが中心です。

外食は、なるべく添加物と砂糖を使っていないお店にいきます。お寿司にもシャリに砂糖が入っていますが、あの程度なら大丈夫。

先日の大阪の疲れを引きずったまま、帰ってきた足でお寿司やピザ、次の日にはカレーと、疲れから食べ過ぎてしまいました。その日は大丈夫だったものの、先週最後のレッスンが終わった晩に安心したのか、久々にハデにお腹を壊してしまい、反省ちゅうの現在… 早く良くなって、カレーとナッツが食べたい…

敏感で大変だねー!と言われるのがツラいところですが、昔は気にせず色々食べまくっていた結果、若かったのに子宮の病気になり、慢性でお腹を壊す怖さを抱えてました。

後でまとめて大きな病気になるかもしれない不安を抱えるよりは、体の小さな反応をみて、食べものを調整していこうというのが今の私。

もともと食べて太るよりお腹を壊す体なので、食べものは気をつけざるを得ないです。逆にいうと、自分なりにですが気をつけていると、前向きになって毎日が楽しいです。

なぜそんな食べかたをしているのかといえば、少しでも体調がいい状態で、いまの仕事をするためです。声の出方から説明の仕方まで変わってきます。

コレがもし好きな仕事でなかったり、ムリをして詰めこんだスケジュールにしていたら、きっとストレスから仕事の合間にチョコとかクッキーとかを食べまくってます。

そんな意味でも、この年になり、好きな仕事をしていくことの大切さを知るのでした。

…大好きなカレー❤️

お腹が整ったら、お友達に会いにどこか行こ〜♪と思ってます。

【旅】南千住

最近は毎月飛行機に乗っている感じですが、観光ではなく講座を受けに行くことがほとんどです。

大体会場の近くで宿を取るんですが、そういうときな面白みというと、大体泊まる・過ごすエリアが限られてくることです。

観光で行ったら絶対行かない町の景色を、講座の帰りなんかにフラッと見ながら宿に帰るときが楽しい。

そして色々見つけたり、ときには泊まる古い安宿に(心の中で)それはないだろって突っ込むポイントを見出したり。

5月に、東京の荒川区の北千住で講座がありまして、近くの駅である南千住に宿をとってみました。

労働者の町らしく、お弁当やさんや昭和チックな居酒屋が建ち並ぶ町でした。

駅を降りたら松尾芭蕉が出迎えてくれました。


凝りやすい、この“なで肩”で旅の荷物を背負(っていたかは定かではありませんが)い、よく長旅をしたなぁと写真を撮りながら感心してしまう。

なんと、この地から出発したそうで!

昭和っぽい町並みに癒されながら…って、なんで昭和に癒されるんですかね?平成生まれも、同じく癒されるものなんですかね?

答えはでないまま進み、古めなお花やさんから覗く、りりしい豆しばと出会う。



しっぽが丸まっているので、あまり歓迎はされていませんね…。

今回泊まった宿の隣には、スナックがありました。


どうしたら、会員になれるんですかね?

あ、スナックではなく、パブですね。どう違うかというと、パブはスナックに対してコンセプトが明確なお店が多いんだそうです。例えばカラオケパブとか、ショーパブとか。

こちらはどんなコンセプトなのだろう。

格式高い会員制(手書き)にも関わらず、朝に通ってみると、朝はトーストとコーヒーのモーニングを出す喫茶店になっていました。

朝は誰でも受け入れるというフトコロの深さと、夜は限られた者しか入れないというツンデレのギャップが、通う人の心を掴んで離さないのか?それがコンセプトのパブなのか?

モーニングに通い詰めた人のみぞが、会員になれるのかもしれません。

そんな妄想をしてしまう一人旅。

そして泊まった宿は、古いアパートの内装をキレーにしたらしい造りでした。

夜にチェックインをし、ホテルと違って窓か全開になるのが気持ちいいよね〜と窓を開け、ひと伸び。

そして翌朝も窓を開けると…

なんと、目の前一帯に墓地が広がっていて「あ。」と声が出てしまうのでした。その後、散歩をすると気づくのですが、お隣はお寺なんですね…。

安い宿って面白い。安いビジネスホテルも「そこを削るか!」と突っ込みたく所がよくありますが、眠れなそうで勇気はないけど、一泊2,000円なんかだと、ネタがたくさんあるんだろうなぁ。

ちょっと前、そしてこれから。

【驚きの再会。】

最近、驚きの再会がありました。

ひとつめは何も知らずにレッスンのお客様としてきてくれた、学生時代の同級生。

普段『ちっこ』と名乗って呼ばれているので、昔呼ばれていた下の名前で呼ばれる懐かしさとこそばゆさ。

卒業してから一度も会っていなく、社会にでて15年近く、お互い違う道を走ってきたんだなぁ。と勝手にしみじみとし、再会を喜ぶのでした。

当時は宿題がどうとか就職の話とかしたよねぇ。

お互い古着が好きでハデな髪色で、親近感があって話していて楽しかったなぁ。

私はあの時勉強していたこと自体は、今あまり生かされていないんだけど、女子大は、とってもいい思い出です。

まぁ生かされていないといっても、あの学校にいたから自分にとってはいい会社に就職ができ、社会人として生きていく常識を働きながら教えてもらって、今がある。だからあの学生時代は社会人の私の根っこの部分かな、なんて思います。

学生時代に浸ってしまいましたが、最近の驚きの再会その2はやはりお客様として来られたお方。

おや、そのおおらかな雰囲気どこかで…?

お話していると、『ボディワークが好きで』というワードでピンときました。

【ボディワークとは?】

ヨガやピラティスも含まれますが、自分で動いたり、誰かに触れてもらったりする中で、体に変化を感じて、体の感覚に気づいていくものです。

触れてもらうといっても『ボディワーク』の場合は、例えば強く揉まれるというより、軽く触れられて初めて筋肉が硬くなっていることに気づいた結果、自分で「ゆるもう!」という力がよみがえり楽になる…というイメージです。


【そして、I様の正体】

『ボディワーク』という言葉でピンと来たI様は、6、7年前に私が通っていた『アレクサンダーテクニーク』『クラニオセイクラル』なる軽いタッチで体の変化を感じるボディワークで、先輩であり、何度もペアになった際に、お世話になった方でした。

ちっこがヨガのインストラクターを始めて1年くらいの頃、どこかで体の仕組みについて勉強できるところはないかと探した結果、見つけて通っていたところです。

当時の私には、なかなか難しくて途中でやめてしまったのですが、I様はその後もボディワークを深く学ばれた様子。

そんなI様と、まさかのレッスンで再会!

ペアになったときのI様の温かな手を思い出しながら再会を嬉しく思い、確実にマニアックな知識を深めているI様の参加に、ピリリと背筋が引き締まるのでした。(笑)

そんな再会や、しばらくお休みしていた方がまた復活されたり、長年通われているお客様に「第二子が!」と嬉しいお知らせを頂いたり。

初めて会うお客様はどんな方だろう?と想像し、続けて通われた方の変化を一緒に喜んだりと、レッスンを続けていると、何にも代え難い色んなことがあります。

そんなひとと関わる喜びが、場所は変わることがあっても私がレッスンを続けている理由のひとつです。

【最近の私とボディワーク】

私はまた、おもしろいモノに出会えまして、4月に続き今週の月曜・火曜日で大阪に一泊してきました。(もちろんピーチでね)


月一回大阪で、月曜日の19:00〜開講している講座へ、4月に続いて行ってきました。

月曜日は、ちょうど私の休みにあたることが多いので、レッスンをお休みにせずに行けるんです。

その講座は先生オリジナルの見方で体の仕組みを教えてくれ「そうなの?!」「そうくる!?」という あたらC 切り口、そして体をちょっと意識して使ったあとの体の違いに大興奮。

帰りの朝8時の飛行機の中で、殴り書きのノートを見て興奮が蘇ってメモを足したり、ニヤニヤしたり、あんなところをマッサージして、またニヤニヤして、早朝便で眠りもせずに、持ってきた小説にも目もくれないことから、講座がどれほどおもしろかったか察して頂けるのではと思います。

衝撃的におもしろかったことを、体が硬い方のための体操ラバーにも ヨギーにも ピラーな皆様にも、うまく伝えられように考え直したいと思ってます。

2時間の講座のために『普通来ぉへんて!』と周りから毎度突っ込まれます(札幌から飛行機でヒョイと講座を受けに行く人はけっこう多いんですよ)。

関西弁で突っ込まれるのも好きというMというだけではありませんが、来月は土日にある二日間の講座と、今回行った2時間のシリーズの講座(全て同じ先生)をくっつけて受けに行くことを決めました。

私がちょっと考えていることがあり、それを強力にお手伝いしてくれそうな内容なんです。

レッスンは、会いに行けるなんとやら ならぬ『いつでも受けに行けるレッスン』をめざしているので休講にするのは忍びないのですが、来月は休講の日が2、3日あるかもしれません。

7月の予定は今週中に決め、お知らせさせて頂きます。

講座を受けるために休講にするときは、長い目で見て必ずや おもしろいレッスンにしていこう!と思っています。

最近、旅費もけっこう ゴイスーなことになってきていますが、こう見えて勉強しに行きたい講座はわりと少ないので、私の先生が言っていた「学ばざる者教えるべからず」に背中を押されてチャンスは逃したくないなぁ、と思う最近です。

【札幌円山スタジオアウラ】朝ヨガフロー

日曜日10:30〜11:30は、朝ヨガフローのレッスンです。

朝と言うわりに終わるのは昼時とゆー事実はさておき、ポーズを短めに次々に進め、ポーズを楽しむレッスンです。

ときに ややきつめなことがあっても、過去は振り返らずに…

朝は集中力がある時間帯。次々ポーズを変えていく流れと、「次は何?」のワクワク感で、あっというまの1時間で、終わったあとのスッキリ感は格別!

そして時間帯がイイからか、テンポがイイからか?

土曜日の『ゆるめヨガ』に続く古株であり、なかなかの人気があるレッスンです。

最初にウォーミングアップを兼ね、その日の意識するポイントを丁寧にお伝えしたあとは、他のレッスンほど細かいことは言いません。

「もうちょっとこうして頂いたほうが」という場合は、極力触れずに、ほぼ声掛けでしています。

そんなわけで、運動やヨガ未経験の方には、一度『ゆるめヨガ』で「こんなポーズがあるのか」とポイントとともに知ってから参加されると、楽しんで参加頂けると思います。

簡単すぎる説明ですが、ヨガで流れに乗って『太陽礼拝』という動きをベースに動くことを『ビンヤサ』といいます。

テンポとしては、「息を吸いながら両手をバンザイしながら体を反らせ、吐きながら前屈…」といった感じ。

ビンヤサの中には何度も『ダウンドッグ(サンスクリット語:アドムカ・シュヴァーナ・アサナ)』と言われるこんなポーズが出てきます。


(りきんで、腿裏も硬いお手本になってしまいましたが…)

体の裏側の伸びが気持ちいい反面、1時間の中で特に初心者が何度もするのはちょっと大変。流れの中でグイッと力任せに何度もくり返すと、手首や肩にストレスになってしまうんです。

朝ヨガフローでは、ダウンドッグの繰り返しにならないよう、代わりになるやさしいポーズをいれてます。

「パワーヨガや動くヨガに参加したときの、ダウンドッグ祭りが辛かった」という初心者の方や、ゆっくりしたヨガより少し汗をかきたい場合は安心して参加して頂けます。

その半面、パワーヨガ愛好家の方には、ちょっと物足りないかもしれないです。

…終わったあとは「これからランチなんですよ〜」という笑顔もチラホラ見えるこの時間。

スッキリした気分でスタジオを出ても、まだ12時前。きっと充実した日曜日になりそうな予感で、お帰りになれるはず。

.
【朝ヨガフローのココがいい!まとめ】

*ハウステクノBGM!次々続くポーズと深い呼吸で集中したあとの至極の気持ちよさ

*アップテンポで にじむ汗と吹き飛ぶストレス

*スッキリ冴えた頭で充実の日曜日の午後が待っている

.
【朝ヨガフローに行きたい!開講日時】

◎朝ヨガフロー◎

日曜日10:30〜11:30

ご予約は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

【本】円卓


著者:西加奈子

タイトル:円卓

《あらすじ》


ボチボチと本日記をつけていると、意外に本好きさんからお声掛け頂くことが増えて嬉しい限り。

こちらの本も、「好きだと思いますよ」とオススメ頂いた上に、ちっこ文庫に寄贈してくださいました。

好きなことは照れずに表に出して行くと、楽しいことが広がりますね。ルンルン。

さて、こちらの本。

西加奈子さんが子どもの行動や心理を描いたら、唯一無二ですね。今回も笑わせてもらいました。全員、キャラが濃すぎる。

周りに憧れてマネをするも、失敗に気づかずにウットリと酔いしれるとか、子どもは至って真剣なところが笑いを誘う。そしてそのまっすぐさがときに本質をつくことにドキッとし、目の前で子どもの会話を見ているような気持ちにもなる。

わかりやすい展開や大きなオチやハッピーエンドがある『物語』が私は好みなんですが、濃いキャラが展開する日常が綴られるっていうのも、なんだこの充実感はっ!って思いました。

余談。

美容室でこの本を、ニヤッとしつつ読みながら切ってもらってたら、切られすぎてしまった…。

ブログを更新するとき〜

わたしがブログを連投するとき。

伝えたいことが溢れるとき。

現実逃避したいとき。

寂しいとき。

今回は、寂しいときに該当します。

そう、寂しい…。

旅に出るわけでもなく、うさぎのとらを実家に送り出してしまったんです。


とらの食べる(後ろに見える)牧草を買うことができなくなった…。

というわけではなく、近隣の解体工事が、始まりの1週間ほど昼間は結構な音が響きそうとのことで、昼間は寝ている、うさぎのとらは実家に疎開させることにしました。

毎日脚にまとわりつかれて靴下をガリガリされ、朝は4時半にお越しに来るのを耐えて二度寝。久しぶりにノンストップで寝られるぅと、せいせいするはずが、ポカンと空いた日常の穴。子どもがお泊まり会に行ったときってこんな気持ちなんでしょうか。
おとなしく、かたわらにゴロンしていたことを、ふと思いだしてしまいます。

先日は骨模型を送り人(返品)、昨日はとらを送り出し、寂しさマックスで勉強もする気も起きず。

八百屋に行って美味しそうなイチゴを買うも、とらと食べれない残念さ。街に出れば、学生の頃ですら絶対買わなかった形の…そう、とらにそっくりなピアスなんて買ってしまう。


コレいつしよう…。

とらもさぞかし、と思い様子を聞いてみると、「今日はこっちの家ね」とばかりにシッカリよもぎを食べて走り回っているらしい。そうだった、あいつの適応力や引きずらなさ。サムライとお呼びしたいわと思うのでした。

指導者としての危機


8年くらいレッスンをしていて、最大の危機に見舞われました。

それは先週土曜日の『体が硬い方のための体操教室』の前の出来事、いつも通りマットなどを敷いて用意をしていると『ヒッ ヴェッ』と、しゃっくりが出るではありませんか。

しゃっくりのときは息を止めてから深呼吸をすればすぐ止まるので焦りはしなかったんですが、こんな時に限ってなかなか止まらない。そしてお湯や水を飲もうが、お客様がみえても止まらない。

しゃっくりが止まらない事情をお話しして、逆立ちをさせてもらっても止まらない。

スタジオ裏に行くと、事務スタッフの藤野さんが笑顔で「コップの反対がわから飲むと止まるって言いますよね」とレクチャーしてくれ、(かわいい子の言うことならやってみるよ)と私の中の小さいおじさんがつぶやき、変なスタイルで水を飲んでみても、やはり止まらない。

そこへ運良く通りすがりの院長が、しゃっくりにはこのツボと教えてくれ、押して鍼の代わりのシールを貼って深呼吸すると…。

と、まっ、た!!!

東洋医学の不思議に恐れ入り、何事もなかったかのようにスタジオへ戻ることができ、そのままレッスンを2つ。

小休憩を挟み「次の3つめのレッスンの用意をしよう」と、床のモノを取ろうとした途端に・・・「ヴェッ ヒッ」。

なぜ、ツボのシールが付いているのにまた出るのだー!!と、再びスタジオ裏へ、神頼み。

次なる手は、鍼で『パチン』と穴を開けて血を出す『刺絡(しらく)』なる方法。今回は足の指先です。

一瞬の『チクッ』でしゃっくりが止まるなら安いものよ…『パチンッ』。その後すぐにスゥーとなにかが抜けて行く感覚とともに「え??」止まっている!再び驚きが隠せない。

今回刺したところはお腹に関連するところらしく、確かに最近はお腹が張ったり逆にゆるくなったりの繰り返し。

しゃっくりは『横隔膜の震え』とは言われますが、お腹の硬さがお腹の上の横隔膜とマリアージュし、しゃっくりになったとしてもなんら不思議はありません。

鍼灸治療院って、どんなときに行ったらいいものかと以前は思っていましたが、こんなときにも良いものなんですね。

スタジオと併設の治療院は鍼灸師が2人体制になり、当日に予約できる応急処置をしてもらえる救急枠も、以前よりも利用しやすくなりました。

風の音治療院のホームページ

「こんな症状でも行っていいのかな?」というときこそ、その人を見て原因を探し出し治療をする、東洋医学。

例えば繰り返しの痔やアトピーや、鼻水が止まらない、落ち込みが止まらず元気がない、薬で抑えるのが当たり前、生まれつきの症状の悪化…。

「こんなことで治療院に来たの?」っていう症状ってないんです。今ある症状を「当たり前」と思わずに「何かおかしい」と気づいた方を応援し、元気を増やすお手伝いをしてくれる、東洋医学。その中でも鍼やお灸を使った治療、そして生活改善アドバイスを中心にする治療院です。

今回のわたしのように、「とりあえずしゃっくりをどうにかしたい!」という対処は救急枠で、繰り返したくない症状の場合はぜひ通常コースでご相談を。

というのは原因を探すために話をよく伺い、原因に合った治療と自分でできる治療のしかたを伝えるには救急枠の短い時間ではおさまらないので、再発防止に向けての治療は通常コースをおすすめしています。

治療でよくなっても症状がアゲインしないためには、自分がエブリデイをどう過ごすかが大切です。

治療で元気が出てきて「ボディをムーブしてみよう」という気になったら体操教室に来てみるのもいいし、もし気になることが出て来たら「あそこに行こう」と思えるところがあれば、気持ちにゆとりが生まれますよね。

ヨガのお客様で、長年の腰痛や50肩がなかなか良くならなく、病院ではもう少し進むと手術かも?といわれた状態の方がいらっしゃいました。そこで自分で簡単にできるケアを紹介すると気にいられたので、根元からの治療の場合はと、当治療院を紹介させて頂きました。すると2か月後の今では「以前の腰や腕は何だったんだろう?」と驚かれていて、ヨガやピラティスでも、楽々腕が上がります。

こんなこともあるので、特にお辛そうな方、お役に立てそうに感じる場合には、ついお声掛けしてしまうことがあるんですが、レッスンの中で治療や物品購入の勧誘などはありませんので、ご安心ください。治療をおすすめすることがあっても、もちろん選ばれるのはお客様です。

スタジオのお客様に治療を紹介することもあれば、逆に治療の中で「これからは体を少しずつ動かした方がいいよ」という場合に体操教室やヨガを紹介され、患者様がいらっしゃることも特に多い最近です。

治療もスタジオも皆様に上手に使って頂けたらと、風の音治療院もスタジオアウラのインストラクターも願っています。

困っています。

陰ヨガのレッスンでは、ボルスターと言われる、ヨガ用のクッションを使います。 

とっても気持ちいいんですよ。


が…今、困っています。

明日の陰ヨガの準備ができません。


目を細めリラックスし、尻を押しても、ずっと どいてくれません…。

ボルスターの力ってすごいな、としみじみ…

とゆーわけで、明日のレッスンは、ボルスターの登場は少なめになる、かも…?

話は変わり、また困ったお話。

先日、ずっと欲しかった小さめの骨模型を奮発して買って届いたんですが、様子がおかしい。


首がない。

鎖骨の様子がおかしい。

肋骨がでかい。

安いなら文句は言えないんですが、3万円でコレはちょっと…。

真ん中のイラストと比べれば不自然さに気づきます。


というわけで返品の手続きをし、箱詰めしてフタをすると、なんとも言えない微妙な気分になりました…。

君には罪はない…。すまぬ。


次はいいヒトに巡り合えるといいな。

【札幌円山スタジオアウラ】ゆるめヨガ

スタジオアウラの土曜日は、現在3レッスン開催していますが、一番古株のレッスンは14:00〜15:00の『ゆるめヨガ』。


日曜日にも『サンデーゆるめヨガ』を開催していますので、最近はそれぞれ、ゆとりある人数で開催しています。

体操教室やピラティスと、いくつかレッスンがある中で、このレッスンのいいところはヨガのポーズがポイントとともに身に付くところ。

ポーズが身に付くといいところは、どのスタジオのレッスンに行っても共通のポーズがあるので、「あ、次はアレね」とわかるところです。

そのスタジオや先生によって伝える内容は違いますが、その中でも知っているポーズがあれば、違う場所に行っても安心してお出かけできると思います。

もっと言えば、外国人の先生はポーズの名前を言う事も多いので、私は英語がよく分からなくても、言われるポーズの名前と先生のお手本で、集中して1時間のレッスンを受けることができた経験があります。

教わったことを思い出し、おうちでできるようになることも魅力です。

本やネットの動画のレッスンは、いつでも自分でできることが便利な反面、初心者がすると「コレでいいのかな?」感が出てくることがあります。

スタジオで習いながらそれらを利用すると、それらが格段にわかりやすく感じ「コレでいいのかな?」感も減ってきます。

ただ、自分ででできることが充実してくるのが楽しいんですが、実はずっと通われている方からでさえ「家では、やりすぎて痛めた」と聞くことが意外に多いんです。

なので、自宅では特に無理をしない・難易度が高いポーズはオリジナルでやらないなど注意が必要です。

たまにスタジオに、ポイントを確認しにくるのもいいですね。

【ゆるめヨガに来るといいことは何?】

特にゆるめヨガでは、ゆっくりポーズを作りながら「◯◯を使っている感じはありますか?」と確認もしますので、初心者が自宅でオリジナルでするのとは、体にきく感じが大きく変わってくるであろうこと。

そして、私が全体の様子を見ながら進めるので、DVDでありがちな「ついていくのに必至」になり、常に画面を見て首を変に曲げてしまう、といったことがありません。

そして、ヨガブロックやボルスターと言われるクッション、ブランケットといった道具が揃っていますので、そんな道具もゆっくりとヨガをするお手伝いをしてくれます。

ゆっくり ながら しっかり体を動かすので、眠くはならずに程よい充実感が。

ゆっくり丁寧がゆえ、ガシガシ動いて汗を出したい場合は物足りないかもしれません。

【ゆるめヨガのココがいい!まとめ】

*習って身につくとドコでもできる

*ゆっくりの流れで安心

*自宅ヨガが楽しくなる

*道具が揃ったスッキリ片付いた空間でヨガができる

【ゆるめヨガに行きたい!開講日時】

◎ゆるめヨガ◎

土曜日 14:00〜15:00
◎サンデーゆるめヨガ◎

日曜日 12:30〜13:30

…スタジオが定例レッスン以外でも使わることが多くありますので、開講時間にお間違えのないよう、開講の10分前ほどを目安にお越し頂けますように、ご協力をお願いいたします。

【レッスンスケジュール】6月

【レッスンスケジュール】6月

雪国の札幌にも「暑い」って感じる日が出てきて「おぉ!」と小さく感動。
今年も、半分が過ぎようとしていて、折り返しになるんですね。
一年で、日が一番長い6月を、精一杯楽しみたいと思います。

6月のレッスンスケジュールをお知らせします。

◆◆ヨガスタジオアウラ ◆◆


(風の音治療院に併設されています)

~ 札幌市営地下鉄東西線・円山公園駅から徒歩7分のスタジオで少人数制のレッスン。

◎6月のお知らせ◎
6月は休講はありません

★木曜日18:30~ 1hいんヨガ ウィズ キャンドル
*開講日
15日

★金曜日11:00~1hいんヨガ
*開講日
2日

★土曜日
①10:30~1h体が硬い方のための体操教室
②12:00~1hヨガスタジオのピラティス
③14:00~1hゆるめヨガ

*開講日
3日、10日、17日、24日

★日曜日
①10:30~1h朝ヨガフロー
②12:30~1hサンデーゆるヨガ

*開講日
4日、11日、18日、25日

——————————-
スケジュールは以上です。

《クラス紹介》

【体が硬い方のための体操教室】
体が硬い方限定のレッスンです。
寝たまま、座ったままでできる、やさしい動きやポーズを多くします。
無理なく体を動かして呼吸をたっぷりすると、すっきり気持ちよく、ごはんもおいしくなるんです。久しく運動していない方に、そんな気持ちよさを思い出して頂くためのレッスンです。

【ヨガスタジオのピラティス】
自分の体を支えられるだけのお腹の力をつけ、中心軸を感じます。
体の楽な使い方を思い出して力がつくので、歩くのが楽に感じたり、普段ヨガをしている場合はポーズがいつもと違う安定感を感じたり。
ぜひ、ヨガと併せてご利用ください。

【ゆるめヨガ】
体を伸ばす・使うのバランスを大切にしてポーズのポイントを覚えてゆきますので、お家でもヨガをしたい方や、初めての方に特におすすめ。
後半は、仰向けなどのらくちんポーズを多めにリラックス。

【朝ヨガフロー】
のびのびと次々ヨガのポーズを続けてたっぷりを息をして、朝の体をゆるめます。
ラジオ体操のようなイメージ。
時々チャレンジもありますので楽しみましょう。

【いんヨガ】
床に寝転ぶポーズばかりを集めました。じんわりウトウト気持ちいいヨガです。

《ご予約》
お問い合わせフォームよりお申込みくださいませ

《料金》
1回/2000円

※『ちっこのヨガ回数券』あり
4回/7500円(4か月間有効)

*当日のキャンセルについて
当日のキャンセルの場合はキャンセル待ちの方への連絡が難しいため、一回分のキャンセル料(一回分のチケット消化)のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

——————————-

◆◆アロマテラピー&リラクゼーション禅◆◆


〜千歳の隠れ家エステサロン
【月のリズムYoga】
月のサイクルに合わせて、ヨガのポーズやペースが変わります。
終わったあとはその日に合ったハーブティで一息。

【日時】水曜日18時30分~19時30分
*開講日 21日

禅さんのゆるカワブログにニヤリ。

—————————————————————-
■■■ 会員制 ■■■

ヨガに参加するには、入会が必要となります(HP参照)。

◆◆新さっぽろduoカルチャースクール◆◆

【リラックスヨガ】
やさしいポーズをゆっくり深めて、最後は心身ともにゆるみます。
穏やかな昼間のひとときを。

【日時】木曜日12時00分~13時00分

—————————————————————-

6月のスケジュールは以上です。
最近は、週末午前中開講のレッスンが人気があり、定員になることが多くなっています。
もし早めに予定が組めそうなときは、お早めのご予約をおすすめいたします。

・・・そんな自分が「レッスンに行きたいな」と思うのって、実は当日だったりする。
ひとに言っておいてなんやねん。と、いつも自分につっこんでいます。

けど、やっぱり当日って諸々ちょうどいいトコロがなかったりで「自分でいつもよりもじっくりやるか」となる。

それにはスッキリした空間でやりたい。したっけ ちょっくら片づけてから、と掃除が始まる。細かいトコロが気になりだし、大掃除になる。モノが少ない、もしくは必要最低限の男性の部屋みたいな感じがかっこいいなと思うんだけど、程遠いなぁと思いながら。

その掃除でけっこう満足する。
ヨガの一つに「身を清潔にしましょうね」という意の言葉「シャウチャ」があります。
とゆーわけで、いつもは体を動かして、そんな休みもあるよねとなる。
そしてカレーを食べに行く。
そんな休日。